【2019年決定版】サーバー?ドメイン?初心者でもわかるワードプレスの作り方&始め方!稼ぐなら無料ブログよりおすすめ!

どうも、ブログでようやく少しずつですが稼げるようになってきた、てつです。

東京でサラリーマンをしながらブログを書いていましたが、ちょっと前に辞めてヨーロッパ(イタリア)を中心に長期滞在しながらブログを書いて生活しています。

パソコン一つでどこでも仕事ができるので、なかなかに自由な生活ですな。

さて今回は「わたしもブログでお金を稼ぐことに興味あるし、はじめてみたいけど、ネットなどでよく聞く『ワードプレス』ってなに?お金かかるの?はてなブログとかと何が違うの?」というポイントについてわかりやすく話ししていきたいと思います。

※この記事では詳しく解説していますが、ざっくり最初に結論としてワードプレスの始め方を超カンタンに3行で要約すると…。

1:ワードプレスとはブログ専用のアプリみたいなもの!

2:ワードプレスをインストールするサーバーを借りる!

wpXクラウド(おすすめ!月額540円)

2:ネット上の自分の住所であるドメイン(〜.com)を取得する!

ムームードメイン(年間500円〜)

結論:月に600〜700円の維持費でブログ収益化に向けたワードプレス環境がゲットできる!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

1・ワードプレスってなに?⇒ブログ専用の「アプリ」みたいなもの!

はじめにざっくりと結論から先に言うと、ワードプレスっていうのはつまり、ブログ専用の「アプリ」みたいなものと考えてもらえればわかりやすいでしょう。

ツイッターとかインスタとかって、基本的にスマホにアプリをインストールして使いますよね?そんなイメージで、インストールして使うものです。

(※ちなみにこのワードプレスをインストールするのは、パソコンでもアプリでもなく、「サーバー」という場所です。サーバーについてはとりあえず今はスルーしておいて大丈夫です。あとで説明します。)

2・無料ブログよりお金を稼ぎやすい。

2つ目の理由としてはワードプレスを使うと、無料ブログに比べて圧倒的にお金を稼ぎやすいです。

理由は後述しますが、これは覚えておいて損はないでしょう。

特に初心者ブロガーは、最初の1円でもいいから、まずは実際にブログで収益を発生させるという体験をしてみたいはず。

正直なところ、1円〜数百円だけ稼ぐのなら無料ブログでもワードプレスブログでも一緒かもしれませんが、1000円以上などの「おお〜….ブログでちょっとした飯が食えるくらいに稼げとるやん!」という感覚に早めに到達するには、ワードプレスの方が断然有利です。

無料ブログは手軽に始められるのでその点は良いのですが、運営側の独自の広告があなたのブログ記事の一番稼ぎやすい場所(ブログのトップ画面や個別記事の本文の終わり部分など)に強制的に表示されてしまうんです…涙。

その点、ワードプレスなら、自分のブログをいくらでも好きなようにカスタマイズして広告などを自由に貼れるので、無料ブログよりもお金を稼ぎやすいというわけです。

3・マッチングアプリ、ポイントサイトなど自由に色々な広告案件を紹介できる。

これは意外な盲点かもしれませんが、無料ブログって、商用利用が禁止されていたり、マッチングアプリなどを紹介したりするちょっと大人な内容(本当に些細なことだったとしも)を書くのを禁止されていたりするんです。

最悪の場合、せっかくたくさんの記事を書いて、何年も苦労して運営してきたブログが運営側の判断で、ある日急に消されてしまう….なんてことにもなるんですな。

実際に有名ブロガーさんにもそういう事例も多いですし。

特に、アメブロはそもそも広告を貼ったりすること自体が禁止だったりもします。

(↑2018年の12月からアメブロも商用利用可能になりましたね。ただ、やはり運営側の広告が表示されたり、広告の種類の制限などはあります)

他の無料ブログサービスも、地味に細かい規定があるので、そういうことに気を使いながら記事を書かなければいけない上に、上でも話したように運営側の広告はしっかりと一番いい場所に「ど〜ん」と表示されるので、全然稼げない初心者的には「なんだかな〜….」なんて思ってしまい、記事をたくさん書くモチベーションが下がりがちなんですな。

