通勤ラッシュとかやっぱり無理でした。【ストレスの温床】

どうも。
こんまりさんの「人生がときめく片付けの魔法」が愛読書のてつです。

久しぶりに朝の通勤ラッシュに揉まれたら心折れた、、

どうも、

いや〜無事に奄美大島行きのバニラエアに乗れましたよ。

 

荷物検査のところが超混んでいて、

かなりギリギリになってしまいましたが。

よかったよかった。

 

さて、

奄美行きの便が成田の第三ターミナル発、朝9時40分の便だったので

 

両国から成田までの電車がもろ通勤ラッシュに

被ってしまい、何年かぶりに通勤電車に巻き込まれてしまいました。

 

普段自転車通勤に慣れきってしまっているので、

もうこの閉塞感ったらハンパないですね。

 

ぼくのようなストレス大嫌い人間、わがまま人間がこういう環境にいると、

一瞬でストレスの渦の中に引き込まれてしまいます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

通勤環境悪すぎだよ都心。大人がみんなスマホゲームってやばいでしょ。

右を向いても左を向いても、

みんなうつむいてスマホでゲームが基本ですものね。

イヤホンして

なんか怪獣とかと指で戦ってます。小さな画面で。

 

パズドラ的なヤツなんでしょうかねぇ。

 

こんなこと言ったら感じ悪いかもしれませんが、

サラリーマンとスマホゲームほど逆に悲しいほど絵になるんですよね。

 

毎日毎日、通勤ラッシュに揺られながら会社に週5で通わなければいけない環境だと

ぼくもスマフォゲームでモンスターと戦いたくもなるんでしょうか、、

 

イケダハヤトさんじゃないですけど、環境ってやっぱり大事ですね。


空気一つとっても、特に地下鉄の中なんて最悪レベルですからね。

 

そのうえ、毎日残業残業とかだったとしたら、、

ぞっとします。

自分で選択したいですね、自分の環境。

 

なんか妙に上からな文になってしまいましたが、

ぼくだって、住宅環境という意味では、結構最悪に近い感じです。

 

俗にいう、「ぼろアパート」暮らしですからね。

ただ、場所だけは非常に便利でして、

だいたい都内ならどこでも自転車で通勤できるわけです。

 

結局、何かを得るには何かを諦めないといけないんですかね?

取捨選択というか。

 

ぼくの住宅環境をもう少しよくできればより快適になるんだけどなぁ。

これは個人的な最近のテーマ。

いくら部屋を綺麗にしても、

ぼろアパートだと精神的に貧乏が染み付くんですよね。

 

なんとか脱出しなければ!

ストレスから距離を置こう!

 

そんなこんなで、

何が言いたいかというと、

 

やっぱり通勤ラッシュは無理!ダメ絶対!っていうことです。

ストレスを極力無くして生活する方向を目指しましょう。

 

自分でも気がつかない間に、

クリエイティブな仕事をするエネルギーみたいなものが、

じわじわと奪い取られてしまいますよ。

では。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告