【IoTで変わる物流業界】自動運転、倉庫ロボット、コンビニの未来AMAZON GOなど

今回はIoTネタを書いていきます。

 

センサーを駆使して共同で働く倉庫管理ロボや、日本の物流業界、アマゾン新規参入で揺れる小売業界の今後など、いろいろ書いていきたいと思います。

 

IoT革命によって物流業界

 

IoTつまりInternet of Things、モノのインターネット化社会の到来が経済誌をにぎわしていますよね。

 

モノといえば物流、一番経済活動に関連しているのにもかかわらず、いまいちこのIoT革命が物流業界に与えるインパクトがまだ伝わっていないような気がします。

 

コレをみてくださいよ!

 

アマゾンの倉庫でニュルニュル動く倉庫番もびっくりのロボたち。例えが古くてすいませんw

 

 

既に川崎のアマゾン物流センターで稼働中とのこと。

 

なんとこのロボの導入により、24億円のコストカットができる試算だそうです。

 

しかもひとつの倉庫あたり、24億円の節約になるとの事。

 

すごすぎ、、

 

こういった状況の中で日々、アマゾンをはじめとした通信テクノロジーをフル活用した企業が黒船のごとく参入してきています。

 

日本の物流業界はこのままアマゾンの一人勝ちになってしまうのでしょうか?

 

ECサイトといえばヨドバシカメラ等が即日配達のヨドバシエクストリームなどを展開してがんばっていますが、ここまでのコストカットと、高速化はさすがにできていないでしょう。

 

そもそも大手の楽天は、沢山の異なる店舗が楽天のサイト下に集っているだけなので、こういった一括で商品の管理から発送までを担うサービスというと、ホントにアマゾンくらいですよね。

 

で、そのアマゾンが圧倒的に安くて、早くてさらには電子書籍や映画、音楽まで提供していると。

 

もう、ほんとに買い物イコールアマゾンという未来になっているかもしれませんね。

 

ついに顧客の手に届ける最後の「配達」という領域にもドローンで乗り込んできていますからね。

 

新型のドローン開発にも余念がありません。

 

 

日本のベンチャー「ZMP」

 

では、日本企業でどこか面白いサービスを展開しているところはというと、、、

 

やはりベンチャーの「ZMP」ですかね。

 

自動運転やドローン、倉庫ロボなどで大手企業に技術提供しています。

 

ソニーと共同で設立したドローン物流会社「エアロセンス」やDeNAと設立した自動運転のタクシー会社「ロボットタクシー」など。

 

ただこの「ZMP」でも倉庫の台車ロボや、買い物並走ロボを開発していますが、今一歩その辺りの導入は進んでいないんですよね。

 

物流ロジスティックスというよりは、自動運転や高性能なドローンの開発が得意な模様。

 

これはもう日本人の特性でしょうね。

 

モノ作りはすごいけど、作ったモノでのネットワーク化はいまいちアメリカの企業のような飛び抜けた発想はないという、、

 

もったいない。

 

 

ついにコンビニ業界にも参入のアマゾン「AMAZON GO!」ですよ

 

やはり今の時代、統合されたシステムの下で「物流業界」や「小売業界」、「サービス業界」などの垣根を越えたまったく新しい消費文化システムが構築されてきているので、この流れに乗り遅れるともう小売業界が総崩れになる可能性がありますよ、恐ろしい、、

 

そう考えるとアマゾンの創始者ジェフベソスは本当にとてつもない変化をもたらした実業家ですね。

 

想い描いているビジョンが一般的なこれまでの業界ごとの「縦割り」の消費構造を完全に越えています。

 

ユーザーのエクスペリエンス(消費体験)にフォーカスしてそのために最大限のテクノロジーを投下するという姿勢。

 

そんなアマゾンが今年から「コンビニ」業界にも参入してきます。

 

その名もAmazon Go!

 

ポケモンじゃないっすよw

 

現時点でぼくはこのコンビニに対するジェフベソスのビジョンはなかなか理解できないのですが、きっと数年後には「あぁ、こういう事だったのか」と納得させられてしまうのでしょう。

 

 

マジで消費=アマゾンの未来ですな。

 

日本のコンビニ業界大丈夫かな。。。

 

あわせて読みたい
【ドローン】【飛行船】上昇中!もう一度アマゾンの株でも買うかな。

オススメ情報〜見た目でもっとも大事な部分とは?〜

これをお読みのあなたは、きっと知的で賢い人でしょう。
ただし、どんなにオシャレをしたり、筋トレしたり、自己研鑽しても...。
肌が汚いと、ほぼすべての努力が台無し。
服はオシャレだけど、見た目が汚いわ〜...

と思われてしまったら、損ですよね。
あなたの魅力が正しく伝わらないので、もったいなさすぎです。

女性の7割以上が男性の汚いヒゲに不快感を感じているそうです。

一昔前なら高いイメージだった本格的な医療レーザーのメンズヒゲ脱毛が、
いまなら月々3000円からできるのをご存知ですか?
あれ?...最近オレの青ひげ、濃くなってきてないか?
自分に自信が持てなくて、積極的になれない...
仕事に勉強...やりたいことに集中したいのに時間がない...涙
これらに一つでも当てはまるようなら、
いますぐヒゲ脱毛をはじめてみるべし。

ぼくもヒゲ脱毛をしていますが、控えめに言って最高です。
毎日の時間の余裕もできるし、肌もキレイになりました。
管理人オススメの定番&人気クリニックを載せておきます↓↓

【大人気!医療レーザー脱毛クリニック3選】

①100円で通い放題プランが魅力的な
ゴリラクリニック

髭脱毛

②月々3000円が魅力の
メンズリゼクリニック



③東京・名古屋・大阪なら知る人ぞ知る
「永久通い放題プラン」がある人気の
ドクターコバクリニック

Dr.コバ

各クリニックでは、カンタンなWEB予約だけで無料カウンセリングを実施中。
ヒゲ脱毛は、早く始めた方が圧倒的に有利。
一日5分をヒゲ剃りのためにムダにしていると、
365x5=1825分(約30時間)の損失。

時給1000円で考えると、
毎年3万円相当の時間をヒゲそりという非生産的なことに費やし続けているのです...。
コレが10年続いたら、どうでしょう?
替えのシェーバー代や、ローション代も考えたら...?
ヒゲを放置すると、数十万円以上のムダがあなたの人生につきまといます。
だから、ヒゲ脱毛してしまった方があきらかに合理的なのです。

ヒゲそりをつづけるほど、青ヒゲは濃くなります。
細かいキズのせいで色素沈着を起こすからです。
年とともに「剃っても剃っても消えない青ヒゲ」が濃くなるのはそれが原因です。

世の中の成功者といわれる賢い男性たちほど、
とっくにヒゲ脱毛して、有意義な時間を手に入れています。
そして、お金の余裕も生み出しているのです。
あなたもそういう賢い男性の仲間入りして、外見も内面もワンランクアップさせましょう。
ヒゲ脱毛は時間とお金を生み出す現代の錬金術ですぞ。

\いますぐ公式サイトをチェック/
ゴリラクリニック
(100円通い放題プランが大人気)
メンズリゼクリニック
(月3000円コースが魅力的)
ドクターコバクリニック
(永久通い放題コースで濃いヒゲも安心)

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

投資・資産運用
湿度50%
タイトルとURLをコピーしました