清澄白河の隅田川沿いに「LYURO」川床テラス付きのホテル!格安ドミトリーもあるよ

どうも、てつです。

 

ぼくは隅田川近辺にもう10年くらい住んでいるんですが、
最近「川床」スタイルのレストランが増えてきていい感じでお洒落スポット化しつつありうれしい限りです。

 

2017年4月、またずいぶん洒落たホテルが出来ましたね。

 

 

その名も「LYURO」THE SHARE HOTELS

 

なんて読むのかと思ったらどうやら「リューロ」っていうみたいです。

このホテルが川床テラスあり、醸造所あり、ドミトリーの宿泊施設ありと、じつに面白そうなので休日ふらっと散歩がてら見に行ってきました。

 

天気のよい隅田川は最高

 

この辺はホントに気持ち良いエリアなんですよ。

 

川っていうのは見ているだけで癒されますよね。

 

京都とかは川床がまだ残っていて、川のまわりでマッタリする文化が残ってますけど、東京には悲しいかな、あまりもうそういう文化は残ってないですよね、、

 

東京を代表する隅田川も花火大会のとき以外はガラーンとして高速道路のジャンクションがひしめき合ってますし。

 

ただ、スカイツリーが出来たあたりから徐々に隅田川沿いのエリアが活気を取り戻してきています。

 

代表的なのは蔵前の「リバヨン」、「ボン花火」、「ブルーボトルコーヒー」あたりですかね。

 

で、今回この「リューロ」ができてまた一段といい雰囲気になっていくでしょう。

 

目玉は遊歩道から直結の川床テラス

 

歩いてみて分かったんですが、なんとこのホテルのテラス、隅田川の遊歩道から一般の道に行く階段とつながっていて、隅田川を散歩しながらフラっと通り抜けられるようになってるんです!

 

この作りは面白いですよね、ふつうこういったホテルやレストランのテラスは宿泊客か、わざわざそのお店に入っていかないと利用できないですよね??

 

そこをふらっと散歩してる人にも開放しているのが、「シェアホテル」と名乗っていることに表れていますね。

 

その発想はかなり好きですね〜。どんどん開放的にしていきましょうw

 

ただ、メニューをちらっと見ましたが少々お高めですw

 

だいたいドリンクメニューが500円くらいから。

 

しょっちゅうは来れないかな〜。

 

 

ホテルとドミトリーベッドもあるので観光客に人気になるでしょう

 

 

この点もスゴいですね。

 

とくに二段ベッドをシェアして見知らぬ観光客と寝泊まりするドミトリールームがあるのがまた良いですね。

 

海外によくあるユースホステル風で、安く泊まれて世界中からきているトラベラーたちと友達になれるんですよね。

 

夕方から夜にかけて、隅田川の夜景を見ながらテラスで寛げるということで、人気化すること間違いないでしょう。

 

 

気になる宿泊料金はというと。

 

ドミトリーだと2,900円から〜

 

ダブルルームで12,100円から〜

 

ドミトリー安っw

 

予約はBooking.comが使いやすくておすすめ

 

Booking.comで隅田川近辺のホテルをさがす



ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

東京
湿度50%
タイトルとURLをコピーしました