初心者ほど、色々なジャンルの記事をたくさん書いて練習するほど、自分でも気がつかなかった得意ジャンルを見つけやすくなるのに、細かい制限があるとヤル気が削がれてしまいますからね。

無料ブログで記事をたくさん書いてからワードプレスに移行はマジで大変…汗

ぼくがどうしてここまで無料ブログをワードプレスの違いを語れるのかというと、何を隠そうぼくも最初は無料ブログ(ライブドアブログ)ではじめたからです…汗。

もちろん、余計な設定などはせずに無料ではじめられて純粋に記事をたくさん書ける練習ができたことはとても感謝しているのですが、どうしても広告の表示を自分でコントロールできなかったり、あとは記事ごとにアフィリエイト広告を自動で入れ替えたりする機能などもなかったので、一刻も早くたくさん稼ぎたかった当時のぼくにも耐えられませんでした…。

関連記事:

⇒祝!ブログの一日アクセス1000PV達成!ワードプレスと無料ブログの違いを実感

しかも、めっちゃ大変だったのが、たくさん記事を書いてから結局今のワードプレスにブログを移転した時です。

その移転作業の方はマジで地獄のように大変でした…汗。

ちょっと間違えたら今までせっかく書きためたブログ記事たちが全部消えちゃうんじゃないかっていうほど、無料ブログからワードプレスへの移転は超大変です。

関連記事:

⇒Macユーザーだと無料ブログからワードプレスへの移転がかなり大変だよ。画像URLの一括取得がどうしてもできない、、

なので、どうせはじめるなら、ちょっとだけ最初の設定はめんどくさいかもしれませんが、ぜひワードプレスの方でブログをはじめることをおすすめします。

ワードプレスブログを立ち上げるためには「レンタルサーバー」が必要

さて、ではワードプレスをはじめるにはどんな準備が必要なのでしょうか?

先ほども冒頭で書いたように「サーバー」というものを借りる必要があります。

サーバー….。

「なんじゃそりゃ??IT系の知識は全然ないんだよなぁ〜あいにく…。」

というあなたでも大丈夫です、ぼくもキーボードのタイピングもまともにできないような典型的なド素人でしたが、なんとか設定できましたからw

その点は安心してください!w

サーバーってなんだ??

サーバーというのは、わかりやすくいうと、「あなたのブログ記事を保管しておいてくれる保管場所」ですね。

パソコンやスマホのストレージの、ネットバージョンという感じです。

例えば、あなたのパソコンに書いた記事をただ保存しておくだけでは、当然誰もアクセスして読んだりはできませんよね?

もしそれができたら、あなたのパソコンはハッキングされてますw

ですので、サーバー会社と契約して、あなた専用のブログ記事をネット上の誰もがアクセスできるような場所を確保するということなんですな。

これを、要するに世間では「サーバーを借りる」と言います。

アメブロやライブドア、はてなブログなどの無料ブログは、このサーバー機能も無料でぼくらに提供してくれているから、ややこしい手続きがいらないというわけなのです。

(ですが、上に書いたように無料ブログの運営会社もボランティアでやっているわけではないので、一般ユーザーが書いた記事に対して自社の広告を貼り付けたりして収益をあげているのです。)

さて、そんなサーバーですが、個人でも月額数百円から借りることができます。

しかも最近はどんどん性能が上がっていて、安いからアクセスが遅かったり、使えるできるデータ量が少ないなんてことはありません。

月額540円で最新のSSDサーバーが使えるwpXサーバーが一番おすすめ!

ぼくが使っているのはwpXクラウドという名前のサーバーですが、これはなんと月額540円ですし、運営しているのも有名ブロガーがこぞって愛用しているエックスサーバー という会社ですので、最新の技術で運営されています。

ブロガーで有名なあんちゃさんや、ブログ運営に関するノウハウをかなり細かく無料で公開してくれている「ヒトデブログ」や「バズ部」さんも、エックスサーバー の愛用者ですね。

超有名ブログなのに、ぼくと同じwpXクラウドで運営されている方々もたくさんいますので、540円ではじめられるし、ぼくみたいな一般ブロガーには十分すぎるほどです。

色々調べましたが、初心者でとにかくブログでお金を稼いでみたい!それも月に数百円とかじゃなくて、数千円〜数万円、さらにはブログで食っていけるくらいの規模にまで頑張りたい!というあなたは、月に540円のwpXクラウドが安くてパワフルでベストな選択肢かと。

