腰痛も吹き飛ばす納豆ご飯のパワーがすごい!腸内環境改善日記。

最近は腸内環境を整えること、腸の勉強に夢中になっているわけなんですが、先日ふとしたきっかけで久しぶりに「納豆ご飯」を食べたら、ことの外体調がよくなったので、納豆ご飯をちょっと見直しちゃいました。

なので、今日はこの「納豆ご飯」の魅力を語っていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

少食のリバウンドで飲みすぎてしまう

そう、最近はじめた少食生活なんですが、この間、久しぶりに飲みすぎてしまいまして、、

なんでしょう、やっぱり少食のストレスが地味に溜まっていたんでしょうね。

ちびちび飲もうと思って買ったワインボトルが気づけば空になってしまい、さらにワインとともに通常の食事の他にナッツ系のおつまみなんかもぽりぽりと食べてしまう自体に。

で、案の定翌日は二日酔いと、食べ過ぎとアルコールの摂りすぎに伴う腸の腫れ?のせいでいや〜な腰痛が発生していたんですね。

こういう風に、食生活が乱れたことで発生する腰の痛みを経験すると、改めて飲みすぎ、食べ過ぎが、慢性的な腰痛の原因になっているんだなぁと思いますね。

納豆ご飯は最強の食事?

で、その日は仕事だったんですが、昼飯の時間になって飯を食べるべきか、抜くべきかすごく悩んだんですよ。

二日酔いな訳ですし、前の日も遅くまで食べていましたからね。

でも、そうやって昼飯抜きをしたりすると、また知らず知らずにストレスが溜まって、暴飲暴食に繋がるのかなぁとも思い、少しだけでも食べようということになったんです。

で、社員食堂のメニューに焼き鯖定食的なものがあったので、それをチョイス。

さらに普段社員食堂では匂いを気にしてあまり食べない納豆も食べてみたんですね、その日は。

納豆ご飯と焼き鯖というなんともオーソドックスなスタイルのご飯を食べたわけです。

で、その納豆ご飯がなんかやけに美味しいな〜と思ったんです。

普段は家で納豆をよくそのまま、ワンパック食べることが多いんですが、ご飯と一緒に食べると、改めて納豆のネバネバが米粒一つ一つに絡んで最高だなぁと思ったんですね。

サクッと30分くらいで食べ終わって休憩じかん残りの30分は昼寝。

そしたらですね、そのあとどんどんと体調がよくなってきたんですよw

3時間ほど経過すると、体は軽いし、腰の痛みはなくなるしで、不思議なくらい体調が旧改善し始めたんですよ。

マジで最近の少食生活を始めてから以来の体調のよさ。

これはもう、納豆ご飯効果と言って良いんではないでしょうか?

腸内菌改善と筋トレ効果に期待

そんな納豆ご飯効果を経験したので、ぼくの腸内の菌たちは納豆が好きなのかなぁという仮説を立てていますw

しかも納豆だけではなく、ご飯と一緒に食べると威力を発揮するらしいという仮説も。

幸い、納豆とワインの相性は最悪なので、夜ご飯を納豆ご飯中心にすれば、自ずとワインを飲みすぎてしまう癖も無くなりますな。

また新たな自分の体を使った実験?を始めていきたいと思います。

これで腸内善玉菌がたくさん増えて、大豆からのタンパク質のおかげで筋肉もつきやすくなったら最高だなぁと期待しています!

では。

スポンサーリンク
LINE、Twitter、Facebook、Instagram使い放題プランが月額1,110円~!スマホ代節約&乗り換えならLINEモバイル がオススメ!今ならスマホが半年間300円で使えるという超お得なキャンペーンを開催中↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告