割安で優良な成長株を考察するシリーズ【ダイキアクシス】

今回は急成長中の水関連企業、ダイキアクシスの株について書いてみたいと思います。

http://www.daiki-axis.com/index.html

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

食品工場や商業施設に「地下水飲料化」のサービス

この会社は実に面白くてですね、もともと愛媛のホームセンターを経営していて、段々と事業を浄水槽関連、住宅設備関連へと拡大してきた会社です。

とくに地下水を汲み上げて、自前の浄化装置で濾過して飲料水としてつかえる「地下水飲料化事業」が食品工場や大きな商業施設に需要があるみたいです。

水道代金の値上げがすでに日本全国で始まっていますので、自前の「井戸水」を高いクオリティーで提供して、かつ30%ほどコストカットできるということなので、今後さらにこのシステムを取り入れる施設が増えていきそうですね。


東南アジアの浄水需要に万全の供給体制

あとはやっぱり、インドネシアに浄化槽の工場と現地法人ができたことで一気に供給体制が整い始めたことでしょう。

インドの浄水関連会社との代理店契約など着実に今後の需要に食い込んでいけるように営業活動をしています。

アジアの浄化槽ビジネスは鉄板と行っても良いくらい着実な成長が期待できますよね、なんせ人口に対するインフラがまったく追いついていない状況ですからね、、21世紀なのに。

ダイキアクシスのような堅実な会社がアジアの成長とともに大きくなっていってほしいですね。

もちろん、フランスの水関連企業や日本の大手浄水メーカーもこぞってアジア市場を掴みにかかっているでしょうから、営業活動が試されるでしょう。

がんばれダイキアクシス!

個人的に社長の顔が好きなんですよね。熱意に溢れている感じで。

ダイキアクシス株との付き合い方

売り上げも年々伸びていてまさに絶好調といった印象なので、基本的にNISAにでもいれて放置するのがいちばん良い投資法だと思います。

まさに直球の成長株投資ですね。

果報は寝て待つといいますか、業績にあわせて株価も確実に底上げされていくはずなのであせらず、定期預金かなにかのつもりで数年単位の投資が良いと思います。

買い時、安い拾い方はコチラの記事が参考になれば幸いです。

トランプ相場の行方はいかに?恐怖指数を使ってバリュー投資&長期投資を成功させよう!

ただ、長期投資をしていると、好材料で急騰した時にどうしても売りたくなるんですよね、、

つなぎ売りや、うねり取りなんかのテクニックがあればさらにうまく立ち回れるんでしょうね。

ぼくはその辺に関して勉強中なのでまたいつか書いてみたいと思います。

あわせて読みたい
成長株投資の成功の鍵は機関投資家が大株主であること!【四季報&CANSLIM手法】

それでは、割安で優良な成長株を考察するシリーズ【ダイキアクシス】を読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告