公式サイト⇒【wpXクラウド

wpXクラウドの唯一の欠点とは?

wpXクラウドの唯一の欠点としては、「ワードプレスを1つしか運営できない」ということでしょう。

エックスサーバー直系の高品質な機能を、一つのワードプレスサイトに絞っているからこそ、安い値段なわけなので、将来的には2〜3つのブログサイトをたくさん運営していきたい!というニーズには向きません。

そういう方は、本家のエックスサーバー を契約するといいでしょう。

こちらならたくさんのワードプレスのサイトを運営していけます。

実は料金もそこまで高いわけでもなく、月額975円〜。

ぶっちゃけそこまで大差ないかもですが、その辺はあなたの目的に合わせて選んでみてください。

サーバー選びでの結論としては、一つのブログだけで十分なら

wpXクラウド

将来的に色々手広く運営していきたいなら

エックスサーバー

ということを覚えておけば間違いないでしょう。

サーバーと一緒に自分のブログの「ドメイン」もゲットしよう

さて、サーバーを契約するには、「ドメイン」というものも取得する必要があります。

「サーバーの次はドメイン??また出たよ専門用語…」と思っているかもしれませんね…汗w

もうちょっとだけお付き合いください…汗。

ドメインはサーバーよりももう少しシンプルなので、サクッと説明させてください。

ドメインってなんだ?

ドメインとはズバリ、

「〜〜.jp」や「〜〜.com」みたいなウェブアドレスの「〜〜」の部分のことです。

あなたオリジナルの「〜〜」の部分をドメイン会社を通じて取得することで、あなたのブログ専用のアドレスを手に入れることができるのです。

〇〇.comみたいな自分のアドレスがあるなんて、なんかかっちょいいでしょ?

このドメインを取得するには、ムームードメイン (GMO系列)やお名前.com(これまたGMO系列)などのサービスを使います。

年間数百円のドメイン使用料を払って、あなたのお好みのアドレスを作れるんですな。

当然ですがnike.comやapple.comなどの、もうすでに使われている文字列のドメインは取得できません。

逆にいうと、あなたが一度お気に入りのドメインを取得すれば、年間数百円を払うだけで(年間ですよ、月間ではなく)半永久的にそのドメインをあなたのブログだけで使えるようになるんですな。

ちなみにぼくのブログのドメイン「humidity50.com」というのも、ムームードメインで540円くらいで取ったものです。

他にもぼくの本名のtetsuhagiwara.comやhagiwaratetsu.comも取っていたりもしますね。

今はこれらのドメインは使っていないですけど、気分的に自分の名前のドメインを保持しておきたいという思いからですね….w

年間で数百円、月換算だと数十円の維持費ですし。

公式サイト⇒【ムームードメイン

まとめ

サーバーと、ドメインという2つの要素を説明してみましたが、いかがだったでしょうか?

ちょっと難しかったかもしれませんね…。

でも、あなた独自のワードプレスブログをはじめられるというゴールはすぐそばです!

というか、好きなドメインを取って、サーバーを借りて、ワードプレスをインストールすればブログの下準備の9割ほどは終わったも同然だからです。

wpXクラウドはその名の通りワードプレス専用のサーバーサービスなので、自動的にワードプレスをインストールしてくれる、というかぼくの記憶が正しければ契約した時点でもうすでに勝手にワードプレスが入っていたような気がします。

ですので、これだけでもうあなたのワードプレスブログをはじめられるほどカンタンなんですな。

今回の記事では、サーバー(おすすめは安くて高性能なwpXクラウド)とドメイン(ムームードメイン )について、ざっくりと話してみました。

次回の記事では最後のステップである「ワードプレスの『テーマ』ってなに??色々あるけど、どれにすればいいの?」ということについて語っていきますね。

あなたのお好きなドメインをゲットして、サーバーも契約してまっさらなおニューのワードプレスを手に入れたら、次の記事も参考にしてみてください!

あわせて読みたい:

⇒海外旅ブログ&YouTuberとして稼ぐための方法とは?1日の作業時間配分を考えてみた!

⇒旅しながら仕事して稼ぐ!自由に暮らすならブロガーがおすすめな理由と始め方!

⇒結局、初心者でもできるブログで稼ぐ仕組み&方法って具体的になんなのよ?

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告