iBasso DC03PRO開封レビュー【スマホに最適なコンパクト本格USB-DAC】

4.5

iBasso DC03PRO開封レビュー【スマホに最適なコンパクト本格USB-DAC】

iBasso DC03PROをゲットしました!!

さっそく写真たっぷりで開封レビューをしていきたいと思います!

iBassoの他のDAC(DC05やDC06)などとの大きさ比較もしていきますよ〜。

追記の音質レビューも書きました↓↓

iBasso DC03PRO音質レビュー【ダークホース現る。DC05やDC06と比較】
どうも、ポータブルDAC好きブロガーのてつです。 iBasso DC03PROを買ってから、毎日Apple Musicでハイレゾ音楽を楽しんでおります。 前回の記事では開封レビューをして外見デザインなどを...

iBasso Audio DC03PROの開封レビュー

こちらがiBasso DC03PROの箱。

Aliexpress(通称アリエク・中国アリババが運営する巨大通販サイト)で購入したので、中国語のステッカーがついてます。

日本のアマゾンなどで買うと、株式会社MUSINが代理店なので、MUSINのステッカーが貼られていると思いますが、モノ自体は一緒です。

Amazonだと9900円ですが、Aliexpressで約8千円(送料込み)でゲットしました。

Aliexpressで買うと保証はないし、届くのも1週間くらいかかるのですが、Amazonとかで買うよりもちょっと安いというメリットがあります。

側面。

側面2。

シーラスロジックCS43131を二機搭載しているということを誇らしげに箱にも記載してますね。

箱の見た目自体はいつものiBasso Audioという感じ。

DC05やDC06の時も同じようなプラスチックケースでした。

iBasso DC06開封レビュー【Shanling UA3との比較】
どうも、ヘッドホン好きブロガーのてつです。 iBasso DC06を購入しました。 さっそく開封レビューをお届けしますね! Shanling UA3やiBasso DC05などとも大きさや本...
iBassoDC05が届いたので開封レビューだよ。
どうも、スティック型USB DAC愛好家ブロガーのてつです。 iBassoから待望の新作DC05が登場しましたね! 日本ではまだ未発売なのですが、海外ではもうすでに発売されております。 個人輸入サイトのebayを使...

箱や付属品

それでは開封していきます。

パカっと。

いきなりDC03PROの本体が登場。

白いクッション材の中に鎮座しております。

本体の下には、USBケーブル・USB-C to Aのアダプタが入っております。

Aliexpressで買うと、いつも「当たりくじ・スクラッチカード」が付いてますね。

運がいいとiBassoの高級DAPなんかが当たるらしいです。

が、中国語はまったく読めないし、仮に当選しても日本に送ってくれるのかどうかも謎なので、いつも削ってませせん笑

【内容物】

  • 外箱
  • DC03PRO本体
  • USB-Cケーブル(約10cm)
  • USB-C to A変換アダプター
  • 取扱説明書 兼 保証書

DC03PRO本体をいろいろな角度からチェック

ではDC03PRO本体を詳しくみていきましょう。

正面。黒いガラスパネルとシルバーアルミパーツのバランスがカッコいいですね。

オトコ心をくすぐる近未来チックなデザインセンス。

ボタン部分。

ボタン部分2。

DC03PROには100段階で調節できる物理ボタンが搭載されました。

スマホやパソコンを操作しなくても、このボタンをポチポチすると音量を細かく調整可能です。

追記の音質レビューもどうぞ↓↓

iBasso DC03PRO音質レビュー【ダークホース現る。DC05やDC06と比較】
どうも、ポータブルDAC好きブロガーのてつです。 iBasso DC03PROを買ってから、毎日Apple Musicでハイレゾ音楽を楽しんでおります。 前回の記事では開封レビューをして外見デザインなどを...

