スティック型USB-DACヘッドホンアンプ12機種聴き比べ!おすすめはどれ?

スティック型DACヘッドホンアンプ12機種聴き比べ!おすすめはどれ?サムネイル画像

12機種の有名なスティック型DACを聴き比べしてみた。

それぞれの音質・音色の違いなんかの所見をまとめておきたいと思う。

※スティック型USBDACとは?
小指の先ほどのコンパクトなヘッドホンアンプ。スマホやPC(Mac/Win)のUSB端子に挿すだけでカンタンに音質アップを計れる。電源不要で出先でも家でも使える。技術進化にともない高音質化が話題。

 

↓聴き比べした機種は、以下の12種類↓

・SHANLING UA1
・SHANLING UA2
・iBasso DC01
・iBasso DC02
・iBasso DC03
・astell&kern pee51
・radius rk-da50c
・dragonfly black
・DragonFly Red
・DragonFly Cobalt
・IKKO ITM03
・Audiolab P-DAC

では、さっそく各DACのスペックや音質をレビューしていく。

 

↓最初に個人的なトップ3を発表↓

①Shanling UA2

②iBasso DC02

③Audiolab P-DAC

の3機種だ。

細かいレビューはいいから、手っ取り早くいい音のおすすめDACが知りたい!

という人は、最後にトップ3のカンタンなおさらいレビューとリンクを載せてあるので、ページの後半まですっ飛ばしていただいてもOKだ。

スティック型DAC聴き比べ!最強のモデルはどれだ!?

今回、DAC比較のための試聴環境は以下↓

【ワタクシの環境】
モニターヘッドホン・AKG K271MK2(密閉型)・Roland RHA7(開放型)
グーグル pixel4a・MacBook Air M1モデル
Amazonミュージックunlimited HD(ハイレゾ音源)

試聴環境・モニターヘッドホン

試聴環境・モニターヘッドホン

音楽のジャンルとしては、洋楽邦楽問わず、ポップスやJAZZ、フュージョン、AOR、クラブミュージックなどの名盤を中心に、長年愛聴している楽曲を数曲ずつ聴き比べた。

リファレンス曲は、スティーリー・ダンのGAUCHO

音源はAmazonが提供しているハイレゾ聴き放題サービスのAmazonミュージックHDを使用。

余談だが、数ある音楽サブスクの中でもAmazonが一番音質がいいと思う。

データ形式がオーディオマニア定番のFLACなので、解像感の高いクリアな音が楽しめておすすめだ。

今なら30日間無料で試せるので、まだ未体験のあなたは、この機会にぜひ一聴してみるべし。

曲数も膨大だ。

30日間無料でAmazonミュージックHDを試してみる!

 

では、12機種それぞれの細かいレビューをお届けする。

iBasso DC01

搭載DACチップ:AK4493

オペアンプ:不明

高音☆☆☆☆4
中音☆☆☆☆4
低音☆☆☆3
解像度☆☆☆☆4
クリアさ☆☆☆3
生々しさ☆☆☆☆4
総合評価☆☆☆3.5

iBasso DC01は旭化成(AKM)の高級オーディオ用DACチップAK4493を積んでいることで、かなり人気。

今のスティック型DAC人気の火付け役的な存在。

 

音質の特徴は、AKMチップの特徴である

「角の取れた、丸みのあるていねいな音」

という表現がしっくりくる。

 

バランスがよく、フラット傾向だけど、若干ミドルが持ち上がっている「かまぼこ型」のような印象を受ける。

中音域はふくよかに鳴ってくれるが、低音が少し軽い。

高音域は、角がとれて丸みがあって滑らか。

声などの中音域の再現性は素晴らしい。

さすが旭化成の「Velvet Soundテクノロジー」のDACチップだ。

VELVET SOUND - 旭化成エレクトロニクス (AKM) | VELVET SOUND
VELVET SOUND (ベルベットサウンド) ブランドサイト。旭化成エレクトロニクス (AKM) のオーディオブランド VELVET SOUND のブランドサイトです。世界最高レベルの音質と性能を誇る D/A コンバーター (DAC) 、A/D コンバーター (ADC) 、サンプルレートコンバーター (SRC) な...

