自作EAで1時間足ブレイク狙いの手法を自動売買化してみたら割と好調。

昨日も新たな自動売買システムをテスト運用しております。

「価格が1時間足を抜けたらエントリーして、2pipsほどでサクッとスキャルピングするだけ」

という、超単純な手法なのですが、割と安定的に稼いでくれております。

なので、ちょっとこのシステムについて解説してみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

超シンプルな1時間足ブレイクの自作EAが好調

「トレードアイデアはなるべくシンプルにした方が良い!」

という相場の格言は、ホントかもしれませんね〜…。

というのも、僕は色々な手法をEA化(メタトレーダー上で動く自動売買システム)するのが趣味なのですが、やっぱりシンプルなものほど、結果も安定しているんですよね。

今回の

「1時間足ブレイクスキャルシステム」

も、めちゃくちゃシンプルなのに、昨日1日で20pipsほど勝ってくれています。

リスクアンドリワード比は、まさかの5対1笑。

そう、相場の鉄則である「利大損小」ではなく、あえて逆の「利小損大」にしております。

1時間足を抜けたら、順張りでエントリーして、2pipsで利確。

10pips逆行したら損切りとなります。

「そんなんで勝てるのかよ?」

「どのトレードの教本にも、利大損小は鉄則だぞ!って書いてあるぞ〜」

と思うかもしれませんが、

あえて教科書的なトレードの逆を行くアイデアです。

利大損小は必ずしも正解ではない?

なぜこんな手法のシステムで勝てているのかというと、実は最初、リスクリワードをぼくも教科書通りに「利大損小」にしていて、ボロボロに負けたという経験があったんですよね。

そう、

「1時間足をブレイクしたら、順張りでエントリーして10pipsで決済にして、2pips逆行したら損切りすれば、お手本のようなトレード手法じゃね?」

ということでシステムを組んでいたのですが、結果はまさかのボロ負け…涙。

1時間足のブレイクって、そう簡単に10pipsも流れてくれないんですよね。

で、結局損切りラインに逆行してしまうパターンがほとんどなのです。

反対に、2pipsほどのスキャルピングなら、かなりの確率で利確できます。

しかも、1時間足の境目というのは、なんども揉み合ってくれたりもするので、リピートで2pipsの注文を出すようにプログラムしておけば、2〜3回くらいは勝ちトレードを積み重ねていけるのです。

リスクリワードの比率が5:1なので、

6回トレードして、5勝1敗以上になれば、チマチマと資金が増えてくれるというわけです。

今のところそれ以上の勝率になっているので、このEAを何日も走らせてみて、もっと統計の母数を集めていきたいと思いますな。

まだテスト段階なので、デモ口座での運用ですが、引き続き見守っていきましょう。

記事カテゴリ:投資・トレード

↓オススメFX口座↓

国内で安心してMT4の自動売買をするなら世界中のトレーダーに愛されるOandaの日本法人オアンダジャパン が一番良心的かと。僕も普段使っています。



海外FXのXMも少額からMT4を使えるので、練習に最適。とくにマイクロ口座なら10通貨からMT4の自動売買が動かせますよ。

【XMの口座開設はこちらから⇒デモ口座を開設する

手厚い日本語サポートが魅力で人気の海外FX業者がXM。
こちらから取引口座タイプXMサポート詳細を確認できます。

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

FX
広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告