【解決】10GBの大容量ワードプレス全データを別サーバー(Mixhost)に移転した苦労話

いや〜…けっこうハラハラでしたね〜。

なんとか無事にワードプレスブログの全データを別サーバーに移転させることができました!

4年間、ほぼ毎日のように書いてきて、写真データもあわせると、たんまり10GB分。

 

失敗して全データが消えちゃったりしたらどうしよう…汗

と、ビビりつつの作業でしたが、無事に終えることができました。

記事が画像はもちろん、テーマ、プラグインやウィジェット、CSSなどの細かい設定も完璧にコピーできてました。

すごい。

 

というわけで、これからぼくと同じようにワードプレスのサーバー移転をする人の為に、

ぼくが辿った方法を共有しておきますね。

 

wpxクラウドというサーバーから、mixhost に移転しました。 

 

使ったプラグインは、All-in-One WP Migration

FTPソフトはTransmit 5

この2つを駆使して、なんとか自力で引っ越しすることができましたぞ。

 

※ちなみに、MacOSユーザー目線での記事となります。

ウィンドウズの人は、細かい部分(FTPソフトなど)はあまり参考にならないかもです。

とはいえ、全体の流れはMacでもウィンドウズでも同じだと思いますので、よかったらみて見てください。

 

※お得情報↓

mixhost の公式サービスとして、いまならワードプレスの移転作業代行を9980円でしてくれるみたいです。

記事内で詳細を語りますが、プラグインなどに結構課金したので、最初からmixhostさんにお願いした方が安く済んだかも…汗w

詳細は公式サイトで↓↓

ワードプレスサーバー移転の全体の流れとつまずいたポイント

まず、やったことを時系列でまとめておきます。

↓ワードプレスのサーバー移転でやったこと↓
①バックアップをとる
②専用プラグイン(All-in-One WP Migration)でデータをエクスポート
③新サーバー(mixhost)にアップロード

という流れでした。

コツさえわかってしまえば、作業自体はかなりカンタンでした。

新サーバー側に新しいドメインを追加したり、ワードプレス自体をダウンロードしておく方法は、以下の記事をどうぞ。
ミックスホスト公式ブログ↓
WordPressの他サーバーからの移転方法(All-in-One WP Migrationを使用)

 

こう書くと、かなり簡単そうですが、途中でいくつかつまずきました。

つまずきポイントは以下↓

↓ワードプレスサーバー移転のつまずきポイント↓
①旧サーバーの容量限界まで使ってしまっていたので、データ移行用のデータを生成できなくて、早々に詰んだ笑。

泣く泣く、旧サーバーのプランを引き上げて対応。ムダな出費になった。②専用プラグイン(All-in-One WP Migration)を使ったのに、なぜかデータがダウンロードできない!(データが10GBと、デカすぎたことが原因?)

フリーの定番FTPソフト(CyberDuckやFileZilla)をつかうが、エラーでダウンロードできず…汗(絶望)

有料FTPソフト(Transmit 5)を使い、なんとか解決。(このFTPマジで安定してます)

③データがデカすぎたので、無料版All-in-One WP Migrationではインポートできず。

有料版を買い、解決。
7000円くらいかかったけど、さすが有料版。安定してサクッとデータのインポートができた。

という感じ。

だいぶつまずいてますね…汗w

では、時系列で説明します。

wpxクラウドからMixhostへブログデータを完全お引っ越し

まず、ぼくが契約していた旧サーバーは、Xサーバーの個人用ブランドの「wpXクラウド」というサーバーでした。

一番安い10GBの容量のプラン。

4年間、コツコツブログを書いてきたので、ある日、気がついたら知らぬ間に容量限界の10GBMAXまで使ってしまっていました。

うわ…限界まで使っちゃったよ…汗
上位プランに変更するか…

とも思ったのですが、wpxの上位プランは、10GBが20GBにアップして、お値段約1000円ほど。

 

世の中にはもっと安くて容量もたっぷりのサーバーもあります。

別サイト用に契約して使っていたミックスホストなら、250GBで月々1000円くらい。

ちょうどいい機会だなと思い、ミックスホストに自分のブログを全てまとめることにしました。

今までは個人ブログ用にwpxと、アフィリエイト用にミックスホストの2つを契約していたので、ムダだな〜とは内心思っていたんですよね。

色々なアフィリエイトサイトをなんだかんだ2年以上ミックスホストで運営していますが、トラブルもなく、快適そのもの。

なので、いよいよ乗り換えて一本化するタイミングが、wpxの容量限界によって訪れたのです。

定番プラグインAll-in-One WP Migrationをつかうものの…早速トラブル発生

で、まずはワードプレスのサーバー移転で使われる定番ソフト「All-in-One WP Migration」を使い、全データーを抽出します。

 

