ブログで本のレビュー、書評するときの引用の仕方。著作権は大丈夫?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

本のレビューをしたいけど、引用元の記載とか面倒なの?

どうも、

前回はブログにTwitterのツイートを埋め込む方法を学んでいったのですが、
正直あまりの簡単さに若干調子に乗っているてつです。
ていうかただ、
素人がライブドアブログの機能を使ってみただけの話なんですけどね。
知らないとは恐ろしいですね。

時代についていかないと。。

で、
さらにブログ記事の幅を広げたい!
ということで今度は読んだ本の書評っていうと大げさなんですが、
かんたんなレビュー とかも書いていきたいなと企んでおりまして。

そこで気になるのが引用する際の著作権。

レビューするなら当然ある程度、
その本の文から気に入った部分、気に入らない部分なんかを
引用して紹介したくなるじゃないですか。

ライブドアブログの引用機能を使ってみた。

こんな良いこと言ってるよ、この著者さすがだな、為になるなぁ〜。とか、
印象に残るしびれた一節とかを引用したいんですよね。

いろいろ調べてみると、引用に関する明確な答えはないみたいで、
まぁ常識の範囲内で、書物を紹介する目的で引用する分には問題ない様子。

よく本文を引用して書評しているブログなんかたくさんありますしね。

では具体的にどうやってブログ記事中に引用文を記載するのか、
探っていきたいと思います。

HTMLいじらなくても出来た。

(例)以下引用。

また例によってライブドアブログの機能で簡単にできました笑。

また一瞬で出来てしまいました。

引用したい文をドラッグしておいて、
編集機能アイコンの引用ボタンをクリックするだけです。

これだけで、HTMLのblockquoteタグが挿入されて、
わかりやすく灰色になって、ここは引用文ですよと読者に示せるわけです。

便利ですね〜。

この機能を使ってガンガン本のレビューを書いていきますよ〜!

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

スポンサーリンク

おすすめ格安SIM

LINE、Twitter、Facebook、Instagram使い放題プランが月額1,110円~!スマホ代節約&乗り換えならLINEモバイル がオススメ!今ならスマホが半年間300円で使えるという超絶お得なキャンペーンを開催中↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告