酸素系漂白剤半端ないって!黒ずんだクッションフロアの汚れの落とし方

酸素系漂白剤・過炭酸ナトリウム半端ない

いや〜…落ちました!ついに我が家のクッションフロアの長年気になっていたあの黒ずみが、、落ちましたぞ!!

しかも使ったのは高価な洗剤などではなく、アマゾンで1キロ500円で売っていた業務用的な酸素系漂白剤の「過炭酸ナトリウム」という粉末。これを水に溶かしてクッションフロア全体に撒いて、キッチン用のスポンジで軽くこすっていっただけ。

created by Rinker
ケーイーケー (KEK)
¥621 (2018/10/16 21:36:57時点 Amazon調べ-詳細)

それであっという間に、みるみるうちにクッションフロアに長年こびりついた皮脂よごれがスッキリ落ちてしまいました。。素晴らしいですな。

早速手順を画像つきで紹介していきますぞ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

クッションフロアの長年の黒ずみ汚れを落とす方法をついに発見!

アパートのクッションフロアって知らないうちに全体的に黒ずんでくるのですが、この黒ずみ汚れが今までどうしても落とせなかったんですよね。

普通のフローリング用のワイパーのウェットシートはもちろん、マジックリンやカビハイターなど、色々試しましたが、キッチン周りの油汚れや普段素足で歩いているところの皮脂よごれなど、とにかくぼくのアパートの床、クッションフロアは全体的に黒ずんでいました。

かなり恥ずかしいのですが、今回クッションフロアの汚れを落とすまでの工程をブログで紹介しようと思っていたので、まずはBefore画像を晒します。※先に言っておきます!超汚いので閲覧注意でお願いします!

ううっ…..きたねぇ。。

とにかく汚い、、、一応これでも毎日マキタのコードレスで掃除機かけているんですけどねぇ。こうして写真にとってみると現実を突きつけられますね。

毎日掃除機がけしているからって気が緩んでしまっていたのでしょうね。こんな汚い床でも毎日みているとすっかり慣れてしまっていたようです。恐ろしや。。

→マキタのコードレスクリーナーCL107FDで朝の床掃除の習慣を手に入れよう!

これをどうにかして落とせないものか…とネットで色々リサーチしていると、オキシクリーンというベストセラーになっているらしい「酸素系漂白剤」というものがあることを知りました。

created by Rinker
OXICLEAN(オキシクリーン)
¥790 (2018/10/16 21:36:57時点 Amazon調べ-詳細)

ただ、このオキシクリーンがちょっと高い….1000円くらいするんですよね。

で、さらに調べていくとオキシクリーンの主成分は「過炭酸ナトリウム」とのこと。

この過炭酸ナトリウムの粉末ならアマゾンで業務用的なパッケージで安い商品がたくさん売られていて、レビューも高評価だったので今回はこちらの粉末を買ってみました。

created by Rinker
ケーイーケー (KEK)
¥621 (2018/10/16 21:36:57時点 Amazon調べ-詳細)

たっぷり1KG入って500円くらいです。

注文して翌日には届いたので、いざ早速床の大掃除にかかります!

酸素系漂白剤を使っての作業にはゴム手袋などが必須

過炭酸ナトリウムは漂白剤ですから、素手につくとかなり手荒れしてしまうので、ゴム手袋などは必須ですな。レトロなパッケージが独特の雰囲気を醸していて愛用しているキッチン用のスポンジ「キクロン」と、大量の汚れが出ることを予測して、それを拭き取るためのキッチンペーパーもホームセンターで買い込んできました。

ちなみにカビ取りスプレーは浴室用です。

過炭酸ナトリウムの粉をお湯で溶いて床にぶちまけました…

さて、準備が整ったので、早速過炭酸ナトリウムをお湯(50度くらいのぬるま湯)に溶かしていき、クッションフロアに盛大に撒いていきます。

てかこの時点ですでに漂白され始めている気がする。

で、5分ほど放置して、スポンジでゴシゴシと擦ってくと….

おおっ!?速攻で真っ黒い汚れが落ち始めているではありませんか!!別に強くこすらなくても面白いくらいに長年マジックリンなどでも落ちなかった汚れが浮き出てきて落ちていきます。これは気持ちいいぞ….。

浮き出てきた汚れをキッチンペーパーで拭き取りながら作業を進めていきます。

大量に使ったキッチンペーパーの山。といっても6畳ほどのフロアの掃除でもキッチンペーパー1本ぶんも使っていませんけどね。

汚くてすいません….汗

汗をかきながらせっせと作業を進めていき、キッチンペーパーで大方汚れを拭き取り終わった床を見てみると….

おお〜めっちゃキレイになりました!!

ひゃっほ〜いw実に清々しい!

所々まだ黒ずんでいる場所は昔ベッドの下に防振ゴムを敷いていた時についてしまったシミなので、それらはさすがに落ちませんがクッションフロア全体の水アカ、皮脂汚れの黒ずみはほぼ完全に消え去りましたね。

仕上げには汚れ落とし+ワックス効果のあるツヤピカクリーナーという物を使用。

created by Rinker
リンレイ
¥298 (2018/10/16 21:36:59時点 Amazon調べ-詳細)

Before&afterを見比べてみると一目瞭然すぎてヤバイですな。これおんなじ日に撮ったんですよ….。

素晴らしい!素晴らしすぎます酸素系漂白剤!

created by Rinker
ケーイーケー (KEK)
¥621 (2018/10/16 21:36:57時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:慣れというのは恐ろしい

ホントに「慣れ」というのは恐ろしいものでして、ぼくのように知らず知らずのうちに汚れて黒ずんでいる床に気が付いていないのはそこに住んでいる住人だけ…なんてこと、きっとよくあると思うんです。

過炭酸ナトリウムは床の黒ずみ以外にもヤカンにこびりついた焦げ跡や油ヨゴレも落とせるそうなので、たっぷり1KGもあることだし、色々キレイにしてまた記事で紹介していきたいと思いますぞ!

【今回の掃除で使ったモノたちはこちら】

created by Rinker
ケーイーケー (KEK)
¥621 (2018/10/16 21:36:57時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:

→もう断捨離リバウンドしない!サクっとヤフオク・メルカリで売るクセをつけよう

→衣料用の洗剤使って手洗いしたら超手荒れした話[洗濯機の断捨離]

→冷蔵庫の中の汚れ具合はあなたの未来に対するお金などの不安を表す!断捨離と掃除をしよう

→マキタのコードレスクリーナーCL107FDで朝の床掃除の習慣を手に入れよう!

スポンサーリンク
LINE、Twitter、Facebook、Instagram使い放題プランが月額1,110円~!スマホ代節約&乗り換えならLINEモバイル がオススメ!今ならスマホが半年間300円で使えるという超お得なキャンペーンを開催中↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告