AKMのチップは、設計思想も興味深い。

半導体の回路内の曲がり角に丸みをつけるなど、めちゃくちゃ電気信号の導線にこだわっているらしい。

AKMチップの開発者曰く

「電気の気持ちになって考えてみようよ」

とのことらしい笑。

参考記事↓

「UD-503」はなぜDACに「AK4490」を採用したのか? ティアック × AKM 特別座談会 (5/5) - Phile-web
「UD-503」はなぜDACに「AK4490」を採用したのか? ティアック × AKM 特別座談会

 

それが音質にもよく表れていると思う。

本当に、絹のようなやさしい音。

 

ただ、全体的にクリアさが今一歩なのが残念。

高音域のシンバルなどが、曇ってすこし歪んで聞こえる。

 

2.5mmのバランス接続端子のみだが、以下のような変換ケーブルを使うことで、3.5mmのアンバランス(一般的なイヤホン・ヘッドホン)でも使えるようになる。

iBasso DC02

搭載DACチップ:AK4490

オペアンプ:不明

高音☆☆☆☆4
中音☆☆☆☆☆5
低音☆☆☆☆4.5
解像度☆☆☆3.5
クリアさ☆☆☆3.5
生々しさ☆☆☆☆☆5
総合評価☆☆☆☆4.5

iBasso DC02は旭化成(AKM)の高級オーディオ用DACチップAK4490を積んでいる。

AK4490は、DC01に搭載されているAK4493の一世代前のDACチップだ。

旭化成のDACチップが高級ヘッドホンアンプや据え置きDACにも採用されるきっかけになった記念碑的なチップがAK4490。

なので、このチップの根強いファンも多いらしい。

 

音質は、やはりAKMらしく、中音域がとても豊かで色気たっぷり。

中低音の解像度が良好。

ドラムなどの打楽器(キックやスネア、タムなど)がやけに生々しい。

ボーカル・声の再現性も素晴らしい。

ボーカルにまとわりつくようにかかっているリバーブの種類などをかなり細かく聞き分けられる。

中低音域をじっくり味わえるためなのか、「一曲一曲がゆっくり聞こえる」ような独特の不思議な感覚を味わえる。

これは他のDACでは味わえない、ホントに唯一無二な個性だ。

 

ただ、超高音域は、正直弱い。

AKMのVelvet Soundテクノロジーチップなので、絹のように滑らかな音質は魅力的なのだが、重心が中音&低音に偏っており、シンバルなどがあまりキレイに伸びない。

 

左右のセパレーション感は良好なので、ヘッドホンで聴くとステレオ感がクッキリしていて気持ちいい。

 

この低音の音質を保ちつつ、超高音域がもっとヌケてくれたら、最高なのだが…と思う。

色々なDAC機種に浮気しても、なぜかコイツに戻りたくなる…。

決してカンペキではないが、手放したくならない個性・色気が魅力のDACがDC02だ

ただし、出力は弱めなので、インピーダンスの高いヘッドホンだと鳴らし切れないだろう。

イヤホンや低インピーダンスヘッドホンで聴くべき。

※DC02は、USB端子に差した直後は、ボソボソとこもったような音が出て、あまりいい音が鳴らない。しかし、差してから5分ほど「予熱で温める」とかなり化ける。なので、リスニングの前にあらかじめスマホやPCのUSB端子に挿してスタンバイさせておくことをおすすめする。本体がほんのり熱くなれば、準備完了だ。オカルトっぽいが、確かに変わる気がするのだ。

 

iBasso DC02の音質レビュー!低音多め【DACチップはAK4490】
どうも、最近DACの聴き比べにハマっているオーディオ大好きブロガーのてつです。 iBasso AudioのDC02というスティック型ポータブルDAC(ヘッドホンアンプ)を入手しました。 旭化成のDACチップAK4490を...

iBasso DC03

搭載DACチップ:シーラスロジックCS43131x2(デュアル)

