【日帰り】ヴィラアドリアーナへ行き方と感想【地下鉄とバス】

ローマからバスで噴水の芸術が美しい庭園があるティボリに行く途中に、同じく世界遺産のヴィラ・アドリアーナにもせっかくなので寄ってみました。

関連記事:

⇒[ローマ日帰り]ティボリのヴィッラ・デステの行き方と見どころ!噴水好きに超おすすめ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ティボリ観光のついでにヴィラアドリアーナにもバスで行ってみた

しかし、ココはネットの噂通り、ホントにアクセスが悪いですね〜….汗。

しかも正直園内もそこまで見所にも乏しいような….。

自然はたっぷりでしたけどね。広大な自然公園に廃墟感満載のヴィラアドリアーナの遺跡がゴロンゴロンとしている感じです。

ナポリのポンペイなどの遺跡系の観光地が好きな人にはハマるかも?

では、バスでの行き方と見所なんかを簡単に紹介していきますね。

まずはローマテルミニ駅からメトロのB線に向かいます

まず、ローマのテルミニ駅から地下鉄のB線に乗ってPonte Mammolo(ポンテマンモーロ)という駅まで行きます。

テルミニ駅からは20分くらいですかね。

このPonte Mammoloから、ティボリ行きのバスが20分間隔くらいで運行しています。

ティボリは人気の観光地ですからね。イタリアにしては珍しくバスの本数が多い方だと思います。

運行しているバス会社はCOTRALという青いバスが目印の会社です。

地下鉄を出るとすぐに案内が出ています。

↑Ponte Mammoloのバスターミナル。

バスのチケットは、バス乗り場に自動販売機も1つありましたが、ぼくが行った時には壊れていて使えませんでしたよ…。他の観光客もイラついてましたっけw

では、どこでバスのチケットを買うのかというと、エスカレータで一つ下の階に下がって行くと駅のキオスク的な売店があるので、そちらで買えます。

ティボリ行きとヴィラアドリアーナは同じ料金(2.2ユーロ)で同じ路線なので、とりあえず「Ticket for Tivori Please.」みたいな感じで言えば売ってくれます。

イタリア語なら「Un Biglietto a Tivoli per favore.」でOKですね。

ぼくは往復で2枚買っておきました。

さて、切符を買ってほどなくして、ティボリ行きのバスがきましたので、乗り込みます。

バス停まではよかった…

ここからは1時間弱ほど、田舎道を走ってきます。

こういう時にAmazonプライムに加入していると、毎月1冊無料で本が読み放題です。ぼくはKindle Unlimitedにも加入しているので、新刊などの本も読み放題。こういうスキマ時間にゆったりと読書できるのがうれしいですね。

宿で作っておいたパニーノを食べながらまったりと田舎のバスライドですな。

そうこうしている間にバスの運転手さんが「ヴィラアドリアーナに行くなら次で降りろよ〜」と親切に言ってくれていましたので、いざ、下車です。

ここからがしんどかった….。

バス停から歩き、広大な園内も歩き…正直クタクタっす…汗

ヴィラアドリアーナに近いバスの停車場で降りてから、約20分ほど歩いて、やっと園内にたどり着くことができたのですが、そもそもヴィラ・アドリアーナ自体が広大な敷地なんですよね….汗。

しかも1番の見所である有名な池?みたいなところは園内の一番端っこにあるというね…..涙。

ここにたどり着くまでにバスを降りてから1時間くらいは歩いたんじゃないかな…。

とにかく、広大すぎて、疲れてしまい、「いや〜…これならティボリのヴィラデステだけにしときゃよかったかな〜…」という若干というか、けっこうな後悔が頭をよぎりましたね、正直。

なので、サクッと主要な見所を観光して、ヴィラ・デステを観光するための体力を温存して、また園内の入り口のところに戻りました。

ちなみに入場料は10ユーロでした。クレカも使えましたね。

そして、この切符売り場のすぐそばからティボリ行きのシャトルバスが1時間に一本のペースで出ているので、帰りはそちらのバスを利用すると良いでしょう。

シャトルバスの料金は1.3ユーロでした。この切符も入場チケット売り場で一緒に買えます。

まとめ

よっぽどの遺跡フェチさんでない限りは、ここはそこまでおすすめできるスポットではないかも….。

では、次は今回のローマ郊外の旅のメインであるティボリのヴィラデステに向かいます…。

あわせて読みたい:

⇒[ローマ日帰り]ティボリのヴィッラ・デステの行き方と見どころ!噴水好きに超おすすめ!

⇒イタリアでの電車チケットの買い方&乗り方を写真多数で解説!

関連アイテム:

キンドル版の地球の歩き方はかさばらないので便利ですぞ。

created by Rinker
¥4,900 (2019/08/19 01:59:02時点 Amazon調べ-詳細)

SIMフリーのスマホなら現地の街中でも使えるので超絶便利です。この機会に格安スマホに乗り換えておきましょう。

⇒【カンタン15分で購入!】イタリアで番号付きのSIMカードを作る方法!テルミニ駅のTIMがおすすめ!

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告