自分を変えるマジックワードに出会うことの大切さ。片付けと仕事に効く言葉を紹介

そう、たった1つの短い言葉で人の人生や世の中をガラッと変えてしまうほどのパワーをもつ「マジックワード」

自分の心に強烈に焼きつくようなインパクトを持った言葉「マジックワード」に出会うことであなたの人生がドラスティックに変化していくきっかけになります。

ぼく自身も本を読むことで今まで数々のマジックワードに出会って、その度に自分の人生観がガラッと変わるという体験をしています。

その瞬間のすがすがしさと言ったら、、まさに「アハ体験」なわけです。

※アハ体験とは脳科学者の茂木健一郎さんが提唱する、まったく新しい体験によって、脳科学的にみても本質的な変化をする瞬間のことです。

そんなわけで今回は、ぼくが今までに出会ってきて、とても心に、脳に響いたマジックワードたちを紹介していきますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

片付けはメンタルが9割

まずは、汚部屋時代のぼくが、片づけや断捨離ができないで悶々としていた時に出会ってまさに人生を変えるきっかけになったこんまりさんの本から。

「片づけはメンタルが9割」

「片づけというのは過去のじぶんに『片をつける』ということ」

「片付けの習慣を少しづつつける」のではなく、「一気に片づけることで意識の変化を劇的に起こす」

このあたりの言葉たちに出会って、今までモノと一緒に引きずってきた過去のじぶんから一度きっぱり別れてみようという発想が芽生えはじめましたね。

こんまりさんというと「片づけ祭り」が有名ですが、なんで片づけを祭りにするかというと、「意識の変化を劇的に起こす」ためなんですね。

これはまさにその通りで、「ガツン」と今までのじぶんを変えないと、どうしても新しいじぶんに変わっていけない心理現象いわゆる「ゲシュタルト崩壊」の考え方に通じるものがあります。

ホントに近藤麻理恵さんのこの本は名言のオンパレードですよ。

読む人によって響く言葉は違ってくると思うので、片づけられないと悩んでいる人は、ぜひ一度読んでみてくださいね。

人生がときめく片づけの魔法

新しい未来の結果のために新しい原因を作っていく

今度は、こんまりさんとは全然毛色が違いますが、2010年ごろに一斉を風靡した成金者、与沢翼氏の本「秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ」からの言葉。

「新しい未来の結果のために新しい原因を作っていく」

この言葉もかなり刺さりました。

原因と結果という「絶対的なこの世の真理」をどんな時でも意識するようになりました。

結果が欲しいのならば、まずじぶんで原因を作ることをしていかなければいけないのですね。

あたりまえすぎて気づきにくいですが、一度そのことを強く意識すると、未来のために今、しなければいけないことが見えてきます。

あたりまえすぎて見逃していた部分にパッと光を当てるような言葉、まさにマジックワードですね

与沢氏曰く、この本の中で書かれていることを愚直に行動していけば「アンチ与沢」でも成功できるほど、普遍的な内容だということです。

確かにその通りでビジネスという範疇を超えて、「どうしたらじぶんの望む未来をじぶんの手で掴んでいけるのか」ということを説いている内容です。

秒速で10億円稼ぐありえない成功のカラクリ

まとめ

本をたくさん読むと、その内容のほとんどはしばらくすると忘れてしまうかもしれません。

でも、たった一行でもあなたの人生を劇的に変える力を持っている言葉に出会えれば、ほんとうに人生が変わってしまうのですから、読書は面白いのですよね。

いわば、言葉の宝探しです。

あなたの人生を変えるマジックワードはきっとあなたに出会うことを楽しみにしているはずです。

ぜひたくさんの良書に触れていきましょう。

では。

【アマゾンの読み放題サービスなら読み放題の良書が多数!】

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告