オペアンプ:CS43131x2(一体型)

高音☆☆☆☆4
中音☆☆☆☆4
低音☆☆☆☆4
解像度☆☆☆☆4
クリアさ☆☆☆☆4
生々しさ☆☆☆3.5
総合評価☆☆☆☆4

iBasso DC03は、アメリカテキサスにあるシーラスロジックというチップメーカーのオーディオ用DACをデュアルで搭載した機種。

CS43131の最大の特徴は、DACとヘッドホンアンプ部が一体型になって一つのチップ内に構成されているということ。

 

DAC(デジタルアナログコンバーター)とOPAMP(信号増幅)が同一設計で行われている。

 

これによって、基盤の回路も断然シンプルになる。

そのおかげなのか、DC03の音質はとてもレベルが高いものになっている。

 

DC01やDC02に比べて、全体的なクリアさがグッと増している。

中音域や低音域に不自然な強調もなく、かなりのフラット傾向。

モニター用途としても使えるくらいに素直でフラットな音がアウトプットされる。

 

左右独立してCS 43131を配置しているので、パックリ・ハキっとしたセパレーションが楽しめる。

ステレオ感があって、聴いていて面白い。

音が左右から玉手箱のように飛び出して聞こえる。

 

ただ、このセパレート感・ステレオ感は、音源本来のものなのか?それとも、デュアルDACで若干強調されたものなのか?という点には疑問が残る。

 

DC03で音楽を聴くと、ステレオ感全開なので楽しいが、それが果たして本来の定位感なのかは、微妙。

音質的にはフラットなのだが、定位感は独特なので、長時間聞いていると、ちょっと耳が疲れる

大げさにいうと、音源全体にステレオショートディレイをかけているような、そんな過度な演出感を感じてしまう。

繰り返すが、これが本来のステレオオーディオのカタチなのか、それとも、このDC03が強調しすぎているのかは、現時点のぼくにはわからない。

ただ、ただ、面白い音が出てくる。

そして単に面白いだけではなくて、きちんとバランスの良い生き生きとした音が出る。

出力も高めなので、高インピーダンスのヘッドホンなども鳴らしやすいだろう。

 

デメリットとしては、やはり、左右のセパレーションがあまりにも独特なので、定位感が他の環境(スピーカーなど)で聴くのと全然変わって聞こえるという点。

それと若干だけど、超高音域に雲がかったような歪みがある。

シンバルの抜けがもう少し良ければな…と思ってしまう。

一音一音に色気のような生々しさはあまり感じられないのが、ちと残念。

短時間なら面白いけど、長時間だと聴き疲れする音…という感じだろうか。

created by Rinker
iBasso Audio
¥5,500 (2021/09/28 22:26:14時点 Amazon調べ-詳細)
iBasso DC03のレビュー!フラットなのにセパレート感モリモリで楽しめる音質【DACチップはCS43131デュアル仕様】
どうも、スティック型DACポタアン大好きブロガーのてつです。 今回は、iBasso AudioのDC03を買ったので、音質や外観の作りなどをレビューしますね。 DC02やDC01も持っているのですが、DC03は音...

SHANLING UA1

搭載DACチップ:ES9218P

オペアンプ:不明

高音☆☆☆☆4
中音☆☆☆☆4
低音☆☆☆☆4
解像度☆☆☆☆4
クリアさ☆☆☆☆4
生々しさ☆☆☆3.5
総合評価☆☆☆☆4

SHANLING UA1は、アメリカ・カリフォルニアESS社のDAC(ES9218P)を搭載している。

ESSのDACチップの特徴である「圧倒的なクリアさ・歪みの少なさ」が5000円台という低価格で味わえる、超コスパ良好なモデルだ。

AKMやシーラスロジックのチップに比べて、ハッとするほど鮮明。

クリア=分析的でつまらない音

となりがちだが、SHANLING UA1はしっかりと音楽の生々しさも表現してくれる。

そして、高音域が刺さるギリギリで、しっかりと丸みがあり、やさしさ・なめらかさも同居している。

バランスがよく、悪いところを探すのがむずかしい笑

コストパフォーマンスもすごいし、安くて予算が少ない人にはおすすめできる。

ところが、iBassoのDCシリーズ同様に、2021夏に生産中止になってしまったのが残念。

ウイルス騒ぎの影響で、半導体の調達が難しくなったのが原因か?

