ユニクロのスーピマコットンTシャツがミニマリスト愛用の理由。服を着るならこんなふうに。着心地、シルエットキレイでオススメ!

こんまりさんの本を読んでがっつり捨てる快感に目覚めてミニマリストになったぼくが、日常的に着るTシャツとして大変気に入っている「ユニクロのスーピマコットンシャツ」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

思わず毎日着まわしたくなる服を持とう

いや〜、約半年前にこんまりさんの本を読んで、片付け、断捨離を実行してからというもの、すっかりモノを持ちすぎない生活の快適さにハマっています。

読んだことある人なら知ってる人も多いと思うんですが、こんまりさんのときめき片付け本の中でもまず最初に片付けるべきジャンルが「服」なんですよね。

ぼくもこんまりさんの教えに従って、服の断捨離から始めたわけなんですが、ある程度減らすには必然的に「着回せるほど快適な、お気に入りの服」というものも揃える必要があるんですね。

逆にいうと、これがなかなか見つからないから、一向に服の断捨離ができないとも言えるのですな。

毎日良いものを着て意志力もアップ?

で、これまた有名な話で恐縮なんですが、スティーブ・ジョブズがいつもおんなじ服を着ることによって意思決定が消耗するのを防いでいたっていう話があります。

毎日着るもののクオリティーを徹底的にあげて、自分にフィットするものを見つけたら、それをずっと着るというね。

これ、よく考えるとこんまりさんの「ときめき」の考えにすごく似ているんですよね。

こんまりさんも現在ものすごく精力的に活動されていて、スッキリした部屋、限られたお気に入りの洋服だけしか所有していないので、「意志力」の消耗が抑えられて、あれだけクリエイティブな活動ができているのでしょうね。

こんまりさんは確実に意識的にそういった「意志力」をコントロールされていて改めてすごいなぁと思いますね。

※ちなみにジョブズが着ている黒のタートルネックはイッセイミヤケのもの。

生地の質感がユニクロのプライドを感じさせる

そうそう、すっかり話がミニマリズムの話になってしまいましたが、戻して今回はTシャツの話ですw

そう、このユニクロの「スーピマコットンシャツ」がまぁ快適だよっていう話です。

ぼくはもっぱら黒のクルーネックを愛用しとります。

ユニクロのTシャツはこれ以外にも安いモノが売ってて、ぼくも何枚か持ってるんですけど、先日このスーピマバージョンを手に入れてからは、コイツの快適さに一気に魅了されちゃってます。

具体的に何がいいのかっていうとですね、まずは何と言ってもこの生地の滑らかさでしょう!ほんとツルッとしていて、それでいてしっとりしている。

セーターで例えるならカシミヤと普通のウールくらいの違いでしょうか、ツヤ感もいいので発色も良いのが特徴。

価格は普通のTシャツが390円で、このスーピマバージョンは1000円なので、約3倍の値段なんですが、長く良いものを毎日着られると思えばそんなに高いとは思わないですね、むしろ390円のやつ方が安すぎるんだと思います。

ミニマリスト的に最小枚数揃えると考えて4枚くらいでしょうから、合計4000円。

これでもまだ、ブランドもののTシャツより安いですね。

シルエットが秀逸!

あと、このスーピマバージョンのTシャツはシルエットがめちゃくちゃかっこいいんですよ!

カッコいいというか、スマート。

本当にキレイなラインで、390円のものも両方持ってるから分かるんですが、スーピマバージョンの穂が細身のシルエットで、スッキリとした印象を演出できます。

やっぱり無地の質のいいTシャツは最強ですね、これとボトムもシンプルにスキニージーンズなんかでまとめれば、着心地もよくてオシャレ感も出せるといった、ミニマリスト御用達ファションの完成です。

無地が基本なんですが、さすがにたまには違ったオシャレを楽しみたいので、ボーダーやドットなどシンプルな柄物もスーピマバージョンで出してくれると気分転換ができていいかなとも思ったりします。

みんなの声

ここで、みなさんの声を聞いてみましょう。

このLifeWearStoryは面白いな。宣伝の仕方もうまいなぁ。。

ともすればただのTシャツと思われがちだけど、見せ方次第でここまで買い手の想像を掻き立てるんですな。

まとめ、「とにかく着てみ!w」

といった感じで、ツイッターでも大人気、鉄板アイテムっぷりがすごいですね。

確かにめっちゃいいからなぁ、、コレ。まぁ着てみれば分かるよ!

「服を着るならこんなふうに」っていう大ヒット漫画にも取り上げられているみたいですね。

ぼくはまだ読んでないので、この機会に読んでみよ〜っと。。

シンプルファッションを極めたいならこういう本も参考になりそう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告