ここで、さっそくトラブル発生…汗。

というのも、そもそも、サーバーの10GBの容量パンパンまですでに使い込んでしまっていたので、移転用のデータを格納するスペースが、サーバー内にありませんでした…汗w

なので、All-in-One WP Migrationでデータをエクスポートしようとしても、エラーになってしまい、全然ダメ。

マジか…涙。

どうやら、All-in-One WP Migrationをはじめとする、データ移転系のプラグインは、ワードプレスのデータをエクスポートする際に、同じ容量分の空きがサーバー内にないと、ダメという仕様なんです。

これは、マジで盲点でした。

普通、サーバー移転を考えるタイミングって、容量が少なくなってきたタイミングだと思うんですよね。

それなのに、サーバーに今使ってるデータと同量の空きがないとエクスポートできないというのは、かなり不便です。

とはいえ、プラグインを使わずに、自力で移転するのはハードルが高すぎるし…。

早くも、暗雲が立ちこめます。

 

※All-in-One WP Migrationは、ワードプレスの全データを独自のファイル形式にして、サーバー内に一旦保存するので、どうしても容量が必要になるのです。

似たような移転プラグインのduplicatorなどは、圧縮してくれるので、もう少しデータ容量が少なくても大丈夫そうでした。

ですが、duplicatorの方は操作がちょっと複雑そうだったので、今回はAll-in-One WP Migrationを選びました。

くれぐれも、ワードプレスのサーバー移転は、容量に余裕があるうちにしましょう!!
容量ギリギリになってからだと、ぼくのようにムダにプランをアップグレードするハメになります!!

データをエクスポートできたものの…ダウンロードができん!

仕方がないので、wpxサーバーのプランを10GBから20GBのものに変更しました。

余計なコストがかかりましたが、仕方なし…。

プラン変更を申し込んで、翌月に20GBになりました。

うし!これでやっと移転作業ができるぞい!

 

と思って、再びAll-in-One WP Migrationで、データを抽出!!

すると、今回は、無事にデータが生成されたようです。

よかったよかった…。

では、できたファイルを、ダウンロードすればいいんだな…。

 

…って、できない!!

 

はい、またつまずきました。

今度は、生成されたデータをダウンロードできません。

なんどやっても、エラーになってしまい、ダウンロードできず。

ググってみると、同じようなエラーになっている人がけっこういました。

ようするに、データがデカすぎて、wpxのサーバー側で制御がかかってしまっているようです。

 

ダウンロードするには、FTPソフトを使う必要があるとのこと。

FTPソフトというのは、サーバーに直接アクセスして、データのやりとりができるソフトのことです。

FTPは昔何度か使ったことがあったので、さっそく無料で使えるFTPソフトを繋いでみました。

 

CyberDuckという、アヒルのロゴが若干怪しい、Macユーザーでは定番のフリーソフトです。

ちなみに、FTPで一番有名なフリーソフトである「FiliZilla」というものも試してみましたが、そちらはエラーが出てしまい、全然接続できませんでした。

FTPソフトのCyberDuckやFilezillaで失敗

CyberDuckを使って、サーバーにアクセス。

ここまでは無事にできました。

サーバー内の「wp-content>ai1wm-backups」という場所に、All-in-One WP Migrationで生成されたエクスポート用のファイル(.wpressという拡張子)があるので、それをCyberDuckでダウンロードすれば、いいとのこと。

詳しい方法は、こちらのブログ様を参考にしました。

【All-in-One WP Migration】「サーバーに問題が発生しました」エラーの原因と対処法【WordPress】

マジで助かりました。

 

うし!さっそくこのファイルをダウンロードじゃ!今度こそ!

と、CyberDuckでダウンロード開始。

 

しばらくは、いい感じでダウンロードが進みました。

が、途中、なんどやっても、エラーになってしまい、止まってしまいます…涙。

家のネット環境がしょぼいからダメなのかな?

と思い、WiFiが早いカフェ・コワーキングスペースなどに行って試みるも、やっぱりダメ。

10GBあるうちの9GBくらいまではダウンロードできるのに、最後の最後でいつもエラーが出てしまいます…。

あ〜詰んだな〜これは

 

と絶望しつつ、

「安定しているFTP」

などと、ググりまくりました。

Transmit 5というFTPソフトが鬼優秀だった

そこで見つけたのが、「Transmit 5」というFTPソフト。

有料のソフトですが、7日間なら無料でトライアル期間があるとのこと。

ワラにもすがる思いで、Transmit 5を試してみました。

そしたら…。

無事にファイルをダウンロードできた!!

