ヤマハの安い弦からサバレス カンティーガ プレミアムとオプティマ弦に張り替えたので音色比較

手持ちのクラシックギター(フラメンコ)の弦がだいぶ消耗していたので、 サバレス カンティーガ プレミアムとオプティマ弦に張り替えてみました。

 

6〜4弦にサバレス カンティーガ プレミアム510CRP

3〜1弦にオプティマNo.6

という組み合わせです。

これは、クラシックギター専門店のイチオシの組み合わせということで購入してみましたが、よいですね。

 

【カンティーガプレミアムとオプティマの組み合わせ】

 

 

3ヶ月ほど前に、ヤマハのCG182SFというフラメンコギターを買って、元々張ってあった弦(おそらくヤマハNS110?)でずっと弾き込んできましたが、さすがにボロボロに錆びてきたので、交換しました。

 

最初に張ってあったヤマハの弦に比べて、かなり迫力のある音になりましたな。

張り替える前と張り替えた直後、そして一日経ったあとの音を録音してみましたので、この記事では音色の比較をおこなっていきます。

 

オプティマ弦は珍しいと思いますが、サバレスのカンティーガ プレミアムは有名なので、ぜひあなたのクラシックギター、およびフラメンコギター弦選びの参考にしていただければと思います。

ヤマハの弦からサバレス カンティーガ プレミアムとオプティマ弦へと張り替えたので音色比較!

それではさっそく張り替えていきます。

1〜3弦はオプティマのNo.6ミディアムテンションのナイロン弦。

ドイツの弦メーカーらしいです。

マンドリンの弦で有名みたいですが、クラシックギター弦でも隠れた人気があるそうです。

最初についていたヤマハの弦NS110よりもかなり太めですね。

とくに3弦がかなり太い。

 

6〜4弦はサバレスのカンティーガ プレミアム。

こちらは超ド定番のフランス製の弦です。

ノーマルテンションです。

通常のカンティーガよりも長持ちしてくれるみたいです。

とくにコーディングなどはしていない模様。

シルバーでキレイな弦ですね。

当たり前ですが、開封してみても、サビなどは当然なし。

まずは元々張ってあったNS110を外す

では、まずは元々張ってあったヤマハのNS110を外します。

この写真の通り、4弦がほぼ崩壊寸前…汗w

錆びるのを通り越して、ラウンド弦の芯が見えちゃっておりますw

こうなると、もはやチューニングやピッチも全く合わなくなってきてしまい、コレはもうダメだなと。

 

張り替える直前の音はこんな感じ↓

全体的にボヨンボヨンと、芯のない音ですね…。

まぁ…コレはコレで、味わいはありますけどね。

とくに1〜3弦のナイロン弦は、3ヶ月張りっぱなしでしたが、割としっかり鳴ってくれております。

NS110も悪くないですね。

 

で、さっそく弦を交換。

このフラメンコを買ってから初めての弦交換だったので、若干緊張しましたが、

無事にうまく張ることができましたぞ。

やっぱり新しい弦は気持ちがいいですな。

 

弦交換の仕方は、以下のユーチューブ動画さんが大変参考になりました↓

弦の張り方と簡易メンテナンス

 

弦交換直後の音と1日経過後の音色比較

では、サバレスのカンティーガプレミアムとオプティマ弦の音がこちらになります。

【弦交換直後】

低音弦の色気が最高ですね〜。

いかにも、おフランス製っぽいオシャレな雰囲気になっているような…w

【1日経過後】

1日経つと、低音弦が落ち着いてきて、逆にオプティマの高音弦の鳴りが目立つように。

バランスが整ってきて、非常にいい感じですな。

【各弦の具合】

やっぱりちょっと3弦のこもり感だけ少し気になりますかね…。

 

【1〜3弦のビブラート】

オプティマ弦はビブラートがめっちゃかけやすいですね。

指先で軽くシェイクしてあげるだけで、面白いように揺れてくれます。

 

最後に、比較のために、ヤマハ弦の音を再度掲載↓

【弦交換する前のNS110の音】

 

【総評】サバレスのカンティーガプレミアムは流石の色気

さて、張り替えた直後の感想ですが、

低音弦のサバレスは、以前に張ってあったヤマハに比べて、なんともいえない色気のある音色に変化しました。

ブライトで音量も大きいのですが、かといって余計な低音はあまり出ないので、スッキリとした印象。

オプティマの高音弦は、3弦がややこもっている感じはするものの、ヤマハNS110に比べて、しっかり芯があって甘いトーンに変化。

とくにビブラートのかけやすさ&かかり具合の違いには感動しましたね。

面白いほどによくビブラートがかかってくれます。

 

サバレスのカンティーガプレミアムの耐久性については、まだ張り替えたばかりなので、不明です。

今後、また1〜2ヶ月使ってみて、追ってレビューしてみたいと思います。

 

というわけで、今回は、ヤマハのフラメンコギターの元々の弦を

低音弦→サバレスのカンティーガプレミアム

高音弦→オプティマのNo.6

に張り替えてみて、音色をチェックしてみたよ〜

という記事でございました。

 

サバレスの低音弦の鳴り方が色気たっぷりで、オプティマのプリッとした音色もとても気に入ったので、大満足でございます。

あわせて読みたい人気記事!

⇒クラシックギターのサドルを交換して音質のこもりを解消しよう!

⇒クラシックギター用ワンタッチカポタストが便利すぎておすすめな件

⇒賃貸マンションOK!穴を空けない壁掛けギタースタンドが優秀すぎておすすめな件

記事カテゴリ:ギター

【無料】いまならアマゾンのハイレゾ聴き放題サービスが無料で30日試せる

ちなみに、皆さんは普段、音楽をどのような媒体で聴いていますか?
mp3?CD?レコード?
ハイレゾ超高音質で7000万曲以上聴き放題のアマゾンのサービスがヤバイです。

ハイレゾ音楽のサブスクなら、アマゾンミュージックアンリミテッドHDが断然おすすめ。
オーディオマニアに最強と言われることが多いデータ方式「FLAC」の音源ソースで、あらゆるジャンルの音楽が聴き放題で、月額1780円。
控えめにいって、めちゃくちゃお得です。

バフッ!バフ...!っとバスドラムの皮が揺れる感じとか、シュワワ〜っとシンバルの超高音域が全然潰れないクリアーな世界...。
ドキッとするようなボーカルの生々しさや息づかい、各楽器のディテール、ステージの臨場感などがありありと目の前で展開されます。
腰抜かすレベルで感動しますよ...。

月にアルバム1枚を購入するよりも安い金額で、新作から往年の名盤まで、邦楽も洋楽も無制限・無広告でハイレゾ音質で楽しみまくれます。
自分だけのプレイリストを作ってニヤニヤすることも可能。
いまなら30日間無料で試せるキャンペーン をしています。

アナログ派の人も、MP3派の人も、
ぜひこの機会に、ハイレゾサブスクの世界のヤバさを体感してみてください。
無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。
超お得なキャンペーンなので、まだ未体験の方は、ぜひ登録しておきましょう↓

\無料でアマゾンのハイレゾ音楽サービス「Amazon Music Unlimited HD」を試してみる/

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

ギター/楽器演奏
湿度50%
タイトルとURLをコピーしました