ミコノス島のホステル「MycocoonMykonos」が残念すぎた。お洒落だけど機能面で難あり

ミコノス島のホテルやB&Bってどこもすごく高いのがネックなんですよね。

ミコノス観光の中心地「ミコノスタウン」から離れればまだお手頃価格の別荘などが見つかりますが、やはり交通アクセスのよさを重視して島の中心地に泊まるのが便利。

レストランやバーもあってナイトライフも気軽に楽しめますしね。

そう思って先日のミコノス滞在の時に色々調べていると、なんと港からすぐ近くの絶好のロケーションに格安で泊まれるゲストハウス/ホステルがあるではないですか!?

その名も「Mycocoon Mykonos Hostel」

ただ今回、実際に泊まってみて、色々とあまりお勧めできないポイントが見えてしまったので書いていきますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

 あまりにもベッドが狭すぎた

私の繭という意味深なネーミングからも想像ができるように、ドミトリータイプのベッドに泊まるホステルですね。

僕のようなバックパッカーや若い旅行者には嬉しいなんと20ユーロくらいで泊まれてしまいます。

ご覧の通り、入り口やエントランスの雰囲気はできたばかりということでかなりキレイです。

ただ、肝心のベッドというか、部屋自体の設計がヤバいんですよ、、、

ぼくが割り当てられたベッドがめちゃくちゃ狭くてびっくりしました。

見ての通り、狭い、、とにかく狭いし電源コンセントがあるだけで、ライトがないのがキツイ

夜にライトを使いたかったらスマホの懐中電灯機能を使ってね」という話なんでしょうか、、、

ぼくが若干閉所恐怖症気味ということもあり、これではさすがに眠れそうにないです。

部屋自体はキレイだけど基本設備に難あり

ドミトリーの部屋自体は広くて、キレイでいい感じなのですが、タオルを掛けられるようなスペースもないし、ロッカーの場所も、床に直接荷物を入れないといけないような作りで不衛生

シャワールームにもタオル掛けなどが一切ないのにはビビりました。

このホステル、ちゃんと今後運営していけるのかな?

と、思わず心配になるほどに、設計自体、ホステルとしての機能があまりにも足りない感じでした。

ダブルベッドが空いてたから、、そこで寝たよw

この写真のように、ダブルベッドなんかも一緒にあるのは発想として新しいですね。

ちなみにこの夜ぼくは先ほどの劇狭なベッドに耐えられなくなり、空いていたこのダブルベッドに移って寝ちゃいましたよw

夜は誰もスタッフがいないということだったので、まぁバレないでしょうなということで。

まとめ

2017年にできたばかりで、ぼくが今回、2017年6月に利用した時点では、ホームページに載っている「ラウンジ」や「プール」はまだ工事中でした。

特にラウンジなんかに期待していたのに、いざいってみたら、工事中だったということも、今回の滞在でマイナスに感じましたね。。

連泊の予約してなくてよかった、、というのが率直な感想でした。

ミコノスタウンの中心地に泊まるなら「スタジオエレニ/Studio Ereni」というホテル、というか貸し部屋?の方がアットホームで、屋上もあって洗濯物も干せるし断然オススメです!

レビュー記事も書いてますので、チェックしてみてくださいね↓

【レビュー】ギリシャ、ミコノス島のホテル「Studio Eleni」がミコノスタウンの中心地にあり風車も近くてオススメ!屋上テラスあり

紺碧のビーチと真っ白な街並みが魅力の「ミコノス島」 そんなミコノスの中心地に泊まりましょう! 先日行って来たヨーロッパ旅行の...

では。

ギリシャの観光お役立ち本などはこちら↓

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告