少食生活6日目、オナ禁61日目に思うこと。「これがゾーン状態か?!」集中力がマックスに高まるのはガチ。

どうも、てつです。

2ヶ月前にオナ禁を始めた時は、まさか自分が少食生活に目覚めるなんて思いもしませんでしたが、まるで禅僧か何かのように、最近はすっかり一日1000kcal以下で生活する「小食生活」にはまっております。

で、気がつけばそんな生活も6日目を迎え、オナ禁に関しては61日目。体調もいい感じで推移してきていますので、雑感などを書いていきますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

今日も腸のお勉強&運動

相変わらず腸のすっきり感がすごいですね。

朝からレモン一個を絞って飲んで、玄米の発芽に使った「仕込み水?」を飲んで、とりあえずそれだけで日中過ごしておりますw

今日は昼下がりに屋外プールにもいきましたが、プールサイドで寝そべって日焼けしていて急に立ち上がるとさすがに少しだけくらっとすることもあるんですがwそれでも泳ぎ始めれば元気も出るし、何より「プール後のあの強烈な眠気」がほぼないのに驚いています。

腹は減るには減るんですが、なんかね、腹が減れば減るに連れて、不思議と下腹部が活発に動き出しているような感覚を覚えるんですよね。

最近は空腹遺伝子と呼ばれる「サーチュイン遺伝子」やマクロファージの考え方を学んでおり、空腹の時間が腸内を始め、体全体にいい影響をもたらすということにすごく興味を持っているので、そんな影響もあって、空腹がそれほど辛いとは感じないんです。

自分の欲求を客観視できはじめる

少食の話をしたので、次はオナ禁について書いてみますと、相変わらずムラムラすることも特になく、あったとしてもどこかムラっときている自分を客観視しているような状態です。

別に完全に煩悩がなくなったとかそういう話じゃないんですけど、ムラムラ=自己処理っていう今まで中学校時代からずっと続いてきた悪習が脳の思考回路レベルでなくなってきたのかなぁという感じです。

なので、相変わらず彼女は一刻も早く欲しいですし、小食生活で肉体やスタミナ面の改善が進んだらまたナンパ活動も再開したいとは思っています。

ただ、この時期は暑すぎてどうしてもファッションが適当になってしまい、毎日ユニクロ半ズボンとサンダルがデフォルトになってしまっているんですよねw

もう少しおしゃれにしてないと、さすがにナンパのモチベーションも上がらない、、、

かといって、この暑い東京の夏を毎日洒落込んで出かけるのも暑苦しいし、、最近はそのへんのジレンマに悩まされる日々ですな。

最近たまに「玉」が痛い?

後、ビミョーに心配な話があるんですけど、ここ三日くらい「玉」に違和感が出てきてるんですよね。

右のほうなんですけど、アレがついに満タンになりすぎてるのか、たまにズキッとしか痛みまではいかないんですが、神経性の刺激を感じることがあるんですよね。。

近所に以前、ちょっと気になることがあってお世話になった割と面白いおじさん、、いや失礼、お医者さんがやっている泌尿器科クリニックがあるのでwもし今後も同じような痛みが続くようなら、また診てもらった方が良さげですな。

まぁ20年近く毎日のように行なっていた習慣をいきなり変えて、さらに少食生活まで始めたわけですから、体がびっくりして何かしらの変化が出てもおかしくないですよね汗

いわゆる「ゾーン状態」に突入か!?

精神面ではどうかというと、これもあくまで小食生活との組み合わせの感想になっちゃうんですが、とにかく集中力が半端ない。

色々なオナ禁ブログで散々言われ尽くしてることですが、これはガチです!

脳にちゃんと血が巡ってるのを「実感」できるんですよ。

今までとは違う感覚で、頭がフワーッとするというか、変な表現になってしまうんですが脳内の新しい部分が覚醒している感がハンパないです。

新しいアイデアもたくさん浮かぶし、タイピングもサクサク。

言葉も淀みなく自然に湧き出てくるので、ブログ記事を書くのが俄然はかどっています。

頭が熱くなるというよりは、クールに冴えている感じ。これが世に言う「ゾーン」「フロー状態」というものなのかもしれません。

性のエネルギーが完全に満タンになるのが平均で70~90日と言われていますから、今からさらに1ヶ月近く成長余力?覚醒余力?があると思うと楽しみで仕方がありません。

詳しい仕組みはこちらのサイトが参考になります。

まとめ

オナ禁効果はだいぶ「熟成」してきた感がありますが、まだ個人的に期待している「体臭効果」や「モテ効果」についてはそれほど実感できていないので、引き続き食生活の改善と同時進行で自己改善に取り組んでいきたいと思います。

では。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告