イタリアで切りたて生ハムやチーズなどの食材を買うならスーパー「PAM」が便利!

いきなりこの写真ですが、超美味しそうじゃないですか?

これ全部、イタリアのスーパー「PAM」で買ってきて、ホテルの部屋の中で一人宴会?をした時のものなんです。

さっそくですが今回は、この「PAM」というイタリアのスーパーの魅力について語ります!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

イタリア各地にある大手スーパー「PAM」

この「PAM」というスーパー、イタリアの大手チェーンなので色々な街にあり、非常に便利なんですよね。

ローマでもお世話になったし、ヴェローナでも大変お世話になった。

貧乏旅行に強い味方!というか、毎日レストランやトラットリアでがっつり食べてたら、普通に食いすぎになるし、なんとなく気疲れもしませんか?

なので、そんな時はホテルの部屋でこうして食材を買い込んで、ホームパーティー風に楽しむのも旅のいい思い出になるんですな。

 生ハムはその場でスライスが基本!

このPAMのいいところは、何と言っても安くて美味しい食材が簡単に手に入ることにつきますね。

雰囲気的には日本で言うところのイオンとかヨーカドー的な立ち位置でしょうね。

でも、さすがは美食の国イタリア、生ハムなどは基本的に注文してからスライスしてくれます!

切りたての生ハム、プロシュットって、最高に美味しいんですよねぇ〜w

さっそく注文してみましょう!〜プチイタリア語講座〜

棚にあるたくさんの種類の肉類を選んで切ってもらうのですが、イタリア語で注文とかよくわからん!と言う方はとりあえず「プロシュットディパルマ、クルード、チェントグランミ!ペルファボーレ」といえばパルマ産の生ハムを100gお店の店員さんがスライスしてくれるでしょう。

  • Prosciutto di Parma = パルマ産のハム
  • Crudo = 生(生ハムの他に加熱ハムはコット、Cotto)
  • Cento grammi = 100グラム

この3つの単語で本場の生ハム、ゲットです。

200g欲しい場合はDue Cento=ドゥエチェントと言い換えれば、たくさん山盛りの生ハムが買えます。

この記事の一番最初の写真は、PAMで買った200gのトスカーナ産生ハムです。

一人で食べきれなかったので、翌日の朝飯に自作パニーニを作りましたよw

めちゃくちゃ安いからびっくり

だいたいパルマ産の生ハムはどこのお店にも置いてあるでしょう。

「PAM」はイタリア全国大手スーパーなのですが、ぼくがお世話になったヴェローナ店では、ちゃんと「ヴェネト産の生ハム」が売られていましたので、地域性も大事にしているのですな。

値段も100gで2〜3ユーロほどという爆安価格!

300円くらいで買えちゃうという贅沢、ぜひイタリアに旅行した際はスーパーで生ハム、ゲットすべしですよ!

彼女や新妻の前でイタリア語で生ハムを注文すれば、あなたを見る目が変わること間違いなし!?w

お魚やチーズもなんでもござれ

なかなか旅行中は生のお魚を買って料理するのはハードルが高いと思いますが、見るだけ見てみましょうw

たくさん新鮮な魚がこれまたどれも美味しそうですね〜。

イタリアに住んだらガンガン自炊が捗りますな。

他にもチーズなんかもぼくら日本人から見ると、ものすごく安く感じます。

ナポリ産のモッツァレラチーズブッファラ(水牛のチーズ)も2、3ユーロ出せば500gほど買えちゃいますからね。

主要都市のPAMの位置、ご案内

では最後にぼくが行ったことのあるPAMの場所をグーグルマップを使ってさらっとみていきます。

ローマ〜ナヴォーナ広場近く〜

ヴェローナ〜円形劇場そば〜

特にヴェローナのPAMはかなり大きくて品揃えもよく、立地も最高なのでオススメですよ。だいたいみなさんヴェローナに宿泊する際はこの辺りでしょうし。使えます。

まとめ

もし、あなたが泊まっているホテルの周りにもあるかどうか知りたかったら、グーグルマップを開いて「PAM」か「PAM Local」と検索してみましょう。

出てこない場合は、「Supermercato」と検索すれば「スーパーマーケット」がたくさん検索できます。

イタリアの大手チェーンではこの「PAM」の他に「Simply」というスーパーが有名でたくさんあるので、滞在先の近くにある場合はこちらも利用してみましょう。

では。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告