created by Rinker
SHANLING
¥4,600 (2021/09/29 03:26:39時点 Amazon調べ-詳細)

SHANLING UA2

搭載DACチップ:ES9038Q2M

オペアンプ:RT6863

高音☆☆☆☆☆5
中音☆☆☆☆4.5
低音☆☆☆☆4
解像度☆☆☆☆4
クリアさ☆☆☆☆☆5
生々しさ☆☆☆3.5
総合評価☆☆☆☆4.5

created by Rinker
SHANLING
¥12,760 (2021/09/28 12:49:15時点 Amazon調べ-詳細)

SHANLING UA2は先代のUA1と同じくESS社のDAC搭載している。

ES9218PからES9038Q2Mに変わっている。

オペアンプも強化されたようで、RT6863という、おそらくSHANLINGオリジナルの?アンプを積んでいる。

 

出音がすごくキレイで隅から隅まで整っている。

一言で言うと、現時点でのスティック型USB-DACの完成形という感じ。

ES9038系チップはESS社のオーディオ用DACチップの中でも2021年時点で最新テクノロジーの結晶。

 

ぼく自身がESSのクリアな音質が個人的に好きだということもあるが、一聴して「これだ!」と、ハッと目が覚めるほど、爽快でクリアな音質が溢れてくる。

超高音域、高音域、中音域、低音域、全体にわたって、圧倒的にフラットでバランスのよい音。

左右のセパレーション感も自然で、音源本来の立体感を味わえる。

定位も不自然さがなく、極めて上品。

アーティストのステージに頭を突っ込んだような臨場感を手にすることができる。

 

他のDACで気になっていた「シンバルなどの超高音域の歪み」も、ほとんど(というか全くと言っていいほど)感じられない。

例えば、バンドなどのアンサンブルの中に埋もれがちな、ドラマーが隠し味的に弱めに叩いた左右のシンバルなどが、きちんと遠くで鳴っているのが聞こえる。

歪みが少なく、奥行き感がしっかりと表現されるので、このような素晴らしい定位・解像度を実現しているのだろう。

 

価格は12000円ほどと、ちょっとお高くはなってしまうが、ぜひ一度は試聴してもらいたいヘッドホンアンプだ。

筆者執筆時点では、SHANLING UA2は人気すぎて品切れ続出中。

国内のAmazonなどでは、入荷のメドが立たないほど。

とにかく味付けの少なくて純粋なクリアな音が欲しい!
クリアなだけじゃなくて元気よく鳴ってくれる楽しさもあるといいな!

そういう人にピッタリ。

デメリットは?

デメリットとしては、あまりにも整いすぎている音質なので、店頭などのガヤガヤした試聴環境だと、あまり良さがわからない可能性もある。

良い意味で無色透明…という感じなので、他の個性的なDACと聞き比べると、

「なんか、普通じゃね?」

と、思ってしまうかもしれない。

静かでリラックスできる環境で試聴するか、ノールックでネットでポチるかのどちらかを推奨する。

 

それと、欲を言えば、もう少し「色気」みたいなものあってもいいかなとも思う。

極めて優等生なDACなのだが、AKMチップ搭載のDC01やDC02のような独特の生々しさみたいなものはちょっと足りない気もする。

ボーカルなどの中音域に、少しだけ「ざらつき」があるというか、ボソッと乾燥した音質に聞こえなくもない。

超優等生なんだけど、なにかが足りないような…。

明らかにいい音なのはわかるのだが、ツヤ感がいま一歩なのだ。

 

超高音域は伸びに伸びるので気持ちいいのだが、長時間聞いていると、耳が痛くなってくるような時もある。

あまりにもシンバルがシャン!シャーン!と盛大に鳴りまくるのだ。(シャンリンだけに笑)

