福岡移住9ヶ月経ってわかった12のメリットとデメリット【一人暮らし】

「福岡って住みやすいって評判だけど、ホントに?」

「具体的にどのエリアが住みやすいの?」

これらの疑問に、東京から移住してきて9ヶ月目の独身一人暮らしフリーランサー(男)がお答えします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

福岡市内に単身移住してみてわかった12のこと

福岡に移住してきて、かれこれ9ヶ月が経ちました。

結論!

いや〜…マジで快適ですよ、福岡!

ウワサ通り、めちゃくちゃ住みやすくて大満足しております!

とはいえ、ちょっとしたデメリットなども、あるにはあったりもするので、その辺も交えてお話していきたいと思います。

まず、メリットとデメリットを列挙しておくと、以下のような感じ!

【福岡暮らしのメリット】

  • ほどよく都会なので飽きない
  • 気候がいい!暖くてポカポカ
  • 食べ物がおいしい!安い
  • 中心部でも家賃が安い
  • 自然が豊か
  • チャリがあれば大抵どこでもいけるコンパクトさ
  • バスや地下鉄も発達
  • 女の子がかわいい(マジ)
  • 人がおおらか

【福岡のデメリット】

  • 寒暖差が激しい
  • 空港近いけど、正直あまり使わない
  • 専門店が少ない

という感じですね。

では、一つずつ解説します。

福岡暮らし9つのメリット

ほどよく都会なので飽きない

福岡には、博多と天神という2大商業タウンがあります。

博多と天神のちょうど真ん中あたりには、歓楽街として有名な「中洲」もあります。

イメージ的には、博多は、東京で例えると、東京駅とか、品川とか、そんな感じ。

一応遊ぶところもあるにはあるけど、基本的にはオフィス街。

一方天神は、新宿や渋谷、池袋みたいな雰囲気で、若者から老人まで、買い物客で常に賑わっています。

で、中洲は歌舞伎町とか、五反田みたいな、完全な歓楽街。

距離感としては、

博多⇒中洲 徒歩15分ほど。

で、中洲⇒天神が、徒歩15分ほど。

つまり、博多から天神まで、歩きでも30分くらいで廻れるということです。

一人暮らしにオススメは天神周辺

ですので、一人暮らしをするなら、天神に近ければ近いほど、かなり快適な都心生活ができます。

博多駅周辺もマンション街ですが、正直あまり一人暮らしにはオススメできませんかね…。

というのも、やはり、遊ぶスポットが天神中心に広がっているので、博多だと、ちょっと遠いんですよね…。

福岡の若い人たちは、だいたい天神で遊んで、飲んで…というパターンが多いです。

ですので、ベストな住居は、天神から歩きか、シェアサイクルのメルチャリ(最近『チャリチャリ』に名前が変わりましたね)で帰れるエリアが一番です。

この、「住みやすいおすすめのエリア」については、後半でまた語ります。

気候がいい!暖くてポカポカ

やはり福岡はあったかいですね〜。

東京などの関東圏に比べて、あきらかに太陽の日差しのパワーが違います。

夏本番は、ギンギンの太陽が降り注ぎ、南国ムードを満喫できます。

日焼け止めを塗らないと、一瞬で日焼けできるレベルに日差しが「痛い」ですので、女子は要注意ですね。

冬でも天気のいい日はホントにポカポカしているので、思わず「春かよ…」とつぶやくほど。

食べ物がおいしい!安い

福岡といったら、食べ物がおいしい街として、全国、いや、世界的に有名。

外食しても東京よりも安くてボリュームたっぷりの場合が多いので助かります。

スーパーのお魚・お肉・野菜コーナーも、かなり充実していて、自炊派には最高です。

スーパーではなく、個人の八百屋さんなどもたくさんあるので、そちらで買うとさらに安く色々な旬の食材をゲットできます。

ただ、個人的には東京時代に愛用していた「肉のハナマサ」が九州にはないのが、ちょっと残念かもですね。