本体音量ボタンは便利だが、長押し対応していないのが少し不便

MUSIN公式サイトより引用

ただ、長押しには対応していないのがちと面倒。

ボリュームをガッツリアップorダウンさせたい時には、ポチポチポチ…っと高速連打する必要があるので、指が疲れますね。

正直、64段階くらいにしてくれた方が操作性に関してはよかったかも。

アンドロイドのスマホがあれば、アプリ上で音量調節やゲインの調整できるので、アプリも併せて使うことをお勧めします。

iBasso公式アプリ「iBassoUAC」

MUSIN公式サイトより引用

背面。

背面もガラスパネル仕様。

側面の反対側には特に何もなし。

USB-C端子側。

ここに付属のUSB-Cケーブルをつけます。

USBケーブルは着脱可能

ケーブルの取り外し、アップグレードなども可能なので、さらにオーディオ沼が広がっています笑

iBassoさん、DC03PROの発売と同時にアップグレード版の高級USBケーブル「CB18」も登場させております。ザ・商売上手w

MUSIN公式サイトより引用

ぼくはUSBケーブルを替えたくらいで音はそこまで変わらないかなーと思う派なので、普通に付属のケーブルで十分ですかね。

Lightning to USB-CのOTGケーブルがあればiPhoneでも使えますよ。

おすすめのLightningケーブル↓

出力端子は3.5mmシングルエンド(アンバランス)のみ

ヘッドホン/イヤホン出力端子は3.5mmのシングルエンド/アンバランスのステレオミニプラグのみ。

昨今の流行りのバランス接続には対応しておりません。

DC03PROは軽さと小型さがウリ。

DC06のようなバランス端子も付いているけどちょっとデカめな筐体よりも、コンパクトで機動力を重視したモデルです。

DC05の兄弟分的な立ち位置

日本製のフェムトクロック(水晶発振器)も搭載しているので、コンセプトとしてはDC05に似ていますね。

DC05はNDK(日本電波工業)製のフェムトクロックでしたが、

DC03PROはKDS(大真空)製のフェムトクロックを搭載。

NDKもKDSもどちらも日本企業です。

詳しいスペックはこちらの記事で解説しています↓

iBasso DC03PROが11月25日に発売決定!スペック詳細まとめ【9900円】
iBassoの新製品が11月25日に発売になるようです! DC03PROという商品です。 以前から好評のDC03の性能をワンランクアップさせた模様。 DC03との主なちがいは以下↓ ・KDS社製 フェムト...

大きさをDC05やDC06、ShanlingUA3などと比較

サイズ的にはDC05よりもちょっとデカくなり、DC06よりはコンパクト。

上から大きい順にShanlingUA3,iBassoDC06,DC03PRO,DC05

上から大きい順にShanlingUA3,iBassoDC06,DC03PRO,DC05

左から大きい順にShanlingUA3,iBassoDC06,DC03PRO,DC05

左から大きい順にShanlingUA3,iBassoDC06,DC03PRO,DC05

左から大きい順にShanlingUA3,iBassoDC06,DC03PRO,DC05

左から大きい順にShanlingUA3,iBassoDC06,DC03PRO,DC05

左から大きい順にShanlingUA3,iBassoDC06,DC03PRO,DC05

DC03PROの重量は約10.5g

かなり軽くて持ち運びにぴったりです。

DC05は9gだったので、1.5g(一円玉1.5枚分)だけ重くなりました。

再生停止の状態だと、本体のLEDが赤く光ります。

再生の音源に合わせて、青や緑に変わります。

サイバー感があってカッコいいLEDライトですね。

MUSIN公式サイトより引用

発熱は?

スティック型USB-DACで気になるのが、本体の発熱問題。

DC03PROに関しては、かなり発熱は抑えられている印象。

本体を触ると、ほんのりとぬるいレベル。

スマホの発熱と大差ないくらいの感覚。

「あったかい」というより「ぬるい」というレベル。

少なくとも、熱ッ!とはなりません。

ポケットに入れても発熱で煩わされることはほぼなさそう!

iBassoのUSB-DACはDC06が一番発熱が少ないと思いますが、

DC03PROはDC06に次いで発熱は抑えられているかなと。

DC05よりはだいぶマシになっています。

ただ、DC03PROが発売されたのが2022年の11月後半。

ぼくがレビュー記事を書いているのも寒くなってきてからなので、夏の暑い時期の発熱に関しては、正直現時点ではなんとも言えないというのが本音。

まとめ:音質はかなり優等生的

はい、というわけで今回は

iBasso DC03PRO開封レビュー【スマホに最適なコンパクト本格USB-DAC】

というテーマで話してみました。

 