 

この辺りがESSかAKMか、好みが分かれるポイントなのだろうな。

高音域のクリアさ、ヌケのよさをとるならESS系

中低音の色気・生々しさが欲しいならAKM系

といった感じか。

 

とはいえ、スティック型ヘッドホンアンプDACを12機種以上聴き比べた結果、SHANLING UA2はかなり万人におすすめできる。

スペック的にも、ネット上の絶賛レビューを考慮しても、そしてぼく自身のじっさいの経験から言っても、これは買って損しないだろう。

1万2千円で一気に無色透明で曇りのない鮮やかな超高音質の世界へ到達できるのだから、費用対効果はバツグンだ。

created by Rinker
SHANLING
¥12,760 (2021/09/28 12:49:15時点 Amazon調べ-詳細)
【感動の高音質】SHANLING UA2のレビュー【スティック型DACポタアン】マジでおすすめ
どうも、小型DAC(ヘッドホンアンプ)を色々集めているブロガーのてつです。 話題の新製品、SHANLING UA2を買ってみました! amazonなどでは人気すぎて品薄状態が続いていますが、なんとかゲット。 このD...

Audiolab P-DAC

搭載DACチップ:ES9018

オペアンプ:ESS製(型番不明)

高音☆☆☆☆☆5
中音☆☆☆3.5
低音☆☆☆3.5
解像度☆☆☆☆4.5
クリアさ☆☆☆☆☆5
生々しさ☆☆☆3.5
総合評価☆☆☆☆4.5

Audiolab P-DACは英国のオーディオメーカーAudiolabから発売されているスティック型ヘッドフォンアンプだ。

ESSの高性能チップES9018搭載で、オペアンプもESS製だ。

DACとオペアンプ両方にESS社のチップが選ばれているので、音の傾向としては、ESSの特徴が濃厚に出ている。

クリアで、解像度が高く、見通しが良い。

反面、少しドライで冷たいような質感に聞こえることもある。

バランスは極めてフラット傾向。

無色透明。

今回試聴した12機種の中で、もっともモニタースピーカーで聴くのに近いような、フラットさが最大の特徴だ。

 

正直、面白みという面では魅力に欠けるかもしれないが、

逆にいうと、長時間聞いていても全然違和感を感じないし、聴き疲れしない。

飽きないで何時間も高音質でいい音楽に浸ることができる。

 

案外、こういう音が本当にいい音なんだろうな…

と、初心に帰らせてくれるような「山郷の湧き水」「白ごはん」のような音だ。

 

Audiolab P-DACは、国内代理店があまり宣伝していないせいか、あまり知名度はないが、値段も5000円なのにESSのDACとオペアンプを積んでいて、コスパは12機種の中でもピカイチだ。

 

音とは関係ないが、筐体デザインもシンプルで上品なアルミなので、MacBookにとてもマッチしてステキである。

ESS社製品で上流(DAC)から下流(オペアンプ)まで固めているという安心感もあり、目立たないが、とてもレベルが高いおすすめのDACだ。

一家に一台。

Astell&Kern PEE51

搭載DACチップ:CS43198デュアルDAC

オペアンプ:不明(左右独立型)

評価☆☆☆☆4

Astell&Kern PEE51を量販店で試聴してきた。

DACチップにシーラスロジックのCS43198をデュアルで搭載している。

CS43198は、iBassoDC03にも使われているCS43131と兄弟のようなチップだ。

CS43198とCS43131のちがいは、オペアンプが一体型か、独立しているかどうかのちがいだ。

↓シーラスロジックの公式サイトから引用↓

ご覧の通り、両者のスペックはほとんど一緒。

ヘッドホンアンプが内蔵されているのが、CS43131で、デジタルコンバーターの機能だけに特化しているのがCS43198のようだ。

 

