プロシュート、モッツァレラチーズ、ボルドーワイン等肉のハナマサで買える7つの最強アイテムたち

どうも、

肉のハナマサが好きすぎて週5で通う、てつです。

今回はそんな肉のハナマサを知り尽くしたぼくが送る、最強のコスパアイテムたちを紹介しちゃいます。

すべての自炊派、ホームパーティー好きに捧げます、、、

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

7つのスタメンたちを紹介します

いきなりですがドドンと見てもらいましょうか!

イタリア産プロシュート200g(生ハム)980円
イタリア産モッツァレラチーズ
イタリア産グラナパダーノチーズ
フランス産ボルドーワイン赤&白 レ シャルトロン
スペイン産スパークリングワイン「ドンファン ブリュット」
イタリア産炭酸水「ネレア」
五穀味鶏

そう、見ての通り、美食の国イタリア、フランス等の食材がズラリ!

ではさっそくひとつずつ紹介していきますよ〜!

イタリア産プロシュート200gが980円!

まず最初に紹介したいのがコレ!

プロシュートですよ!イタリアの!

もちろんイタリアの法律でプロシュートと名乗れるのは伝統的な方法で作られた生ハムのみになりますので、原材料は「豚肉」、「食塩」だけという潔さ!

安い生ハムってだいたい香料とか、発色剤とか入ってる場合が多いんですが、これは違います。

しかも原木で仕入れて日本国内の工場でスライスしているため切り立ての香りを楽しめちゃいます!

なぜこんなに安いのかというと、ヨーロッパ産の豚肉を仕入れてイタリア国内で製造しているからなんですね。

なのでパルマハムのように飼育からのイタリア産ではないのですが、味の方はまったくそんなことを感じさせない本格的なプロシュートです。

マジでオススメなんですが、供給量が追いついていないのか、ハナマサでも置いてある店舗とない店舗があるんですよね。

比較的新しめの店舗か、大きめの店舗においてあることが多いです。

見つけたら迷わず買うことをおススメします。

ホームパーティーにはもちろん、日々のワインのお供に最高ですよ!

イタリアのモッツァレラチーズ198円

「写真」

続いて紹介するのはそのまま食べても良し、料理に使っても良し、本格ピザを焼くも良しのモッツァレラチーズです。

ハナマサの冷凍食品コーナーに地味〜に置いてあって見過ごしてしまいがちなアイテムがコチラのモッツァレラチーズ。

冷凍ですが、製造時の水ごとカチカチに凍っているので、常温で戻してあげればクリーミーでいてハリのある濃厚なチーズが出てきます。

これもホームパーティーで出したら最高です。

イタリア産グラナパダーノチーズ200g 698円

「写真」

はい、これもイタリア産のチーズになります。

有名なパルミジャーノに比べてお得感があり、味や食感が多少異なるものの、熟成期間が短い分、癖があまりなくいろんな料理に合わせやすいです。

もちろんそのままワインのおつまみとしていただいても最高です!

200gで698円と大変お得!

ほんといつもお世話になってます。

フランス産ボルドーワイン 「レ シャルトロン」698円

はい、続いてはワインですね。

このハナマサがプロデュースしている「レ シャルトロン」なんとこの価格で本物のAOCボルドーワインなんです!!

ぼくは白ワインが大好きなのでこのボルドーを飲むんですが、まあさわやかで美味しいこと。

ハナマサのオススメ商品の中でも相当のコストパフォーマンスです。

ボルドーって一般的に赤ワインのイメージですが、白も美味しいんですよ。

この白を飲んだらきっとリピート間違いなしです!

赤ももちろんオススメです。

ワイン好きな人にしれっと飲ませてみましょう、きっと「さすがボルドーだねぇ、良いワインを知ってるねぇ〜」と言われますよ!

スペイン産 スパークリングワイン 「ドンファン ブリュット」550円

またワインですねw。

ホントにハナマサはワインの商品開発に力を入れているんですよ。

毎年いろいろなラインナップを打ち出してくるのですが、このスペインのスパークリングワイン「ドンファン ブリュット」はなんと550円!という激安にもかかわらず、安いワイン特有のクセみたいなものがなくごくごく飲めるさわやかなスパークリングに仕上がっています。

毎日のお風呂上がりにも最適ですし、ホームパーティーで食前酒として泡でキメれば手軽に優雅な気分を味わえますよ!

お刺身や生ハム等とあわせると最高ですね。

抗生物質、抗菌物質無添加の鶏肉「五穀味鳥」

最後に紹介するのは、やっぱり「肉の」ハナマサなんでお肉です。

「五穀味鳥」

さいきん、流行の?飼育期間中に抗生物質、抗菌物質を与えていない無添加の鶏肉です。

この鶏肉、もも肉と胸肉のラインナップなのですが、安い鶏肉特有の臭みがなく、とくにもも肉はジューシー、
胸肉はあっさりしていて少し焦げ目をつけて焼いてあげればレストランさながらの美味しさ。

同じく無添加のイオンのグリーンアイの「純輝鶏」にも匹敵するくらいの美味しさです。

それもそのはず、製造元は鶏肉製品大手のプライフーズ。

自社で銘柄鶏を多く扱うメーカーさんです。

プライフーズの五穀味鳥商品ページ

まとめ やっぱりハナマサはすごい。

はい、いかがだったでしょうか?

楽しんでいただけましたか??

自炊派や主婦の方でまだ肉のハナマサのすごさを体感してない人はすぐにお近くのハナマサを覗いてみてくださいね!

きっとこれらの商品の素晴らしさが分かっていただけると思うので!

では、料理大好きのいちハナマサユーザーがお届けしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告