お金を払って電子レンジを捨てたら断捨離が加速した。

本格的な断捨離に成功して、ある程度捨てられた人たちって、きっとそれぞれボトルネックになっているモノというか、
コレを捨ててから一気に他のモノも捨てられた!みたいな経験があったと思います。

ぼくの場合はこんまりさんの本を読んで、まず最初に服を処分するとリバウンドしづらい、とのことだったのである程度服を捨てたのですが、なぜかそこで満足してしまい、2ヶ月くらい片付けが停滞してしまっていました。

そうこうしているうち、片付け再開しないとなぁ〜と相変わらずの汚部屋を眺めていると、一つのモノが浮き上がって見えてきたのです。それが

『電子レンジ。』

思えばぼくは、料理好きもあってここ最近はほとんど電子レンジを使っていなかったんですよね。

使っても数ヶ月に一度くらい。

よし、じゃあこれ捨てよう!とおもってふと気づいたのが、電子レンジって粗大ゴミ?燃えないゴミで出せないの?っていう素朴な疑問でした。

調べてみたらぼくの住んでる墨田区では、やはり燃えないゴミじゃ出せなくて、粗大ゴミでしか捨てられないとのことでした。

そう、あの有料ゴミのシールを買って!!買ってですよ!ゴミを捨てるのに。

でも、お金を払ってまで捨てたというのが、じぶんのなかで変に快感だったんですよね。なんか、じぶんの意思の弱さが吹っ切れたというか、妙に自信が持てるようになっていきました。片付けに対して。

なのでもし断捨離がいまいち進まないと感じている人、お金を出して捨てる体験は効きますよ。

ネットで収集日の予約をするっていうのもいいんだと思います。

一気にたくさんの粗大ゴミを予約しちゃうのもかなり効果的です。

締め切りをつくって、じぶんを追い込んであげるという発想ですね。

家の前の路上にトラックが来て、手際よくガガッと持ち去ってくれる光景を見るのもかなり精神的に吹っ切れるきっかけになる思います。

 

スポンサーリンク
LINE、Twitter、Facebook、Instagram使い放題プランが月額1,110円~!スマホ代節約&乗り換えならLINEモバイル がオススメ!今ならスマホが半年間300円で使えるという超お得なキャンペーンを開催中↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告