福岡市内のスーパーは、イオン系のマックスバリュや西鉄グループのレガネット、西友系列のサニーの三つ巴状態です。

天神周辺には、正直、格安・激安系のスーパーはあまり多くないのが現状。

強いて言えば、西友系列のサニーが一番安いかな…。

東京の「業務スーパー」「OKストア」などの激安チェーンはないので、スーパーで買い物すると、意外にも高くついたりすることも。

激安の八百屋さん「かいぶつくん」などを利用して、野菜などを安く入手するといった一苦労が必要です。

あと、意外にも、お魚屋さんも少ない印象を持ちました。

東京は、築地があるので、下町を中心にして、そこら中にお魚屋さんがありますが、福岡の中心部には、鮮魚店が少ない印象。

あっても、ホントにこじんまりとした個人商店さんなので、ちょっとお値段が高め…。

東京御徒町の吉池のような、お魚専門の激安品から高級品まで取り揃える大きなお店がないのが、残念…。

天神三越の地下のお魚屋さんは、高級品が目白押しですけどね。

中心部でも家賃が安い

家賃の安さは、マジでヤバイっすよ。

ぼくは天神まで自転車で15分、大濠公園(ジョギングコースがあるキレイな公園)近くのオートロック付きマンションに住んでいますが、

なんとお家賃、

3万8千円(水道代込み)

ですからねw

まぁ、けっこう築年数が経っているボロ目のマンションですけどね…汗。

天神徒歩圏内で、普通にキレイなオートロックマンションでも、5万円出せば余裕でたくさん見つかります。

6万円出せば、新築のワンルームマンションとかも普通に出てきます。

東京ではありえないですよね…。

東京の家賃相場の、だいたい3割安いような感覚かな。

東京だったら7万円するワンルームマンションが、福岡だと、5万円みたいな。

自然が豊か

この投稿をInstagramで見る

こまち(@komachi5963)がシェアした投稿

福岡は自然も豊かですよ〜。

先ほども言いましたが、市内中心部には、大濠公園という、かな〜り広い(上野公園レベル)公園があります。

ここは市民の憩いの場になっており、オシャレなカフェやジョギングコース、周りにはセレブなお屋敷街やアメリカ領事館が立ち並び、ハイソな雰囲気。

この投稿をInstagramで見る

@pptagramがシェアした投稿

夜のライトアップもかなりキレイです。

クルマでちょっと走ればキレイな海や牡蠣小屋が有名な糸島に行けますし、福岡市は海だけではなく、山に囲まれているので、温泉巡りや散策も気軽に日帰りでできちゃいます。

この投稿をInstagramで見る

🌸 Ken-ichi 🌸(@kilogramme.g)がシェアした投稿

チャリがあれば大抵どこでもいけるコンパクトさ

福岡市内は、あまり高低差がない地形ですし、博多から天神まで自転車を漕いでも30分くらい。

ですので、自転車が一台あれば、通勤も遊びも買い物もラクラク。

西の方に行くと、ももち浜というビーチがあるので、ビーチサイドを優雅にサイクリングすることもカンタンにできちゃいます。

地下鉄やバスはけっこう混雑しているので、満員電車で消耗したくない人はチャリは必須ですね。

シェアサイクルのチャリチャリ(旧メルチャリ)も便利です。

関連記事:福岡市内で格安自転車を買うなら姪浜のコーナンが一番だった件

バスや地下鉄も発達

地下鉄が3本。

福岡国際空港に直結している「空港線」と、南の方に走っている「七隈線」、中洲川端駅から東に延びる「箱崎線」の3本です。

引用元:https://subway.city.fukuoka.lg.jp/eki/route/

バスは、それこそ無数に走っています。

福岡市内を縦横無尽に、かなりの本数が走っています。

最終バスも遅めなので、天神や博多で飲んで帰る際にも便利。

参考リンク:西鉄バス

女の子がかわいい(マジ)

