オナ禁ある程度達成したら腸内環境の改善に移るべき理由。ヨガとの共通点

どうも、てつです。

みなさん、オナ禁を続ける理由の大きな理由に「自己改善」がありますよね?

今日はそんな自己改善ということに焦点を当てた、オナ禁の効果を劇的にアップさせることができる方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

2ヶ月オナ禁してみたものの、、

ぼくは今この記事を書いている時点で、オナ禁75日目なんですが、前々からこのブログ上で書いている通り、2ヶ月目を過ぎたあたりからオナ禁の効果が頭打ちになっていたんですね。

他のオナ禁ブログを読むのが趣味のようになっているので、たくさんのオナ禁者の経験談に触れることができているんですが、オナ禁で覚醒した!というオナ禁者がいる一方で、それと同じくらいいるのが、「あまりオナ禁しても変わらないよ」という意見を持つ「穏健派」とも呼べるよなオナ禁者もいるんですよね。

ぼくも2ヶ月の間、気分や効果が上がったり下がったりしていましたが、だんだんとその効果や興奮もひと段落してくると、あまり特段の効果を感じなくなってきたんですよ。

なんとなく女性からみられることが多くなるといった「視線効果」や髪質、肌質改善はあるんですが、どうもオナ禁を始めた当初に思い描いていた「爆発力」みたいなものは待てども待てども一向にぼくの元には来なかったんですね。

中期オナ禁の先にあったもの

ただ、そんな中でも、かれこれ2ヶ月もオナ禁しているので、もうすっかり「しない」のが当たり前のようになってきているので、もう少し頑張ってみようかな、、もう少し続けたら、、覚醒するのかな、、そんな思いだけはあったのでリセットせずに続けることができていました。

で、待っていてもオナ禁の神は降って来ないのなら、自分で掴みに行くしかない!ということで、2ヶ月越えを境に食生活を徹底的に改善することを試みました。

少食や半日断食、炭水化物抜きダイエットなど色々と試して行くうちにある一つの真理にたどり着きます。

それは、全ての鍵は「腸」が握っているということです。

詳しくはこれらの記事で書いています。

いや〜納豆菌の世界って本当に興味深いんですね! 少食生活から始まり、腸内環境の改善に興味を持ってから、半日断食や、ベジ...
みなさん、オナ禁どうですか? ちゃんと続いてますか? それともまだオナ禁始めてないけど興味があって読んで...

ぼくらの行動は脳が決めているとどうしても考えてしまいがちですが、まずは腸内環境を徹底的によくしないと次のステップには進めないんです。

この「腸内」に目を向けられるかどうかが、闇雲にオナ禁だけを続けてマンネリに陥るか、さらなる自己改善の道にのり出せるかの分かれ道といってもいいでしょう。

少しスピリチュアルな話になりますが、ヨガの修行の一つ、「クンダリニー」の考え方だと次のステップのチャクラの覚醒には繋がらないのです。

いきなりヨガやチャクラというワードが出てきて「なんだかいきなり怪しくなったぞ??」と思ったかもしれませんが、オナ禁をする上でチャクラの概念は極めて重要で、しかもオナ禁をしているぼくらの道しるべ的なものなので、頭に入れておいて絶対に損はないです。

ヨガの概念とオナ禁を共通点!?

チャクラの基本は「クンダリニー上昇」という概念で説明できます。

チャクラは7つのツボのようなもので構成されていて、体の下の方から順に最終的に頭の上まで抜けて行って7つ全てのチャクラが開くといわゆる「クンダリニー覚醒」という状態になれるわけです。

ここで興味深いのが、修行を始めたものがまず最初に開かなくちゃいけないのが、ちょうどお尻や前立腺のあたりにあるチャクラ「ムーラダーラ」なんですよ。

これはつまり、ぼくらオナ禁者が高めている「精エネルギー」のことに他ならないんですよ!

オナ禁を一定期間することによって第一チャクラである「ムーラダーラ」を覚醒させる。

そして、この段階で初めて第2のチャクラ、つまり下腹部の方に上がったあたりの腸の部分が次なるチャクラ、「スヴァディスターナ」の覚醒に移れるわけです。

ちなみに完全にオナ禁の効果、つまり「僕らの息子達」が体の中で完全に成長して、運動能力を得るには約90日間必要です。

約3ヶ月間ですね。

ぼくは現時点でオナ禁75日目なので、少しフライング気味に第二チャクラの覚醒をさせようとしてしまっていることになりそうです。

果たしてあと二週間で一体何が起こるのか非常に楽しみであります。

二週間でさらに腸内環境を整えて来るべき時に備えます!

では。

p.s

長期オナ禁の大先輩、さおけんさんのブログでオナ禁とチャクラの記事を参考にさせていただきました。

非常に知的なオナ禁/自己啓発ブログなので、要チェックです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告