なので、音の基本的な傾向は、iBassoDC03と似ている。

ただ、Astell&Kern PEE51の方が、低音に迫力があるように感じだ。

どちらも、まさにデュアルDACという、ステレオ・セパレート感がパックリしていて、楽しめる音だ。

フラット指向ではない。

低音が豊かで、ギラっと金属的。そして左右に包み込まれるようなステレオ感。

定位もかなり強調されている気がする。

 

PEE51は、筐体もずっしりとした重みを感じさせるデザインで、手に持つとズシっとくる。

本当は軽い方が持ち運びには便利なのだが、高級感を醸し出すために「あえて」重くしているのだろう。

いかにも「高級機ですよ」という感じのニクイ演出だ。

 

ほぼ同じスペックなのに、DC03は7千円ほど、PEE51は13000円ほど。

PEE51はオペアンプ部分や、回路(コンデンサーなどにも拘っているらしい)がちがうので、そこに価値を見出せかどうかで好みが分かれそうだ。

ラディウス radius RK-DA50C

搭載DACチップ:Qualcomm Aqstic DAC

オペアンプ:不明(メーカー曰く「H級ヘッドホンアンプ」)

評価☆☆☆3

こちらも量販店での試聴。

 

旭化成やESS、シーラスロジックといった名だたるDAC搭載機と比較してしまうと、どうしても「普通のイヤホンアダプターの音」に聞こえる。

Qualcomm Aqstic DACの詳細はよくわからない。

調べるとWCD938x・WSA883xという型番があるらしいが、radius RK-DA50Cにどの型番のチップが使われているかまでは公表されていないのがもどかしい。

 

価格も8000円ほどと、なかなか高額なのでRK-DA50Cを買うなら、SHANLING UA1やAudiolab P-DACなどの方がコストパフォーマンスは高いと思う。

 

Ankerなどから発売されている1500円ほどの小型DACとあまり音の違いを感じることはできなかった。

IKKO ポータブルDACアンプ ITM03

搭載DACチップ:CS43198

オペアンプ:不明

評価☆☆☆3

こちらも量販店での試聴。

 

Astell&Kern PEE51と同じCS43198を搭載しているDAC。

こちらはデュアルではなくシングルチップ仕様。

 

正直、音の質感は特筆すべき点はなかった。

ごくごく普通の音がする。

1万円超えの価格に見合うかと言われると、かなり疑問。

AudioQuest DragonFly Black

搭載DACチップ:ES9010

オペアンプ:不明

評価☆☆☆3.5

量販店での試聴。

明るくて元気な音。

DragonFlyシリーズの中では、一番生き生きした音が出た。

立体感があってメリハリがあった印象。

created by Rinker
オーディオクエスト
¥11,209 (2021/09/29 09:19:42時点 Amazon調べ-詳細)

AudioQuest DragonFly RED

搭載DACチップ:ES9016

オペアンプ:不明

評価☆☆☆3.5

量販店での試聴。

すごくクセのない素直な音。

パッと聴いた感じだと、あまり良さを認識することは難しいかもしれない。

ガヤガヤした量販での試聴だったので、正直、きちんと聴けていないのが悔やまれる。

悪い印象はないが、特にいい印象もなかった。

created by Rinker
オーディオクエスト
¥23,480 (2021/09/29 11:46:51時点 Amazon調べ-詳細)

AudioQuest DragonFly COBALT

搭載DACチップ:ES9038Q2M

オペアンプ:ESS Sabre 9601

評価☆☆☆3.5

量販店での試聴。

短時間の試聴しかできなかったので、あまりきちんと聴くことができなかった。

ESSのDACとオペアンプを使っているので、非常にクセのない素直な音が楽しめる。

created by Rinker
オーディオクエスト
¥32,038 (2021/09/29 03:31:13時点 Amazon調べ-詳細)

おまけ:Ankerの激安DACアダプター

搭載DACチップ:不明

オペアンプ:不明

評価☆☆☆3

最後におまけとして、モバイルバッテリーで有名なAnkerのハイレゾ対応USB-CオーディオDACも紹介しておく。

実売価格1500円ほどで買える、激安のハイレゾDACアダプターだ。

これが、意外にも元気でいい音を出してくれる。

 

今回紹介している高級DACチップを積んでいる機種に比べると、どうしても粗い音なのは否めないが、スマホやPCのイヤホンジャックから直差しで聴いているよりは遥かにクリアでいい音が手軽に楽しめる。

 

ハイレゾ聴くならAmazonミュージックHD!
あらゆるジャンルの音楽がハイレゾで聴き放題🌎
オーディオマニア定番のFLAC形式データで超高解像度📝
今なら無料で30日間試せる😳
AmazonミュージックHDを無料で試してみる!

