Airpodsは語学のリスニングに最適、最強!超高音質で耳を鍛えよう!

airpodsリスニング生産が追いつかないということでネット上の通販サイトなどではいまだに定価よりも高めで売られていたりするほどに大人気なアップルのAirpodsですが、やはり一度この製品の快適さを体感してしまうと、「こりゃあ売れるのもわかるわ、、」という感じがしますよ。

まぁ買う前は18000円という値段にずっと躊躇していましたが、いざ買ってみると、その圧倒的な便利さと音の良さに、「いやいや、3万くらいでも買うかもな、、」と思わせるほどに良い商品です。

さて、何がそんなに便利なのか?

今回は家の中、お部屋の中で使うという観点で書いて観たいと思いますね。

特に英語などの語学のリスニングのトレーニングには、この上ないパートナーになってくれますよ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

利点ありすぎwなAirpods

まず、Airpodsを部屋の中で使うと、こんな快適さがあります。

  • オープンイヤー型なので、付け外しが簡単
  • 超高音質で、語学のリスニングに最適
  • 適度に外の音も聞こえるので、スマホの着信や、ドアベル、やかんが沸騰した、、などの状況も耳からキャッチしながら音声コンテンツや音楽を楽しめる
  • 見た目的に明らかに「Airpods使ってるな」とわかるので、同居人から話しかけられて、気がつかなくても相手がわかってくれる
  • 左右完全独立なので、ベッドでゴロゴロ動き回ったりしても、首の後ろなどでコードが引っ張られる心配もなく、極めて快適

オープンイヤー型ならではの利点

airpods

最近、巷ではカナル型イヤホンといって、耳栓のようにシリコンのゴムで耳の穴を完全に塞いでしまうタイプが流行っていますよね。

これだと確かに電車の中などで遮音性を発揮するし、低音も迫力あって良いのですが、長時間つけているとどうしても耳が痛くなってくるんですよね。。

あと、やっぱりなんとなく周りの音が聞こえないというのは、何かと不便だし、不健康な気がします。

衛生的にもよくないですしね、シリコンのゴム部分から細菌が耳の中に入って中耳炎などになるパターンもあるそうなので、けっこう怖いんですよね。

でもこのAirpodsなら、オープンイヤー型なのに、低音もしっまり出るように設計されており、外の音も自然に耳に入ってくるので、本当によく考えられて作られているなぁと、感心しますね。

超高音質なので英語などの語学のリスニングに!

あと、特筆するべきは、何と言っても音の良さでしょう!

特に語学の勉強には、最強に役立っています!単語が聞き取れること聞き取れること、、

今までモヤっとしか聞き取れていなかった部分も、しっかりと発音がわかるので、語学の勉強している人には本当にオススメ、というか、ものすごい費用対効果ですよ。

ぼくは部屋の中でずっとこのAirpodsをつけて、語学のリスニングの音源、インターネットラジオやYouTubeを流しっぱなしにしています。

まとめ

もちろん気分転換に自分の好きな音楽を聞くときも、めちゃくちゃ高音質なので、新しい発見があり、楽しいです。

ベッドで寝転んだり、トイレに行くときも全くイヤホンの存在を気にせずに住むというのは、本当に今までに体感したことのないレベルの快適さですよ。

では。

【音楽好きにおすすめ】
音楽聴き放題のアマゾンのサービスAmazon Music Unlimited
アマゾンプライム会員とあわせてどうぞ
スポンサーリンク
LINE、Twitter、Facebook、Instagram使い放題プランが月額1,110円~!スマホ代節約&乗り換えならLINEモバイル がオススメ!今ならスマホが半年間300円で使えるという超お得なキャンペーンを開催中↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告