[語順の感覚]が大事!イタリア語のリスニング力が上がった方法!聞き取るコツを紹介

リスニング力アップ

イタリア語のリスニングは日本語と母音の数が近いこともあって、外国語の中では比較的カンタンと言われていますが、それでも、ネイティブが話すテンポよく、軽快な高速イタリアンをしっかり聞き取るのは至難の技ですよね。

ぼくは基本毎日リスニングの勉強がてら、かっこいい音楽も流れるのでイタリアのラジオRTL102.5を愛聴しているのですが、先日あることをし始めたら「あれっ?いつもより聞き取れてるぞ!?」という体験をしたので、書いてみたいと思います。

結論から先にいうと、「イタリア語のアウトプット力を鍛えたら、インプット力であるリスニングの能力も上がった」ということなんです。

さらに結論をいうと、最近自分でウェブの勉強がてらに作った語学学習サイトの宣伝記事ですw

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

たくさんアウトプットすることで、リスニング力も向上する!

なんとかしてイタリア語のスキルを高めるために気軽にいつでもどこでも、スマホで勉強、というか作文のトレーニングができる環境を作りたくて、こんなサイトを作ったんです。↓

瞬間外国語作文ビルダーeasysentence.com

表示された単語を選んでポンポンとテンポよくイタリア語の作文を通して、アウトプット能力を鍛える、トレーニングできるという自分でも「かなり画期的な学習サイト」ができた!と自負しているのです。

で、サイトを作りながら、当然自分でも毎日トレーニングしているのですが、まぁこの「作文ビルダー」、試してみていただければわかる通り、めちゃくちゃカンタンなんですよw

良くも悪くも、ほとんど頭を使わなくても?wたくさんのイタリア語のセンテンスを作れるので、ちょっとしたスキマ時間や夜の寝る前などの「アタマを使う作業や勉強に集中できない時間帯」にもちょこちょことトレーニングができるんですよね。

いつも聞いているラジオのトークが明瞭に聞こえ始めた

で、そんな感じで毎日コツコツとアウトプットのトレーニングをしていて、最近RTLラジオのパーソナリティーの方々のトークが明瞭に聞こえるようになってきたんです。

本当にまだ微かな違いを感じ始めているという段階に過ぎないのですが、それにしても効果ははっきりと感じることができます。嬉しいなぁ。

なんというか、今までは「ササッ〜」と流れていってしまっていた言葉たち、単語たちが「カタマリごと」に聞こえるようになってきている感覚です。

きっと、作文体験を通じて、頭の中でイタリア語の文法の語順の感覚が無意識的にぼくの中で少しづつ育ってきているためだと思われますぞ。

瞬間外国語作文ビルダーeasysentence.com

「語順の感覚」を脳に刷り込むことが大事?

つまり、「たくさん作文する」ことによって、イタリア語の「語順の感覚」が養われていき、その感覚がリスニング力アップに役立っている、、と。

そんな仮説です。

英語の勉強をしていた時もそうでしたが、古くからリスニングのカギは音読、つまりアウトプット力を徹底的に鍛えていくことが王道とされています。

なので、「音読」よりもハードルの低い「瞬間作文」でも、最近のぼくのようにリスニング力が向上しているのかな、と。

音読よりも優れている点は各作文問題に「画像」も添えてあることですかね。

これによって、さらに脳への刺激を増やして、記憶に残りやすくしています。

瞬間外国語作文ビルダーeasysentence.com

まとめ

そんなこんなで、リスニング力アップには、やはりアウトプット力を鍛えることが関係しているなぁ、と実感している最近です。

リスニングというと、どうしても「耳」の能力の問題かなぁと思われがちですが、意外にも「脳」や「習慣」によって聞き取り能力がアップするというのは驚きですよね。

では。

p.s ちなみにRTL102.5のラジオ番組で一番好きなのは「Crazy Club」です。

イタリア時間の深夜番組なので、日本だと午前中の11時から聞けます。

基本的にリスナーとの生電話がメインの番組。イタリアの深夜の生電話というと、そこは愛の国、めちゃくちゃいろんな意味で生々しいリスナーたちとのハプニングがめちゃくちゃ面白いですw

日本のラジオではまず考えられないような「行為中」の方々が電話してくるなんていうのも「ザラ」ですw

RTL102.5

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告