肝心の音質は、

かなり優等生的なバランスの取れたサウンド

です。

派手さはあまりないけど、味のある確かな高音質という感じ。

全体的にしっとりと落ち着いていつつも、きちんとエネルギッシュで躍動感のあるサウンド。

KDS製の高品質フェムトクロックのおかげなのか、

リバーブなどの残響感もわかりやすく、音のエッジ感の描写もうまい。

高音域はほどよくマイルドでシュワシュワしていて、低音のドライブ感も十分で気持ちいいです。

 

音質のレビューはまた別記事でしっかりお伝えしますね!

もちろん手持ちの

ShanlingUA3

iBassoDC06

DC05

との音質比較もしっかり行っていきますぞ!

追記の音質レビュー書きました↓↓

iBasso DC03PRO音質レビュー【ダークホース現る。DC05やDC06と比較】

iBasso DC03PRO音質レビュー【ダークホース現る。DC05やDC06と比較】
どうも、ポータブルDAC好きブロガーのてつです。 iBasso DC03PROを買ってから、毎日Apple Musicでハイレゾ音楽を楽しんでおります。 前回の記事では開封レビューをして外見デザインなどを...
【ハイレゾ聴き放題ならAmazonミュージック】 あらゆるジャンルの音楽がウルトラハイレゾで聴き放題🌎
オーディオマニア定番のFLAC形式データで超高解像度📝
今なら無料で30日間試せる😳
無料でAmazonミュージックHDを30日間試してみる!

 

iBasso DC03PROが11月25日に発売決定!スペック詳細まとめ【9900円】
iBassoの新製品が11月25日に発売になるようです! DC03PROという商品です。 以前から好評のDC03の性能をワンランクアップさせた模様。 DC03との主なちがいは以下↓ ・KDS社製 フェムト...
iBasso DC06開封レビュー【Shanling UA3との比較】
どうも、ヘッドホン好きブロガーのてつです。 iBasso DC06を購入しました。 さっそく開封レビューをお届けしますね! Shanling UA3やiBasso DC05などとも大きさや本...
iBassoDC05が届いたので開封レビューだよ。
どうも、スティック型USB DAC愛好家ブロガーのてつです。 iBassoから待望の新作DC05が登場しましたね! 日本ではまだ未発売なのですが、海外ではもうすでに発売されております。 個人輸入サイトのebayを使...
【無料】いまならアマゾンのハイレゾ聴き放題サービスが無料で30日試せる



ちなみに、皆さんは普段、音楽をどのような媒体で聴いていますか?
mp3?CD?レコード?
ハイレゾ超高音質で7000万曲以上聴き放題のアマゾンのサービスがヤバイです。

ハイレゾ音楽のサブスクなら、アマゾンミュージックアンリミテッドHDが断然おすすめ。
オーディオマニアに最強と言われることが多いデータ方式「FLAC」の音源ソースで、あらゆるジャンルの音楽が聴き放題で、月額980円。
控えめにいって、めちゃくちゃお得です。

バフッ!バフ...!っとバスドラムの皮が揺れる感じとか、シュワワ〜っとシンバルの超高音域が全然潰れないクリアーな世界...。
ドキッとするようなボーカルの生々しさや息づかい、各楽器のディテール、ステージの臨場感などがありありと目の前で展開されます。
腰抜かすレベルで感動しますよ...。

月にアルバム1枚を購入するよりも安い金額で、新作から往年の名盤まで、邦楽も洋楽も無制限・無広告でハイレゾ音質で楽しみまくれます。
自分だけのプレイリストを作ってニヤニヤすることも可能。
いまなら30日間無料で試せるキャンペーン をしています。

アナログ派の人も、MP3派の人も、
ぜひこの機会に、ハイレゾサブスクの世界のヤバさを体感してみてください。
無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。
超お得なキャンペーンなので、まだ未体験の方は、ぜひ登録しておきましょう↓

\無料でアマゾンのハイレゾ音楽サービス「Amazon Music Unlimited HD」を試してみる/

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

オーディオ周り
湿度50%
タイトルとURLをコピーしました