ブラウザで語学学習サイトを作るにはJavaScriptを学ばないといかんのですな

猫マックブック

先日からはじまった「語学学習アプリ/サイト作り計画」ですが、さっそく最初の壁にぶちあたっております汗

というのも、最初はアンドロイドアプリのバージョンから作ろうと思っていたのですが、途中から路線変更したくなってきたからw

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

まずはブラウザで動くHTMLベースのサイトかな

だって、アプリよりもブラウザ上で学習できるサイトを作ってしまった方がロジック的にシンプルそうだしさ、、笑

それに今のHTML5というのは、十分カンタンなゲーム的なものなら作れるという話だし。

何よりも、もともとじぶんの頭にあった「学習アプリ・サイト」のイメージはノートパソコンやスマホでも手軽に遊びながら語学を身につけられるというもの

なので、それにはやっぱりHTML、つまり普通のブラウザで動くようなサイトを作ってしまうのが一番シンプルでぼくが求めている形なんですよね。

その「ブラウザバージョン」ができてから、じっくりとその知見を生かしてアンドロイドアプリ、iphoneアプリを開発していった方がいいかなと考えております。

JavaScriptってなんや?

しかしHTMLもそうですが、JavaScriptも初心者にはむずかしいですなぁ、、汗

じぶんの思い描いているサイトを作るために覚えないといけないことが山ほどありますよ。

「ボタンをクリック・タップしたら正解or不正解が表示される」とか「クイズ形式の問題がランダムに出てくるようにする」とかね。

マジでこれらを一からプログラミングしようとすると、かな〜り凝った記述が必要になってくるんですな。

まぁ、JavaScriptを使いこなせる人からしたら「基本すぎてワロタw」って感じなんでしょうけどねぇ。

ボタンでいろいろ遊んでみてます

とりあえずボタンを押すと色々なアクションが出るようなスクリプトを書いて練習しています。

こんなのね。

あれ、、?クリックしても何も起こらないですね??

ワードプレスだと、スクリプトが勝手に消えてしまうっぽいなぁ。

HTMLファイルに書き出して、ブラウザで表示させるとクリックしたら別の文字が出るようになっているんですけどね、、、

この辺りもまだまだ謎だらけのHTML&JavaScriptですよ。

誰かに制作依頼するか、教えてもらおうかな

あんまりにもじぶんには手に負えない、複雑すぎるようなら、詳しい人に制作をやってもらう、つまりホームページ・アプリ制作代行でもいいような気がしますね。

結局難しすぎて挫折するよりは、あたりまえですがちゃんとサービスが出来上がることが大事なのでね。

それか、今流行りのTechAcademy [テックアカデミー]などの、オンラインでプログラミング学習を進めることができるような塾的なサービスに入るかですね。

まとめ

JavaScriptにしてもHTML5にしても、まだまだ勉強し始めたばかりなので日に日にできることが増えていくという「いい面」に目を向けて学習していきたいですな。

あれもできない、、これもできない、、とネガティブになっていてはいかんのです。

これもできたし、次はあれもできるようになるだろう!という成長を自分自身で楽しみながら学んでいくことが一番効率的なのです。

オンライン学習サイトを作る人なので、自分自身のプログラミング学習もなるべく楽しく、効率的にしていきたいものです。

いずれにしても今年中にはきちんとした面白いコンテンツを提供できるウェブサイトを作って、世界中から徐々にアクセスが集まり始めるようにしていきます。

「そしたらアドセンス貼ってマネタイズしまくるぜぇ〜!」

というのは、心の声ですw

では。

オンラインブートキャンプ全12コースの「ウケ放題」

【この辺の本を読んで学んでいます↓】

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告