東京麻布十番で本気のナポリピザ「マルゲリータ/マリナーラ」を食べるなら「サヴォイ/Savoy」で決まり。

今回も、前回に引き続き、東京のナポリピッツァの名店を紹介していきますね。

 

麻布十番の商店街の外れにありながらも、連日行列ができる有名店「サヴォイ」です。

 

 

はあちゅうさんもお気に入りの様子。

 

ではココのピッツァがいかに美味しいかなど、いつものようにナポリ大好き人間の視点で書いていきますね!

 

東京ナンバーワンのマリナーラが食べられます

 

前回の「ダミケーレの記事」でも書いたのですが、このお店も基本的なピザの種類はたったの2種類のみ。

 

恵比寿ナポリピザ「ダ・ミケーレ」本場ナポリでも連日大行列のマルゲリータが東京で食べられるよ!

恵比寿ナポリピザ「ダ・ミケーレ」本場ナポリでも連日大行列のマルゲリータが東京で食べられるよ!
ナポリピッツァ美味しいですね〜! ナポリはピッツァの聖地であり、有名なマルゲリータが生まれた街でもあります。 ぼくはイタリア大好き、特にナポリ大好き人間なのでもちろん本場ナポリでもピッツァの食べ歩...

モッツアレラチーズとバジル、トマトソースの「マルゲリータ」と

 

にんにく、オレガノそしてトマトソースの「マリナーラ」しか出さないというこだわりぶり。

 

あとのメニューは、ドリンクやおつまみ程度のモノのみというラーメン屋さんもびっくりのシンプルさです。

 

特にシンプルさを極めたマリナーラは東京1美味しいです。

 

場所柄外国人の常連客も多く、本場ナポリでも十分通用するレベルの味です。

 

で、この「サヴォイ」の特徴はなんといってもその独創的な作り方にあります。

 

恵比寿の「ミケーレ」や中目黒の「ダイーサ」が徹底的にナポリのピッツァの技術を再現しているのに対してこの「サヴォイ」のピッツァはというと、伝統的な製法をふまえた上で、さらに日本人ならではのきめ細かいアレンジが随所に施されているまさにイタリアと日本の職人芸が混ざり合った、まったく新しいピッツァなんです。

 

具体的にどんなモノなのかさっそく語っていきますね。

 

生地がおまんじゅうみたいにプリップリですねw

 

 

カウンターで職人さんの動きを見ながらおいしいピザができるのを待ちましょう

 

良くあるまあるい石のピザ釜ではなく、外装は鋼鉄製。

 

でも中はしっかりと石釜仕様という独特のスタイルの釜を使用していますね。

 

このあたりにも「焼き上げ」のヒミツがあるのでしょうか。。

 

で、このお店、店内はとても狭くてですね、ほぼカウンターのみで、十人くらいで満席になってしまいます。

 

なので、ピザを注文して待っているあいだは目の前で黙々をピザを作っている職人さんの働きぶりを間近で見れるんです。

 

で、よくよく観察していると、ココのピザがおいしい理由が2つ見えてきました。

 

 

塩の振り方が上手なんです

 

地味ーなところなんですが、職人さんの塩の振り方が上手いんですよ。

 

ピザ生地を伸ばして、トマトソースをしいて、モッツアレラチーズ、バジルなどをトッピングし終えた後、最後にオリーブオイルと塩をふりかけていくんですが、その塩梅が絶妙なんですよね。

 

生地全体に均一に。

 

こういう一見地味な作業をひとつひとつ丁寧にこなせる職人さんは尊敬できますね。

 

実際の仕上がりも塩加減、焼き目、トマトとオイルとチーズが一体化して納得のお味です。

 

 

マリナーラのにんにくはその場でスライス!