「福岡は女の子が多くて、可愛い!」

とは、ウワサで聞いていましたが…。

マジでしたw

東京に比べて、ホントに、そこら中に女の子がたくさん歩いていますw

まるで街じゅうが「渋谷か!」というレベルで、天神はもちろん、市内の女の子率が異常に高いです。

九州中の若い女の子が福岡に集まっているので、ここまで多くなるのでしょうね。

とくに九州の田舎エリアの若い女の子にとっては、福岡は憧れの地らしいです。

天神の駅前にある警固公園という公園は、ヒマそうな男女がいつも「たむろ」しており、九州一のナンパスポットとして名を馳せておりますw

出会いを求めるという意味でも、福岡移住はアリですぞ。

人がおおらか

たまに変なおっちゃんなどもいますが、基本的に福岡の人は人懐っこくて、明るい人が多いです。

お店の店員さんなども親切でフレンドリーなので、癒されますね。

子どもも、東京都心部の子どもに比べて、のびのびしていて、めっちゃやんちゃw

スーパーなどで、普通に走り回ってますw

東京だと、なかなかありえないですよね…。

福岡に住んで感じた3つのデメリット

ではここからは、ぼくが9ヶ月間住んでみて感じた福岡暮らしのデメリットについてお話していきます。

寒暖差が激しい

福岡は、意外にも寒暖差が激しいんですよね…。

これは、住んでみないとわからなかったことです。

海が近く、周りを山々に囲まれた地形なので、冬場で天気が悪くて、海風が強い日は、かなり寒いです。

雪も降ります。

逆に、南風が吹いていて、太陽が出ていると、一転して、ポカポカ陽気になったり。

なので、昨日はめっちゃいい天気だったのに、今日はすごく冷える…というようにコロコロと日替わりで気温が変化します。

あと、雨の降り方も東京や関東とは違いますね。

降るときは、マジで朝から晩まで、ひたすら土砂降りが降ります。

東京って、雨が降っても数時間でやむパターンが多いですが、福岡は、一度降るとマジで24時間ずっと降っていたりして、「自然環境が激しいな…」と思わされます。

空港近いけど、正直あまり使わない

福岡は空港が近く、アクセスの良さで有名ですよね。

とはいえ、ぶっちゃけ、あまりというかほとんど空港へは行かないので、恩恵をイマイチ享受できておりません…汗。

まぁ、これはぼく個人のライフスタイルの話なのでアレですが、9ヶ月間福岡に住んでみて、とくにわざわざ東京などに行く用事もないし…。

福岡市内で十分快適に過ごせてるし…。

という感じで、良くも悪くも、出不精になっておりますw

なので、せっかく空港が近いのに、全然行っていないという。

もちろん、出張などが多かったり、旅行好きの人には最高でしょうね。

地下鉄空港線沿いのエリアに住めば、それこそdoor-to-doorで30分以内で空港の搭乗口まで行けちゃいますからね。

ぼくが住んでいる大濠公園駅のエリアも、まさにそんな感じですし。

石垣島への直行便(2時間くらいで着くらしい!)もあったりするみたいです。

東京方面だけではなく、沖縄に近いのも最高ですよね〜。

福岡から沖縄に飛んで、2〜3日遊んで、また福岡に帰ってくる…的な、超のんびりした生活を送りて〜。今年こそやるかな。

参考リンク:福岡から石垣島に直行便で安く行く方法

専門店が少ない

最後のデメリットとしては、やはり、東京に比べると、マニアックな専門店はどうしても少なかったりします。

東京はマジで世界中のあらゆるモノが手に入りますからね…。

そういった意味では、さすがに東京に軍配が上がります。

とくに、ぼくは東京時代に秋葉原や御徒町という問屋街の近くに住んでいたので、なおさら痛感します。

とはいえ、今はネットでなんでも買えますし、博多には巨大なヨドバシカメラもできました。

現在、天神の再開発プロジェクト「天神ビックバン」が絶賛進行中の福岡。

引用元:天神(天神ビッグバン)の再開発情報

あの高級ホテル「リッツカールトン」が入る商業ビルも天神に新たに爆誕するらしいです。

ネットの発達とともに、福岡暮らしも東京に変わらないくらい、ドンドンと便利になってくるでしょう。

参考リンク:福岡市 『天神ビッグバン』始動!

まとめ:コスパ最強都市のウワサは本当だった!

