Narrative Clip2とはいったい?勝手に撮ってくれるカメラ?欲しすぎるぞコレ。

 

いきなりですが、
わたくし、スマホやデジカメを手で持って写真を撮るっていう行為が嫌いなんです。

スマホで写真撮るの嫌い

それだけだと意味が分からないと思うのでなんでかっていうと、
すごく億劫に感じてしまうんですよね。

 

出先のお店やストリートなんかでスマホカメラで撮影するのも、
どこか機械に使われている感じ?がして苦手なんです。

 

じぶんなりになんでかな〜と考えると、
基本的に写真って、なにかいいシーンに出会った時とか、思い出に残したい時
などに撮る事が多いですよね。

 

それは人であったり、モノであったり、
景色であったり。

 

大切な時間を消費したくない

普段よりも価値のあると感じている時間に写真を撮るという事が多いと思います。
もちろんぼくもそうです。

 

ただぼくの場合、そんな貴重な時間をカメラを撮るという行為で消費したくないと
考えてしまうんです。

 

ほらだって、たとえば一生に一度しか見れないようなきれいな景色を前にして
たとえ数分でもデジカメやスマホの液晶とにらめっこするなんていやなんです。

 

せっかくだからよりいいアングルで撮ろうと思ったり、
いい写真が撮れたとおもったら、またもっといいシャッターチャンスが来たように
見えてきて、またスマホをポケットから取り出してしまう。

 

そんな経験ないですか?

 

ぼくは往々にしてそうなってしまうので、
もう、いっそ写真をとるのを極力減らしているんです。

 

どんなにきれいな景色に遭遇しても、むしろカメラのことは忘れて、
その瞬間をじっくり楽しむようにしています。

 

あと単純にめんどくさいですし、肝心な時に持ってなかったりしますからね。
ランニング中とかきれいな景色に出会う事多いじゃないですか。

そんときも基本邪魔になるから持っていかないし。

 

でも、ネタは欲しい。

 

んで、最近ブログにハマりだしてから、
やっぱり絵があったほうがいいなと思うようになりまして。

 

アイキャッチなんていわれる記事のメイン画像も、できればオリジナルで用意したいですし。
じゃあこんなぼくでも使えそうなカメラってどんなものかなぁと考えをまとめてみたところ、、

 

①圧倒的にコンパクトであること。いつでも、たとえランニングに出かけるときでも苦にならない。
②かつ、身につけられること。ポケットから出すっていうアクションは無理。
③写真がwifiやbluetoothなどでクラウドに無線で保存できること、自動同期ならなおよし。

 

こんな、かなりワガママな条件が浮き上がってきてしまいましたよ笑。

 

ともあれ目的が決まれば早速調査にかかります。

まずは足でアキバの探偵さんなんかの為のお店やら
量販店のウェアラブルカメラコーナーなんかを歩いてきましたが、
基本、探偵さん系のカメラは小さいことは小さいんだけど、
当然wifiでスマホと連動なんかできないし
あとやっぱり見た目があやしい笑。

 

かといえば、いわゆる最近のGoProみたいなウェアラブルはアウトドアスポーツ目線が強すぎて
動画もガンガン撮る為だったりするのか多機能で、ほんのちょっとまだゴツすぎるんですよね〜。

 

勝手に撮ってくれるカメラ??

 

そんなこんなで、
カメラ内蔵スマートウォッチあたりが落としどころなのかなぁと思って
ネットで画像検索していると、

おやっ、なんだこれ??


引用元 http://jpita.jp/pc/index.php?201400707

なにこのポップなカンジ!?
あれじゃん、ぼくの愛用のipod shuffleにそっくりじゃん!

 

調べれば調べる程面白くて、
スウェーデンのベンチャーっぽいところがつくっているみたいで、
一番ガツンときたのが、

 

コイツなんと30秒毎に自動で写真を撮りつづけるんですって笑!

 

えっ?なんで?そんなことするの??

