LCCトランサヴィア/Transavia航空の予約をしてみた。突然のフライト時間変更、荷物重量の制限などの注意点【パレルモ〜オルリー間】

どうも、てつです。

今回は、ヨーロッパで激安、格安LCC航空会社として有名な「TRANSAVIA/トランサヴィア航空」を使ってシチリア(パレルモ)からパリ(オルリー)までの航空券を取ってみたので、その時の注意点や感想など書いていきたいと思います。

電話番号の入力、発着時間の変更など、ちょっとしたトラブルもあったので参考になれば。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ポップなデザインな予約ページでさっそく問題発生?

冒頭にも書きましたように、このトランサヴィア航空、ヨーロッパの格安航空会社で50年以上の歴史がある老舗みたいですね。

今回はじめて乗るのでどんな感じなのか今から楽しみです。

まず、予約しようとホームページを開くと、、

緑と青紫を全面的に押し出したポップなホームページになっていて、とても飛行機の予約をする雰囲気じゃありませんw

やすいですね〜どこへ行くにも。

ヨーロッパの主要な観光地は網羅してますね。

ただ、空港が地味な郊外にある場合があるので注意ですね。

LCCなので、日本で例えると、分かりづらさが特徴の羽田第三ターミナル的な場所が多いです。

サイトがポップすぎて若干不安になりますが、一応50年以上の歴史ある航空会社だということをじぶんに言い聞かせて必要事項を入力していきます。

で、ここでさっそく問題発生!

当然、登場者の名前や住所、電話番号などを入力するわけなんですが、どういうわけか日本の国番号の81+からはじまる番号を入力してもエラーになってしまうんですよね。

携帯でも駄目、090の最初の「0」をとって81+90〜としても、反対に81+090~としてももちろん駄目、固定電話の番号でもエラーになって予約を受け付けてくれません。。。

困りましたねぇ。

ブラウザの問題かなぁと思い、MACでサファリ、Chrome,Firefoxで試すも出来ず、ウィンドウズでIEなどで試しても同じくはじかれます。

それならば!と最後の望みをかけて、アプリ版で予約を入れようとしてもやっぱりエラーになる始末。

しょうがないので、今回は奥の手として、フランスに住んでいる兄にお願いして兄の携帯番号を拝借させてもらいました。

そうすると問題なく予約できましたよと。

(この記事を書いていて気になったので試しに適当な便を予約をしてみると普通に入力できますね、、、一体あの時期はなんだったんでしょう?サイトのバグとかですかね?)

よくわからん。

とにかく無事に予約できたので、安心しきっていると数日後に一通のメールが届いたのでした。

予約して数日後にフライト時間変更のお知らせが届く、、

フライトスケジュールと搭乗時間の変更のお知らせ〜

さっそくきましたね!w

今回は「9:45」から「9:05」への40分前倒しという微妙なフライト時間変更。

まぁ早まる分には大してスケジュール的に問題ないのでいいんですがねぇ。

いきなりこんな感じだと不安になりますね。

また再度変更とか、直前になってあるかもしれないですね。

定期的にメールやサイトでチェックする必要がありそうです。

荷物のサイズ、重さ制限などもチェック

さぁ、あとは荷物関係の制限の確認ですね。

基本的にこういったLCCに乗るということは手荷物のみで、身軽に旅行が前提になってると思うのですが、どうしても荷物を詰め込むと重くなったり、サイズも大きくなりがちなので、ここは一応しっかりチェックしておきましょう。

空港会社によって微妙にサイズ規定が違ってきたりしますしね。

トランサヴィアの持ち込み手荷物の制限はサイズは(55 x 40 x 25 cm)、重さ10Kgまで。

コチラのような一般的な機内持ち込み用スーツケースで対応できますね。

どうやら天井のキャビンに空きがなかった場合は無料で預け荷物の方に回されるらしいです。

旅行用のポータブル計りも持っておくと良いですね。

10kgって意外にすぐいっちゃいますからねぇ、お土産や服やなんかを詰めると。

ベルト式で小さくて便利な、こんなのですね。

で、中に入れられるものですが、もちろんワインとかの液体は駄目ですよ!

LCCを利用する人のほとんど手荷物だけでのバックパッカー的スタイルの移動だと思うので、お酒などをお土産にするのは諦めましょうw

一応100mlまで、別容器にいれて液体は持ち込めるので、歯磨き粉だったり、化粧品だったりはジップロック的な袋に分けておきましょう。

どうしてもワインなどを持ち運びたい場合は、おとなしく追加料金を払って預け荷物用のスーツケースに入れましょう。

+40ユーロと、かなり割高になりますけど。。

はい、ここまででやっと出発の準備は出来ましたね。

まとめ

今回トランサヴィア航空を予約してみて分かったことは、、、

予約サイトがバグって?電話番号入力に手こずった。

フライトスケジュールが変わりやすいのでマメにメールなどをチェックしよう。

荷物制限10kgまで。けっこうすぐ越えるので注意しよう。

あとはいよいよ出発の30時間前になったらオンラインチェックインができるので、あとはBording Pass(搭乗券)を印刷して、搭乗口で見せればオッケーでしょう!

P.S カップラーメン機内で売ってるんですね〜。

旨そう。

では。



あわせて読みたい
バニラエアの予約番号が分からなくなったときはコールセンターに電話しよう。土日休注意!

G7開催!イタリアのタオルミーナの魅力と見所。【おすすめスポット】

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. […] 今回は前回のトランサヴィア航空の記事に引き続き、ヨーロッパのLCC「ライアンエアー/RYANAIR」の悪名高い?ビザチェックスタンプシステムや、荷物制限のポリシーなんかについて書いてみたいと思います。 […]