まとめ:個人的おすすめトップ3をおさらい

というわけでスティック型オーディオDACを12機種紹介した。

 

今回、いろいろと聴き比べて分かったのだが、DACひとつで本当に音の世界が全然変わってしまうということ。

イヤホンやヘッドホン自体を変えるほどのインパクトはないが、「高級ケーブルにリケーブル」してアレコレ手を出すよりも、自分好みのDACを見つけた方が、費用対効果は高いと感じた。

 

最後に、個人的なトップ3をおさらいしておわりにしたい。

①Shanling UA2

②iBasso DC02

③Audiolab P-DAC

第1位:Shanling UA2

Shanling UA2は、優等生タイプ。

レベルが高すぎ。

ESS9038が持つハイスペックなクリアさを十分に引き出しつつも、同時にダイナミックに楽しめる音にチューニングしてある。

超高音域のキレイな伸びは特筆すべきメリット。

スポーツも勉強もできちゃう、文武両道なモテ男という感じか。

モニター的にも使えるし、日々の音楽を上質に楽しく再生してくれるので、外出用ポタアンとしても家でじっくり聴き用としても大活躍であろう。

USBケーブルが着脱できるので、断線してもケーブルを買い換えるだけなので、精神的にもラクだ。

ただ、若干ドライな質感なのはESSの特徴なので、ここが好みの別れどころ。

created by Rinker
SHANLING
¥12,760 (2021/09/28 12:49:15時点 Amazon調べ-詳細)
【感動の高音質】SHANLING UA2のレビュー【スティック型DACポタアン】マジでおすすめ
どうも、小型DAC(ヘッドホンアンプ)を色々集めているブロガーのてつです。 話題の新製品、SHANLING UA2を買ってみました! amazonなどでは人気すぎて品薄状態が続いていますが、なんとかゲット。 このD...

第2位:iBasso DC02

12機種の中で第2位は、悩みに悩んだが、iBasso AudioのDC02にしたいと思う。

旭化成AKMの最高級DACチップAK4490から出てくる、なめらかでていねいな音作りは唯一無二だと感じた。

音のレンジ自体は狭いような気もするし、超高音域の抜け感もESS系には劣る。

だが、それを許したくなるほどの中低音のヌルッとした生々しさは、一度ハマるとクセになる。

DC02は、他のDACにはない、本当に独特の鳴り方(音楽がスローに聞こえるような)がするのだ。

ライブ感・生々しさ・ツヤ…

まるできちんとしたカートリッジをつけたアナログレコードで聴いているよう。

DC02(というかAK4490か?)でしか出せない「生鳴り」は一聴の価値あり。

AK4490は日本メーカーのていねいさがよく出ている傑作DACチップだと思う。

あらかじめ5分ほど予熱を与えて、本体がある程度暖まってから聴くことをおすすめする。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイバッソ・オーディオ DAC ケーブルアダプター【USB-C ⇒ 3.5mmステレオ】iBasso DC02
価格:9203円(税込、送料無料) (2021/7/30時点)

楽天で購入

iBasso DC02の音質レビュー!低音多め【DACチップはAK4490】
どうも、最近DACの聴き比べにハマっているオーディオ大好きブロガーのてつです。 iBasso AudioのDC02というスティック型ポータブルDAC(ヘッドホンアンプ)を入手しました。 旭化成のDACチップAK4490を...

