イタリア語の動詞の活用変化の覚え方の決定打!超オススメアプリ紹介

イタリア語をはじめとして、スペイン語やフランス語を勉強されている方なら動詞の活用形を覚えるのにとっても苦労されていると思います。

そんな中で今回は、ぼくが見つけた超オススメの動詞の活用形を覚えることに特化したアプリの紹介です。

その名も「Italian Verb Trainer」です!

スマホアプリなので、いつでもどこでもスキマ時間を使ってイタリア語の動詞が覚えられちゃいますよ。

さっそくどんなアプリなのかを語っていきますね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

サクサク!フラッシュカード式の動詞活用トレーニング

とにかくこのアプリのいいところは、そのシンプルさです。

もうね、これでもかっ!ていうほどシンプルw

具体的な使い方を説明すると、画面の上半分に動詞の原型(英語の意味付き)が表示されて、それと同時に音声で読み上げてくれます。

この場合だと、Pagare(払う/pay)ですね。

で、一緒に「io Presente(現在形)」と表示されていますね?

要は「この形の活用を考えてみてね」という練習問題なのです。

で、このアプリのスゴくいいなと思う部分なのですが、回答をいちいちタイピングしたりしなくていい、ということなんですよ。頭で考えて、答え合わせするだけのシンプル仕様。

下半分の部分をタップすると、、

このように回答が表示されて、また同時に音声で読み上げてくれるんです。

スマホの小さい画面でタイピングすると、地味に時間もかかるし、疲れがちで長続きしないパターンが多い、ぼくみたいなめんどくさがり屋にはうってつけの仕様となっていますww

他の学習アプリとかって、作り込まれすぎていて、疲れちゃうんですよね、、

このアプリは基本、問題が表示されて、自分の頭で答えを考えて、答えをタップして確認するというフラッシュカード的なノリなので、慣れてくるとドンドンスピードアップしていく感覚が気持ち良いんですよとっても。

語学でもなんでもそうだと思いますが、学習の楽しさ、テンポ感ってとても大事なんですよね。

しかも各単語の各活用形をどれだけ覚えたかを自分で3段階で評価していけるので、あとはアプリが毎日勝手にあまり覚えていない単語の活用を重点的に出題してくれるという仕様になっています。忘却曲線という理論を使っているようですね。

なので、あまりにも簡単すぎるEssereの現在形の一人称(io sono)などは、省いたりできるわけです。

まぁぼくはたまにそんな簡単な活用もとっさに出てこないこともありますけどねw

Piacereの現在形三人称複数とか、何日かこのアプリをやっていると、パパッと出てくるようになりますよ。発音も確認できるのがニクイ!

問題は現在形、過去形、半過去、未来形を中心にランダムに出題されます。自分でカスタムすることも可能です。

「思い出す」という感覚を鍛えて記憶に残す

もちろんイタリア語以外にも、フランス語やスペイン語、ドイツ語バージョンなど、たくさんこの会社は語学系のアプリを作っていますね。

やってみるとわかるのですが、いかに今まで、動詞の活用を覚えた気になっていただけだったのかを思い知らされました、、汗

読んだり聞いたりするだけの学習ではやっぱりなかなか頭に定着していなかったんですよね。

このアプリでガシガシ自分の頭を使って、「思い出す」という学習ができるので、2、3日やるだけでも、かなりイタリア語脳が鍛えられた感覚を味わえますよ。

まとめ

イタリア語の動詞の活用形の覚え方で悩んでいるあなた!マジでこの「Italian Verb Trainer」は最強のアプリだと思いますよ!

単語に関しては「Fun Easy Learn」というアプリがオススメですし、これらは基本的に無料で全部利用できますしね。

良い時代ですね。スマホでここまで効率の良い学習が無料でできちゃうんですものね。

関連記事↓

単語アプリの「Fun Easy Learn」が効率的で覚えやすいのでオススメ!英語はもちろんマイナー言語にも!

どうも、てつです。 最近面白いアプリを見つけたので紹介しますね。 英単語など、主要な外国語の「単語力」を強化する...

スマホスタンドでお気に入りのアプリを常にテーブルの上に表示させると快適すぎた

普段はMacBookでネットサーフィンしたり、youtubeを見たりして過ごす時間がとても多いのですが、ずっと前々から思っていたこと...

イタリアのラジオ局「RTL102.5」がネットで聴き放題。

イタリア好きなんです。特に音楽と食が。 イタリア語の勉強をしているわけなんですが、リスニングのトレーニングに最適なのが、手軽に...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告