 

バンザーイ!!

いや〜マジで、このTransmit 5というFTPは、めっちゃ安定しています。

UIもかっこいい

さすが、有料ソフト。

7日以上使う場合は、年間で2800円です。

ぼくは、2日くらいしか使わなかったので、無料トライアル期間に解約しましたが、FTPを今後また使うときは、間違いなくTransmit 5の有料版をポチろうと思います。

かなり最高のFTPソフトです。

Transmit 5

インポート作業はカンタンに終わった

そんなこんなで、Transmit 5のおかげで、無事に10GBのワードプレス全データが詰まったファイルを自分のPCにダウンロードできました。

あとは、新サーバー側で用意したまっさらの空っぽのワードプレスに、このファイルをインポートするだけ。

 

インポートするには、新ワードプレス側にもAll-in-One WP Migrationのプラグインだけはインストールしておきましょう。

 

All-in-One WP Migrationのプラグインを入れて「インポート」を選択。

All-in-One WP Migrationの無料版では、512MBまでのファイルしかアップロードできないので、

ここは迷わずに有料版に課金します。

69$の買い切りタイプなので、為替レートによりますが、実質7000円ちょいですね。

ぶっちゃけ、プラグインに7000円出すのは、高いっちゃ高いですが…。

All-in-One WP Migrationは、ミックスホストの公式で推奨しているくらい、信頼度抜群ですし、

ダウンロードしたりアップロードしたりするファイルも、シンプルにたった一つだけでOKなのが最大の魅力。

 

ダウンロードとアップロードだけうまくいけば、あとはほぼほぼ、何もしなくてもOKなんですな。

(ダウンロードでつまずきまくりましたけどねww)

というわけで、有料版をサクッとクレカで購入して、新サーバーのワードプレスにインストール&有効化。

無事に512MBの制限を解除。

念の為、WiFi環境が安定しているコワーキングスペースにて、アップロード開始。

余談ですが、福岡天神にある無料で使えるコワーキングスペース「エンジニアカフェ」は最高ですね。WiFi爆速です。

10GBのファイルが、30分くらいでアップロード完了。

かなりの容量なので、きちんとアップされるかドキドキでしたが、さすが有料版。

バッチリと問題なく全てのデータがアップロードされました。

アップロードが終わったら、カンタンなパーマリンクの設定だけして、移転終了。

拍子抜けするほどカンタンに、元のブログデータが完全にコピーされて新サーバーのワードプレス上で再現されておりました。

 

スゲー…All-in-One WP Migrationマジで便利すぎる

 

ということで、無事に4年間分の10GBのワードプレスデータが全て新サーバーに引っ越しできたのでした。

 

余談:

言い忘れましたが、ドメインのネームサーバーを変更するときに、一時的にアクセスが不安定になります。

これも戸惑いポイントでしたね。

どういうことかというと、

自分のブログのドメインのネームサーバーをwpxのものからミックスホストに変更するわけですが、

2時間ごとくらいに、コロコロと旧サーバーに繋がったり、新サーバーの方に繋がったりして、不安定でした。

この状態は24時間くらいで安定しました。

ドメインのネームサーバーを変更すると、だいたいこのように不安定になるようなので、もしなっても慌てなくてOKです。

「さっきまで新サーバーに繋がっていたのに、飯食ってもう一度アクセスしたら、今度は旧サーバーのワードプレスが表示されてる…」

みたいな現象がおきます。

なので、最悪、24時間〜72時間ほどは、うまく新サーバーに接続できなくて、移行作業ができない可能性もあります。

PHPやHOSTファイル?などをいじれる人は、回避方法があるようですが、上級者テクなので、あまりおすすめはできません。

 

mixhost の公式サービスとして、ワードプレスの移転作業代行を9980円でしてくれるみたいです。

旧サーバーの容量プランアップとAll-in-One WP Migrationの有料版のコストを合わせたら、最初からmixhostさんにお願いした方が安く済んだかも…汗w

お後がよろしいようで…笑。

(まぁ、勉強になったし、結果オーライww)

 

参考:

WordPressの他サーバーからの移転方法(All-in-One WP Migrationを使用)

【All-in-One WP Migration】「サーバーに問題が発生しました」エラーの原因と対処法【WordPress】

Transmit 5

 

mixhost 公式↓

月額880円からのパワフルで高速なクラウド型レンタルサーバー

今なら30日間無料で試せるみたいです↓

記事カテゴリ:ブログ運営

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

ブログ・ネットメディア運営
湿度50%
タイトルとURLをコピーしました