【コラム】学校のマスク着用に対して保護者たちが文科省に不満

【コラム】学校のマスク着用に対して保護者たちが文科省に怒っている件

Twitterで

#文科省はマスク推奨を撤回して

というハッシュタグがトレンド入りしていました。

 

学校でのマスク着用が長期化する中、さすがに親から不満が溜まっているようです。

もう3年か…。

ずっとマスク着用生活を強いられている子供たちはたしかに悲惨ですよね。

マスク生活も3年目。さすがに保護者たちにも不満が募る

マスクだと表情を読み取りながら成長する機会も奪われるし、消毒+マスクでほぼ無菌状態で過ごすということは、将来的に風邪にかかりやすくなったり、ウイルスに対して脆弱に育ってしまう可能性もありそうです。

子供のメンタル面にもかなり影響ありますよね。

 

そこで

「文科省が出しているマスク推奨を撤廃してくれ〜!」

と一部の保護者たちがTwitter上で声を上げているという状況。

 

ぼく自身、この主張はめちゃくちゃ同意できます。

ぼくも子供がいたら、絶対マスクとか四六時中させたくないと思いますね。

文科省の中の人の気持ちもそれはそれでわかる

ただ、文科省の人の立場になって考えてみると、

それはそれでなかなか「マスク外してください」と言えないという気持ちもわかります。

 

もしマスク外させて、それで子供がたくさんウイルス感染した!死人が出た!

なんてメディアに報道されたら、一瞬でキャリアが吹き飛びますからね…。。

 

というわけで、官僚側としては

具体的に叩かれるようなリスクがないような方向

で物事が進みます。

WHOなどの海外組織が収束宣言をしない限り、安全側という基本スタンスは崩せないでしょう。

物事を変えたかったら、地域住民の連帯しかないけど…

市民はお上の意思決定に従い、行動できずにいる。

お上の意向に反して行動して何か起こった時に、叩かれるのが怖いから。

 

お上もお上で、市民から叩かれるリスクは避ける。

 

結局お上も市民も、叩かれるリスクを避けて行動しているというわけです。

 

こういう現状を変えるには、

地域市民が団結して行動を変える

しかないんじゃないですかね。

 

とはいえ、一部の市民が団結して行動しても、

なんか変なことやってる〜

と白い目で見られるという市民同士の足の引っ張り合いが発生してしまうのが日本人の悲しいところ…汗

なので、根本の根本を変えるには、やはり遠回りですが義務教育での制服文化撤廃に行き着くんですよね。

制服文化が多様性を認められない大人を大量生産しているわけですから。

 

中高の制服を撤廃しない限り日本人の奴隷マインドセットはつづく
いまの日本の閉塞感はほんとヤバいですよね...。 経済的にも先進国からどんどん脱落しているし、労働環境は最悪。 長時間労働している割には貧乏...というかなり微妙な状態。 サービス残業は当たり前で、人と違った意見を...

 

Twitterは日本全国で場所にとらわれずに意見を発信したり連帯できるという点ではすばらしいのですが、やはり「地域性」が薄いので、現実社会との温度差があります。

しかも日本のTwitterの場合、匿名アカウントがほとんどなので、どうしてもフワッとした空論になりがち。

 

学校での過剰なマスク騒ぎのような社会問題を変えていくには、

①WHOなどの国際機関の発表を待つ

もしくは

②地域市民が連帯して地域レベルで独自に行動する

の2択しかないんじゃないのかなと。

 

文科省などのお役所は、おそらくWHOのような「さらに上に責任を押し付けられる対象」が動かないと、怖くて態度を変えられないでしょうから。

まとめ:デモやストライキなどのリアルな抗議のチカラを見直す

#文科省はマスク推奨を撤回して

という主張はすごいわかるんだけど、やはり現場レベルで「議論」して現場が団結して行動できるようにならないとこの先も同じような問題でつまずく気がするんですよね。

地域市民が議論して連帯して抗議行動。

そういう意味でもフランスでよくあるストライキなどは意味があるんだろうな〜

とあらためてフランスなどの自由主義の国のチカラを再確認するのでありました。

 

