【駅前注意】ナポリの治安や街の雰囲気を徹底調査!【スパッカナポリ】

どうも、ナポリに1ヶ月ほど長期で滞在しているブロガー・YOUTUBERのてつです。

今回はナポリを代表する下町エリア「スパッカナポリ/Spacca Napoli」を散策して、ユーチューブに動画にしてアップしてみたので、見どころをあらためてブログでも地図などを交えて紹介していきたいと思います。

超有名なピザ屋さん(ピッツェリア)ダ・ミケーレやソルビッロ、ディ・マッテオはもちろん、ナポリを代表する歴史的観光地である教会なども多数ある散策に最適なエリアですので、ナポリに観光しに来る場合は絶対に見て回って欲しいと思いますぞ!

ちょっと治安が悪そうな路地裏などもチラッと紹介しています…。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ナポリの下町スパッカナポリの見どころを動画で紹介!

まずはぼくが歩きながら撮ってきたユーチューブ動画をご覧ください。

こんな感じで、かなりガヤガヤしており、いかにも南イタリアの下町!というムードたっぷりですね。

では、今回ぼくが歩いたルートを地図上で確認してみましょう。

↓引いてみた広めの地図

まずは地下鉄の駅があり、ナポリ1大きなショッピングストリートのトレド通りから、ベネデットクローチェ通りVia Benedetto Croceに入っていきました。

この通り沿いにジェズヌオーヴォ教会があります。

そして、ジェズヌオーヴォ教会から5分くらいの距離に、有名なベールを被ったキリストの彫刻があるサンセヴェーロ礼拝堂美術館がありますね。

そこからさらに通りを変えて、今度はトリブナリ通りに出ていきました。

この通りはスパッカナポリを代表するピザ屋さんのソルビッロやディ・マッテオもあるし、八百屋さんなども多数あり、いかにもナポリの下町!という雰囲気です。

地下鉄A線のダンテ駅すぐのダンテ広場から、トリブナリ通りをずっと歩いて行くのもおすすめのルートです。その辺りは古本屋さんがたくさんあったり、音楽学校があるので、楽器屋さんがたくさんあったりしてアートの香りが漂っていて楽しいですよ。

駅前周辺の治安の悪いエリアも…昼でも一応気をつけて歩こう

ディマッテオで持ち帰りのピザ(1.5ユーロと、激安!しかもおまけしてもらった….汗w)を食べた後は、ナポリを代表するサンタ・マリア・アッスンタ大聖堂に入り、そこから有名なピザ屋さん「アンティカピッツェリア・ダ・ミケーレ」まで歩いてみました。

途中、ミケーレに行く途中にちょっと治安が悪そうなエリアも撮影していますので、参考になればと思いますね。

基本的に中央駅付近は、海沿いのサンタルチア地区などに比べてかなり治安が悪いので、夜はもちろん、昼間でも用心して歩いた方がいいでしょうね。

ぼくも数年前に駅前でスリ未遂にあったこともありますし。

まとめ

ナポリの街歩きの参考に少しでもお役に立っていれば幸いです。

関連の記事をまとめておきますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ぼくのユーチューブチャンネルでもイタリア情報はもちろん、旅しながらネット上で稼ぐ方法だったり、新しいライフスタイルだったりをシェアしていますので、ぜひぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

【hagi tetsuYoutubeチャンネル登録はこちら】

あわせて読みたい:

⇒【ナポリ長期滞在者おすすめ観光情報&見どころエリア】トレド通りの散策ルート!

⇒【安くて最新設備がキレイ】ナポリ中心地でおすすめ「ネアポリタンホステル/Neapolitantrips」

⇒おすすめ見どころ&観光【下町】スパッカナポリに滞在してみたので魅力を語るよ!

⇒【隠れた有名店】ナポリでオススメのピッツェリア「Starita」!博物館からすぐの人気店

⇒【便秘&軟便下痢】砂糖の代わりにフラクトオリゴ糖を使って善玉菌を増やそう!

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告