ブログにツイートを埋め込んで記事の幅を広げよう!ライブドアブログなら超簡単だった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

もっと広がりのある記事にしたい

はい、凝り性というか、
熱しやすいというか、
すっかりブログ運営のことで頭がいっぱいのてつです。

今流行っている、
じぶんの強みが簡単なテストでわかると評判の
ストレングフファインダーで、
最上思考、マキシマイザーがでてしまったので、

ある意味心おきなく好きなことに没頭してみようと
自分を納得させております笑。

連休中にもかかわらず、

ブログ関連の調べものに時間の大半を費やす始末。
熱海に温泉でも行こうとも思ってるんですけどね。

で、今回は、ブログの記事の幅を広げるために
記事中にtwitterのツイートを埋め込むやり方を
書いていきたいと思います。

他人のツイート埋め込みで、空気感が加わる感じ。

Twitterのツイートを埋め込みたいとき、
ありますよね、
たとえば、ブログを書いている途中に誰かのツイートを挿入して、
「この人もtwitterでこう言っていますよ。」
みたいな見せ方をしたい時。

有名人のツイートなんかですかね、おもに。

ライブドアブログだとサクッとツイッター埋め込みボタンがあるので
簡単にできます。

記事編集画面のすぐ上にツイッターのアイコンがあるので、
そこをクリックして、自分のアカウントにログインしてあれば、
すぐにタイムラインや
自分のツイート履歴が表示されるので、
あとは挿入したいツイートの「埋め込む」ボタンをクリックするだけです。

こんな感じですぐできました!
超便利ですやん。

写真メインで考えた場合。墨田川いいね〜。

ただ、埋め込みたいツイートをライブドアブログの機能で検索する時は、
写真が表示されないので、記事中にツイートの写真を見せたい時なんかは
ちょっと検索しづらいですね。

ぼくはツイッターアプリで埋め込みたいツイートを
あらかじめお気に入りにしておいて、
そのあとブログ機能の方のお気に入りからお目当てのツイートを
埋め込む方法にしました。

これなら写真が表示されていなくてもわかると思います。

HTMLだと手間が多そう。ブログ機能を使おう。

ちなみに一般的にはHTMLにコードをコピペするのが基本みたいです。

ツイートの下にシェアとかハートマークアイコンの横に「…」その他みたいなボタンがあるので
選ぶとツイートの埋め込みという項目がでてきます。

そこからHTMLのこーどを入手できるので、あとは記事のHTMLにペーストする流れになるみたいです。

っていうかこれの流れを書いている時点でめんどくさそうなので、
ライブドアブログみたいに、

埋め込み機能があるブログサービスはやっぱり便利なんですね。

なるほど〜。

他にもいろいろ知らない便利機能あるんだろな。。。
まぁ少しずつ学んでいきましょう!

スポンサーリンク
LINE、Twitter、Facebook、Instagram使い放題プランが月額1,110円~!スマホ代節約&乗り換えならLINEモバイル がオススメ!今ならスマホが半年間300円で使えるという超お得なキャンペーンを開催中↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告