議論ができない市民は、残酷だけどかなり脆弱ですよね…。

隣人がどういう考えを持っているのかわからず、メディアが発信する情報が国の大多数の意見だと思わされてしまうわけですから。。

疑心暗鬼になってしまい、結局メディアにコントロールされてモヤモヤしつつ、時が流れていく。

こういう状況はやはり不健全ですよね。

 

SNS全盛期のネット社会で便利になりましたが、

地域社会での対話や議論のチカラを軽視してしまうと、実社会の問題解決はかなり難しいんだな〜と思わされる今日この頃です。

よく、デモやストライキを馬鹿にする人がいますが、市民が連帯しているということを意思表示できる有効な方法です。

日本人ももっとカジュアルに問題提起や議論できるようになった方が、自由な社会になると思います。

日本人の多くが自由を求めているかどうかは、また別の話ですけど。

 

中高の制服を撤廃しない限り日本人の奴隷マインドセットはつづく
いまの日本の閉塞感はほんとヤバいですよね...。 経済的にも先進国からどんどん脱落しているし、労働環境は最悪。 長時間労働している割には貧乏...というかなり微妙な状態。 サービス残業は当たり前で、人と違った意見を...

 

参考書籍

created by Rinker
¥382 (2022/12/01 12:32:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
NHK出版
¥1,650 (2022/12/01 12:32:45時点 Amazon調べ-詳細)

【お得情報】
アマゾンの電子書籍読み放題サービスが、いまなら無料お試しキャンペーンを実施中! 無料で1ヶ月間、雑誌やマンガ、本をスマホやタブレット、PCで読み放題です。 ↓いますぐアマゾンKindle Unlimitedを無料で試してみる↓
\無料で1ヶ月お試し!Kindle Unlimitedはこちら/

【これからアマゾンで買い物する人へお得情報】
・アマゾンプライム会員になれば、たとえ安い商品でも送料無料 ・お急ぎ便対応商品なら最短で当日にお届け ・会員限定セールが激安 ・海外ドラマや映画も見放題 いまなら30日間無料で試せます。
無料期間内に解約も可能。
いますぐ登録すると人生が快適になります↓
\無料で1ヶ月お試し!アマゾンプライム会員に申し込む/

 

あわせて読みたい人気記事↓

非合理を愛する日本人がマスクを外せない3つの理由【世間体・恐怖・一体感】
海外ではほとんどマスクをしている人はいない。 なのに日本人はいまだにマスクをほとんどの人が着用している。 これってなんでなんでしょうね...? ずっと疑問だし、いくら考えてもイマイチ明確な答えが出なくてモヤっとして...
【読んだ感想】22世紀の民主主義:成田 悠輔【養分国家ニッポンの未来?】
話題の新書、 22世紀の民主主義 選挙はアルゴリズムになり、政治家はネコになる (SB新書) 成田悠輔:著 を読んでみました。 かなり面白い本でした。 内容をざっくりと要約すると以下の3...
【無料で聴き放題】Audibleでおすすめの英語オーディオブック教材7選【初心者〜中級者向け】
Amazonが運営しているオーディオブックアプリのAudibleがついに聴き放題になりました。 英語学習者にとってめちゃくちゃ便利なオーディオブックが大量にあるので、すごくオススメです。 このページでは、主に英語初学者〜...
【おすすめ】Amazon Audibleで聴ける自己啓発オーディオブック7選
Amazonのオーディオブックサービス「Audible」 2022年1月から念願の聴き放題プラン解禁となりました。 そこで今回はAudibleでも特に人気なジャンルである自己啓発系のおすすめ作品7つをまとめました...
【話題の新刊の書評】サイコロジー・オブ・マネー【お金版ファクトフルネス】
『サイコロジー・オブ・マネー――一生お金に困らない「富」のマインドセット』 という本を読みました。 非常に示唆に富んだ内容で、面白かったです。 金融x心理学という感じの本ですが、 世の中の真理、成功法...

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

気まぐれコラム
湿度50%
タイトルとURLをコピーしました