第3位:Audiolab P-DAC

そして3位は、英国AudiolabのP-DAC。

ESS9018とESSのオペアンプという組み合わせ。

「無色透明」という言葉がぴったりの、圧倒的なクリアさ・フラットさが魅力。

ESSチップなので生々しさはあまりないのが残念だが、クールに分解的・分析的にさまざまな音楽ソースをアウトプットしてくれる。

ドラえもんでいうところの出来杉君みたいなDACだ笑。

色々なDAC、リケーブル、イヤホン、ヘッドホンを試したりして、耳と頭がごちゃごちゃになっても、コイツがあればリファレンスとして使える。

 

以上!

お付き合いありがとうございました!!

 

音楽ソースはアマゾンのハイレゾ聴き放題サービスを愛用しております。

高音質で曲数も膨大。

解像度もかなり素晴らしい

現時点で一番おすすめできるサブスクです。

まだ試したことがない人は、30日間無料で使えるので、

いますぐに下のリンクから登録してみよう↓

ハイレゾ聴くならAmazonミュージックHD!
あらゆるジャンルの音楽がハイレゾで聴き放題🌎
オーディオマニア定番のFLAC形式データで超高解像度📝
今なら無料で30日間試せる😳
AmazonミュージックHDを無料で試してみる!
【神アプデ】Amazon music unlimitedが追加料金なしでハイレゾHD対応キタッ!【月額780円】
いや〜...ついにやってきましたね! 以前からもぼくが絶賛しているAmazonのハイレゾサブスク音楽聴き放題サービスの「Amazon music unlimited HD」ですが、 ついに2021年6月から、追加料金なし...

↓おすすめヘッドホン↓

奇跡のモニターヘッドホン?安いのにめっちゃ音がいいRoland RH-A7がおすすめすぎる
どうも、ヘッドホンオタブロガーのてつです。 いや〜...。 マジでびっくりしています汗。 人生最高のヘッドホンを更新してしまいました。 RolandのRH-A7です。 これ、実売価格7〜...

あわせて読みたい人気記事↓

【スマホ高音質化】ANKERのUSB-C→イヤホンジャック変換アダプタ(DAC)が音楽好きにおすすめ【ハイレゾ対応】
ANKERから新製品が出ておりました。 スマホやPCのUSB-C端子に挿すだけで、オーディオイヤホンジャック(3.5mm)に変換できるアダプタです。 お値段なんと、1490円。 安いのに高品質なオーディオ回...
【無料】いまならアマゾンのハイレゾ聴き放題サービスが無料で30日試せる

ちなみに、皆さんは普段、音楽をどのような媒体で聴いていますか?
mp3?CD?レコード?
ハイレゾ超高音質で7000万曲以上聴き放題のアマゾンのサービスがヤバイです。

ハイレゾ音楽のサブスクなら、アマゾンミュージックアンリミテッドHDが断然おすすめ。
オーディオマニアに最強と言われることが多いデータ方式「FLAC」の音源ソースで、あらゆるジャンルの音楽が聴き放題で、月額1780円。
控えめにいって、めちゃくちゃお得です。

バフッ!バフ...!っとバスドラムの皮が揺れる感じとか、シュワワ〜っとシンバルの超高音域が全然潰れないクリアーな世界...。
ドキッとするようなボーカルの生々しさや息づかい、各楽器のディテール、ステージの臨場感などがありありと目の前で展開されます。
腰抜かすレベルで感動しますよ...。

月にアルバム1枚を購入するよりも安い金額で、新作から往年の名盤まで、邦楽も洋楽も無制限・無広告でハイレゾ音質で楽しみまくれます。
自分だけのプレイリストを作ってニヤニヤすることも可能。
いまなら30日間無料で試せるキャンペーン をしています。

アナログ派の人も、MP3派の人も、
ぜひこの機会に、ハイレゾサブスクの世界のヤバさを体感してみてください。
無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。
超お得なキャンペーンなので、まだ未体験の方は、ぜひ登録しておきましょう↓

\無料でアマゾンのハイレゾ音楽サービス「Amazon Music Unlimited HD」を試してみる/

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

オーディオ周り
湿度50%
タイトルとURLをコピーしました