テンピュールミレニアムネックピローのMサイズが高すぎたのでXSを買い直してみた。

そう、ぼくはもうかれこれ10年くらいになりますね、テンピュールのミレニアムネックピローを使いだしてから。

じぶんに合ったまくらで寝ることってめちゃくちゃ大事なんですよね。

今回はテンピュールのミレニアムネックピローという同じ形のまくらをMからXSに買い換えたときの話をしていきますね。

まくらの高さに徹底的にこだわって、さらなる安眠を手に入れたよ」という話です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

憧れていたテンピュールを買ったものの、、

(MとXSサイズ、カバーを外して高さを比較してみました)

初めての本格的なまくら選びはなんとなくMで。

一人暮らしをはじめてからどうしても眠れない時期がありまして、ずっと憧れていたテンピュールのまくらを買ったんです。

ただ、はじめての本格的なまくら選びだったということもあり、東急ハンズの寝具コーナーで実際に寝てみたものの、なんとなくでサイズを選んでしまったんです。

テンピュールという憧れのブランドまくらを買うということで、テンションが上がっていたので、サイズに関しては「まぁとりあえず無難にMでいいかな」という感覚しか持っていなかったんですな汗

それよりも、早くあのふわふわに包まれて寝たい、、、という興奮?が強かったんですねw

しばらく使ううちに「ちょっと高すぎかも?」

(左が10年使い込んだMサイズ。全くヘタっていないことがわかりますね、、マジで長期的にみるとお得です。)

「もっと安眠したい!」という贅沢な悩みが生まれるw

で、しばらくは、当然テンピュールの寝心地は他の枕よりもとっても快適なのでいい感じで寝ていたのですが、しばらく使って、いい意味で贅沢に慣れていくと、どうにも「ちょっと高い」なぁという違和感を感じるようになってきました。

テンピュール自体に対する信頼性は、もう10年近く使い続けているのでヘタリの心配などは全くないことで身をもって証明済み。

なので、これからも長く使っていくことを考えると、もっとじぶんに合ったサイズのものを選び直す必要があるなと考えました。

そんな中、一年ほど前になりますが断捨離や片づけに目覚めて「じぶんが本当に必要なものだけに囲まれて生活したい!」という思いが強くなり、同じテンピュールミレニアムネックピローのXSサイズを買い直してみたんです。

銀座のテンピュールショールームにて念入りに試す。

銀座のテンピュールのショールームで、店員さんに客観的に姿勢をみてもらいながら念入りに試してみると、やはりMサイズだと高すぎで、XSくらいのサイズがちょうどいいことがわかりました。

形に関しては、寝返りがうちやすく、真ん中がくぼんでいるので頭が「スポッ」と収まるミレニアムが気に入っていたのでテンピュールの他のものには浮気しませんでした。

※小ネタなのですが、銀座のテンピュールのショールームではなんとまくらの貸し出しサービスをしています!

実際にあなたのお家に好きなまくらを持って帰って2週間ほど試せるサービスです。

ぼくはXSが気に入ったのでレンタルお試しはしませんでしたが、実際に無料でお家で試せるのはありがたいですな。

まとめ

やはりまくらの高さは大事です。

同じテンピュールでも、サイズをMからXSにかえたことで、今までよりもさらに安眠できるようになって大満足です。

まくらに関しては低反発のテンピュールですが、マットレスに関しては、最近話題の高反発素材をつかったエアリーマットレスというものを敷いています。

オリンピック選手や野球選手が愛用していることで有名なエアウィーヴというものとほとんど構造は同じで、お値段はお得というかなりオススメの知る人ぞ知るアイテムです。

人生の3分の1を寝て過ごすわけですから、寝具周りはじぶんのお気に入りのモノを揃えていきましょう!

では。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告