 

つまりもはや、じぶんでシャッターを切るどころか、
写真を撮るか撮らないかという判断からも解放されるんです!

 

冒頭にも書きましたが消耗するんですよね、写真を撮るのか否かの判断って地味に。

 

しかもスマホのアプリと連動して専用のクラウドに自動保存ですとっ!?
もうこれは完璧にぼくのようなカメラ嫌いのためのカメラですな。

 

うん。コレ、そっこう買おう。

 

そう思ったものつかの間、なんと公式サイトhttp://getnarrative.com/で売り切れ、
入荷待ちだそう。

 

メルマガに登録してくれれば入荷したら知らせるよ〜とのこと。

 

おぉ〜ぼくみたいなカメラ嫌いが世の中意外に多いんでは?

 

とりあえずメルマガに登録したので、なるはやで手に入れたいですね。

オススメ情報〜見た目でもっとも大事な部分とは?〜

これをお読みのあなたは、きっと知的で賢い人でしょう。
ただし、どんなにオシャレをしたり、筋トレしたり、自己研鑽しても...。
肌が汚いと、ほぼすべての努力が台無し。
服はオシャレだけど、見た目が汚いわ〜...

と思われてしまったら、損ですよね。
あなたの魅力が正しく伝わらないので、もったいなさすぎです。

女性の7割以上が男性の汚いヒゲに不快感を感じているそうです。

一昔前なら高いイメージだった本格的な医療レーザーのメンズヒゲ脱毛が、
いまなら月々3000円からできるのをご存知ですか?
あれ?...最近オレの青ひげ、濃くなってきてないか?
自分に自信が持てなくて、積極的になれない...
仕事に勉強...やりたいことに集中したいのに時間がない...涙
これらに一つでも当てはまるようなら、
いますぐヒゲ脱毛をはじめてみるべし。

ぼくもヒゲ脱毛をしていますが、控えめに言って最高です。
毎日の時間の余裕もできるし、肌もキレイになりました。
管理人オススメの定番&人気クリニックを載せておきます↓↓

【大人気!医療レーザー脱毛クリニック3選】

①100円で通い放題プランが魅力的な
ゴリラクリニック

髭脱毛

②月々3000円が魅力の
メンズリゼクリニック



③東京・名古屋・大阪なら知る人ぞ知る
「永久通い放題プラン」がある人気の
ドクターコバクリニック

Dr.コバ

各クリニックでは、カンタンなWEB予約だけで無料カウンセリングを実施中。
ヒゲ脱毛は、早く始めた方が圧倒的に有利。
一日5分をヒゲ剃りのためにムダにしていると、
365x5=1825分(約30時間)の損失。

時給1000円で考えると、
毎年3万円相当の時間をヒゲそりという非生産的なことに費やし続けているのです...。
コレが10年続いたら、どうでしょう?
替えのシェーバー代や、ローション代も考えたら...?
ヒゲを放置すると、数十万円以上のムダがあなたの人生につきまといます。
だから、ヒゲ脱毛してしまった方があきらかに合理的なのです。

ヒゲそりをつづけるほど、青ヒゲは濃くなります。
細かいキズのせいで色素沈着を起こすからです。
年とともに「剃っても剃っても消えない青ヒゲ」が濃くなるのはそれが原因です。

世の中の成功者といわれる賢い男性たちほど、
とっくにヒゲ脱毛して、有意義な時間を手に入れています。
そして、お金の余裕も生み出しているのです。
あなたもそういう賢い男性の仲間入りして、外見も内面もワンランクアップさせましょう。
ヒゲ脱毛は時間とお金を生み出す現代の錬金術ですぞ。

\いますぐ公式サイトをチェック/
ゴリラクリニック
(100円通い放題プランが大人気)
メンズリゼクリニック
(月3000円コースが魅力的)
ドクターコバクリニック
(永久通い放題コースで濃いヒゲも安心)

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

ノマドライフ ウェアラブルカメラ
湿度50%
タイトルとURLをコピーしました