都会のオアシス「越中島プール」は東京都心下町の大人の隠れ家だ!区民プールで安く日焼けもできるよ。

いや〜すっかり夏ですね。

7月に入ってからというもの、急に暑い日が続いてて、日中はダラ〜っと過ごしたくなってきてるんじゃないでしょうか?

そんな時に意外にオススメなのが区民/市民プールなんですよ。

今回はぼくが特に好きな江東区にある「越中島プール」を紹介します!

ここはマジで都会のオアシスなんですよ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

区民プールという選択

暑い夏、都心部に暮らしていると海にもそう簡単には行けないし、かと言って豊島園や、ラクーアのプールは混んでいてガヤガヤして落ち着かないし、1000円以上したりとかして地味に高いしなぁ。

高級ホテルのプールに憧れるけど、それこそ何千円もするんですよね涙、、

なんかこう、家でだらっとしている時に、ふと外をみたら「超いい天気」だったりすると、すぐに行けて安くて、静かなプールないかな〜って思いますよね。

そんな時にオススメなのが区民プールなんですよね。

潮風を感じながら、、まったり

中でも江東区にある「越中島プール」は東京湾、隅田川がちょうど交わる越中島、月島エリアにあるので、プールに入りながら、ほのかな潮風を感じることができるんですよ!

もちろん野外なので、日焼けも日光浴もし放題。

土日などの休日は、夏休みシーズンに行くとかなり混んでいますが、オススメは平日。

本当に静かな時間が流れていて、カモメの鳴き声と隅田川を流れる船の汽笛くらいしか聞こえないんですよw

午前中に行くのがやはりそのあとの時間を爽やか〜な気持ちで過ごせるのでオススメですが、夕方〜夜にかけてはナイトプールも実施しているので、仕事帰りの会社員にも嬉しいですね。

これはあまり教えたくない情報なんですが、東京湾の花火大会の時にこの越中島プールから花火が綺麗に見えるんですよ!

ごった返しているお台場付近から離れて、優雅にプールで花火を見るという「裏ワザ」もあったりします。

時間無制限の回数券がお得

値段も区民プールですから、もちろんお得な料金設定。

大人2時間で400円。ちょっとした気分転換に最適ですな〜。

ぼくはいつも7月のプール開き直後に1ヶ月定期券3500円をゲットしております。

定期券のいいところは、なんと時間制限がないんですよ!

一回券でも、延長料金を払えば別にいいっちゃいいんですけど、何回も行くなら断然定期ですね。

午前中に入って、ダラダラ3時間くらい日焼けしながらプールに入り、今度はプールサイドで読書して、疲れたら昼寝する、、、みたいなことをしてると2時間だと結構忙しない感じになっちゃうんですよね。

なので、この定期券で時間制限なしモードにしておけば、心おきなく、寛げるわけですな。

公式ツイッターもあるしw

場所はというと、京葉線越中島駅からすぐ、東西線門前仲町から徒歩10ほどの隅田川沿いの「越中島公園」内にあります。

 下町屈指の快適エリア

周りの環境も都心ならではというか、水辺と緑と都会のバランスが絶妙なんですよね〜越中島から月島にかけてのゾーンって。

遠くにスカイツリーが見えて、夕方くらいになると橋もツリーも一斉にライトアップされて本当綺麗ですよ。

ちょっと行けば飲み屋さんで有名な下町が誇る門前仲町ですから、最高なのは、夕方くらいにプールを出て、軽く隅田川沿いを歩きながら門仲まで行き、下町の飲み屋で一杯やるって感じの過ごし方でしょう。

う〜んこれぞ大人の東京の過ごし方ですなぁw

月島のタワマンを望む。。

この辺に住めたら気持ちいいだろうな、、、

ジョギングコースとしてもかなりいいエリアなんですよ。

隅田川テラスの魅力を語ろう。 どうも。 てつです。 みなさん走ってますか〜? 東京のランニングスポットで有名...

まとめ

実は今この記事を書いているのも越中島プール帰りだったりしますw

帰り道の月島のキレイな広場「パリ広場」で公園ノマドしながらブログ記事を書いておりますw

緑もあり、プールもあり、飲み屋さんもありwという三拍子揃ったこのエリアは改めてオススメだなぁと思った次第であります。

では。

P,S

一点だけ注意して欲しいのが、プール内へのスマホ、パソコンなどは一切持ち込み禁止です。

キンドルなんかの電子書籍端末もダメなので、プールサイドでくつろぐ際は、お気に入りの本を持って行くといいでしょう。

日差しが強いのでサングラスをお忘れなく!

逆に普段のネット環境を忘れてのんびりできるっていうもの、この越中島プールのよさですね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告