はい、というわけで、今回はぼくが福岡に単身引っ越してきて9ヶ月経った感想をまとめてみました。

やっぱ気候がいいのと、女の子がかわいいのが最高ですねw

天神という、なんでも揃う繁華街から徒歩圏内に安く住めちゃうという家賃の安さも、めちゃくちゃ満足。

居心地よすぎて、大満足しております。

よほどのことがない限り、東京に戻ることはないかな…。

東京で月20万円で暮らすと、狭くてボロいマンションしか選択肢がない、単なる貧乏人という感じの生活になってしまいますが、

福岡で月20万円あれば、めっちゃ中心部のキレイなマンションに住んで、優雅に生活できますからねぇ…。

付録:福岡での一人暮らしにオススメのエリア

最後に、一人暮らしのオススメエリアを紹介しておきます。

【天神】賑やかで便利

言わずもがな、福岡で一番便利なエリアは、天神でしょう。

天神周辺は、さすがにちょっと高いですが、それでも5〜6万円出せばマンションに住めます。

大名や警固あたりのエリアが、オシャレなカフェやバー・レストランが密集しているので、一番オシャレ感あり。

ただ、その反面、夜でもうるさく、ごちゃごちゃしている。

天神駅周辺は、便利だが、自然を求めて福岡に移住するなら、イマイチかも。

良くも悪くも、東京みたいな感じ。

天神の東側(中洲方面)や北側(親富孝通りなどの歓楽街がある)は、ちょっと治安が悪そうなイメージ。

【薬院】オシャレカフェなどが多く女の子に人気

天神から歩いて20分くらい。

地下鉄七隈線で天神から2駅。

若い女の子にとくに人気のエリア。

路地裏に隠れ家的なセレクトショップやカフェ・古着屋や美容室などがある。

【大濠公園】自然と都会のバランスが◎

ぼくが住んでいるのは、地下鉄空港線で天神まで2駅の「大濠公園駅」のエリア。

ここは、公園も近く、中央区の真ん中ということもあり、割とセレブっぽい雰囲気。

ただ、探せば安めの築古のマンションもたくさんあります。

公園が近し、海も近いので、ランナーには最適な選択。

ランステとして使える銭湯もあり。

ファミリー向けの大型マンションもたくさんある。

福岡のお金持ちファミリーが住んでいるエリア。

【赤坂】福岡一の高級エリア

天神と大濠公園の中間に位置する。

電通のビルやタワマンが立ち並ぶ、高級エリア。

駅の出口の交差点のスタバでは、いつも港区おじさん風のちょいワル親父や、意識高い系男女がマックブックを広げてドヤっている。

公園にも近く、天神にも余裕で歩いていける、絶好の立地なので、正直、ぼくもお金があれば赤坂エリアに住みたい。

【西新】庶民的な学生街

福岡市内の西の方。

天神へは徒歩では行けないエリアだが、学生に人気。

ドンキや商店街など、天神に出なくても買い物に困らないこじんまりとまとまったタウン。

【六本松】ファミリーに人気の住みやすい街

六本木ならぬ、六本松。

このエリアも、オシャレなツタヤができたり、大濠公園にも近かったりして、かなり住みやすそうである。

一人暮らしというよりは、ファミリー向けか。

オススメできないエリア

【清川】

地元の人に聞いたのだが、薬院の東、清川エリアは、あまり治安がよくないらしい。

昔、赤線地帯(風俗街)だったからであろう。

【博多駅周辺】

一見便利そうに思えるのが、博多駅周辺だが、正直住みにくいと思う。

博多駅から徒歩10分くらいの位置にあるマンションに友人が住んでいたので、お邪魔したことがあるのだが、クルマの通りも激しいし、なにより、周辺環境がよくない。

スーパーもあまりないし、オフィス街なので、住むには寂しいエリアだ。

ファミリーで利便性を考えて割り切って住むなら良いかもしれないが、若い人が一人暮らしすると、寂しくなってしまうだろう。

その割に、家賃もそこそこするので、

「同じ値段なら、遊べ場所がたくさんある天神近くにしとけばよかったな…」

を後悔する気がする。

福岡の一人暮らしオススメエリアまとめ

若い人が福岡に移住して、遊びも買い物も満喫したいなら、

一言でまとめると、

「天神徒歩圏内に住もう!」

ということになるだろう。

天神で飲んで、終電がなくなったとしても、最悪30分くらい歩けば帰れるくらいの距離感の場所に住むのが一番バランスが良いと思われる。

もちろん、ガヤガヤしているのがイヤなら、ちょっと離れたタウンでもいいかもしれないが、なんだかんだ言って便利なのは天神周辺だし、大濠公園周辺に住めば、自然も近いですしね。

それでは、楽しい福岡ライフを!

自転車は姪浜のコーナンでゲットするのが一番安いですぞ。

福岡市内で格安自転車を買うなら姪浜のコーナンが一番だった件

その他のオススメ記事

⇒福岡のおすすめ格安ホステル2選!博多・天神に実際に泊まった

⇒【福岡】ミシュラン掲載の大人気讃岐うどん店「志成」のツルシコ麺に驚愕

記事カテゴリ:福岡情報

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

アマゾンイージーリンク
本をじっくり読む時間がない人はオーディオブックでサクサクインプットで時間をムダにしない!
広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告