ファヴィニャーナ島でマグロ料理!「Trattoria/Spaghetteria Pakkaro」が超美味しくて安い!おすすめ

どうも、てつです。

今日も相変わらずシチリア、ファヴィニャーナ島関連の情報をお伝えしていきますね。

今回はみなさんお待ちかねのそう、美味しいレストラン紹介ですね〜!w

やっときたかって感じでしょうか?w

それでは早速書いていきますね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

マグロ料理をどうしても食べたい!

マグロ漁業が昔から盛んなファヴィニャーナ島。

このファヴィニャーナにきたらかなりず食べておきたいのがマグロ料理です。

イタリア語でTONNO/トンノって言います。

といっても街の大通りにはいかにも観光客向けのようなレストランが並んでいてもうしかしたらあんまり美味しくないかも、、なんて思っちゃいますよね??

ぼくもそんな感じで、せっかくわざわざファヴィニャーナ島まできたんだから、夕食だけはハズしたくない、、、そう思ってネットの情報だけに頼らずに自分の足でグルグルと街を歩いてどこが本当にうまそうなのかリサーチしてきました!

広場の教会からにんにくの香りが??

で、実際に歩いてみると、街の一角にとっても賑やかで人がいっぱい入っているお店を発見!

街の広場の教会の隣にひっそりとあるお店「TRATTORIA/SPAGHETTERIA PAKKARO」です。

スパッゲテリア?そう、スパゲッティーがメインのレストランですね。

このお店を見つけた日はあいにく満席で入れませんでしたので、改めて次の日の夕食時に行こうと心に決めます。

満席で入れないと、意地でもいってみたくなるのがぼくの性分ですw

その日は覗くだけだったのですが、とにかく「いい匂い!」

もうね、その教会のそばに近づくだけでフワ〜っとにんにくのいい香りが漂っているんですねw

しかもこのお店、店内はかなり小さく、ほぼ調理場だけといった感じで、席の大部分は店の前の広場の一角を占領?して営業しているんです。

この感じはイタリアというか、南ヨーロッパ特有の風景ですよねw

お手頃価格が嬉しい

で、次の日の夕食時、満を喫して行ってみました!

この日もお店は大盛況であまり席が空いてなかったんですが、なんとかテーブルを確保。

観光シーズン中で週末だったりすると予約しておいた方が無難ですね。

で、まずはメニューに目を通してみたところ、第一印象は「安っ!」っていうこと。

まぁ昨日の時点ですでにメニューをチラ見していたので、安いのはある程度わかっていたんですが、改めて見るとそのお値打ち感を再確認。

ここはパスタのメニューがメインなんですが、どれも7〜9ユーロくらい。

だいたいその他のトラットリアやレンスランに入ると魚介を使ったパスタで12〜16ユーロくらいの値段が付いていることが多いので、8ユーロくらいで魚介のパスタがたくさんあるのはかなり嬉しいですね。

早速マグロとムール貝のパスタをメニューの中に発見したのですかさず注文!

絶品パスタが登場した!

デカンタで頼んだ白ワインを飲んでしばし待ちます。

この白もとても美味しくていい感じ。ぼくの経験だと、ハウスワインが美味しいお店は得てして料理も美味しいことはほぼ間違いないので、期待が高まります。

程なくして料理が運ばれてきましたよ!

ウヒョ〜うまそう!w

思わずそんな声が漏れてしまうっw

ムール貝とマグロたっぷりで、上にさらに鰹節?wみたいにマグロのこなとチーズがかかっているという、もう一目見ただけで美味いと確信するレベル。

また匂いも強烈なにんにくの香りが効いていてめちゃめちゃスタミナつきそうw

それになんですか、このうねうねしたパスタはっ?!

平べったいパスタがねじれていて、中がトンネルみたいになっているですよ。

このパスタが実にマグロの出汁を拾ってくれて、食べるたびにマグロとにんにくのソースがパスタと一緒に口の中で広がります。

こりゃあ大正解ですな。。

家族が頼んだもう一つのパスタ。名前などは失念、、

ボリューム、質、共に大満足!

家族が頼んだ山盛りムール貝も身がプリプリしていて絶品でしたし、何よりも食後のカンノーロがまた巨大!

ナイフが写り込んでるので、なんとなくその大きさを察していただけるんじゃないでしょうか?

もちろんお味も甘さ控えめで上品なお味でした。

まとめ&地図

そんなわけで今回のお店「TRATTORIA/Spagetteria IL PAKKARO」マジで大満足でした!

いや〜ファヴィニャーナは本当に高城剛さんオススメの「綺麗な海、美味しい食事、あまり観光地化されていなくて素朴」っていう要素を全部体現していますなぁ。

是非是非ファヴィニャーナに行ったらこの「PAKKARO」でたらふく美味しいものを食べてみてください!

では。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告