 

これは本当に素晴らしいアイデアだなぁと行くたびに感心するんですが、ここの「マリナーラ」はにんにくを注文を承けてから生地の上でナイフを使って一枚一枚スライスして生地の上に落としていくんですよ。

 

なので、にんにくの切り立ての新鮮な香りがどこにも逃げずに閉じ込められるため、臭みがまったくなくむしろ甘味といっていいほどの香りが口の中に広がるんです。

 

にんにくの甘味なんて想像できますか?

 

はじめて食べた時の衝撃は忘れられません。

 

食べにいけばぼくの言った意味が分かると思います。

 

 

場所は六本木と麻布十番のあいだ

 

場所なんですが、麻布十番商店街を六本木ヒルズに向かって歩いていって、だんだんと人通りが少なくなってきた頃にあります。

 

 

同じく十番商店街に姉妹店「サヴォイ トマトチーズ店」もありますので、混んでいて入れないようでしたらそちらも覗いてみると入れるかもしれません。

 

というか、予約できるので、待ちたくない場合は予約していった方が良いでしょう。

オススメ情報〜見た目でもっとも大事な部分とは?〜

これをお読みのあなたは、きっと知的で賢い人でしょう。
ただし、どんなにオシャレをしたり、筋トレしたり、自己研鑽しても...。
肌が汚いと、ほぼすべての努力が台無し。
服はオシャレだけど、見た目が汚いわ〜...

と思われてしまったら、損ですよね。
あなたの魅力が正しく伝わらないので、もったいなさすぎです。

女性の7割以上が男性の汚いヒゲに不快感を感じているそうです。

一昔前なら高いイメージだった本格的な医療レーザーのメンズヒゲ脱毛が、
いまなら月々3000円からできるのをご存知ですか?
あれ?...最近オレの青ひげ、濃くなってきてないか?
自分に自信が持てなくて、積極的になれない...
仕事に勉強...やりたいことに集中したいのに時間がない...涙
これらに一つでも当てはまるようなら、
いますぐヒゲ脱毛をはじめてみるべし。

ぼくもヒゲ脱毛をしていますが、控えめに言って最高です。
毎日の時間の余裕もできるし、肌もキレイになりました。
管理人オススメの定番&人気クリニックを載せておきます↓↓

【大人気!医療レーザー脱毛クリニック3選】

①100円で通い放題プランが魅力的な
ゴリラクリニック

髭脱毛

②月々3000円が魅力の
メンズリゼクリニック



③東京・名古屋・大阪なら知る人ぞ知る
「永久通い放題プラン」がある人気の
ドクターコバクリニック

Dr.コバ

各クリニックでは、カンタンなWEB予約だけで無料カウンセリングを実施中。
ヒゲ脱毛は、早く始めた方が圧倒的に有利。
一日5分をヒゲ剃りのためにムダにしていると、
365x5=1825分(約30時間)の損失。

時給1000円で考えると、
毎年3万円相当の時間をヒゲそりという非生産的なことに費やし続けているのです...。
コレが10年続いたら、どうでしょう?
替えのシェーバー代や、ローション代も考えたら...?
ヒゲを放置すると、数十万円以上のムダがあなたの人生につきまといます。
だから、ヒゲ脱毛してしまった方があきらかに合理的なのです。

ヒゲそりをつづけるほど、青ヒゲは濃くなります。
細かいキズのせいで色素沈着を起こすからです。
年とともに「剃っても剃っても消えない青ヒゲ」が濃くなるのはそれが原因です。

世の中の成功者といわれる賢い男性たちほど、
とっくにヒゲ脱毛して、有意義な時間を手に入れています。
そして、お金の余裕も生み出しているのです。
あなたもそういう賢い男性の仲間入りして、外見も内面もワンランクアップさせましょう。
ヒゲ脱毛は時間とお金を生み出す現代の錬金術ですぞ。

\いますぐ公式サイトをチェック/
ゴリラクリニック
(100円通い放題プランが大人気)
メンズリゼクリニック
(月3000円コースが魅力的)
ドクターコバクリニック
(永久通い放題コースで濃いヒゲも安心)

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

東京
湿度50%
タイトルとURLをコピーしました