腹筋ローラーの効果は正しい使い方次第で全然変わるよ!やり方を伝授

(画像はイメージですw)

どうも、最近やっと腹筋ローラーをゴロゴロと使えるようになってきたてつです。

今回は前回の記事に引き続き、

【関連記事】

いやね、、 良い、良いとは聞いていたんですが間違いないですね。 腹筋ローラー、アブローラーなど呼び方はいろいろですが...
腹筋運動なんて超苦手だったぼくがシックスパック直前までこれた具体的な方法を書いていきたいと思います。

正しくレベルアップして、いつ誰に見せても準備OKな美しい腹筋を手に入れましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

段階的にレベルアップしよう

大きく分けて三段階のレベルアップをしていく必要があります。

①壁に向かって膝コロ
②膝コロフラット+壁に向かって立ちコロ
③立ちコロ〜フラットへの道

まず、一番最初のステップである「壁に向かって膝コロ」から始めましょう。

これはどういう状態かというと、初心者がよくやってしまう「無理をしすぎて腰を痛める」のを防ぐために壁をストッパー代わりにして使うということです。

この動画のような感じです。

じつに分かりやすいですね。

例えば、腹筋ローラーを持ってゴロゴローっと前に10cm、20cmとカラダを伸ばしていくと
どこかでかなりキツくなってきますよね?

そのキツくなったあたりにちょうど壁が当たるように、壁の近くでコロコロを行うのです。

そうすると、行き過ぎて腰を痛める心配が減るので安心してじぶんのレベルに合わせて鍛えていけるのです。

最初はカラダがくの字になるくらいで十分なので、毎日こつこつと徐々に床と水平にまで倒せるようにしていきましょう。

というか、コツコツやっていれば勝手にからだが慣れてきますので焦らずに毎日続けましょう。

腹筋は裏切りませんから!

軌道に乗ればシックスパックも目前!

で、これに馴れてきたらいよいよ立った状態からのころころに入っていきます。

この場合も、膝コロと同様、壁を使って段階的に鍛えてゆき、けがのリスクを抑えていきます。

この段階までくればすっかりこのエクササイズが習慣化しているはずなので、
ほぼ自動的にシックスパックへの道に進んでいけるわけです!

なので、始め〜膝コロがフラットにできるくらいまでいかに続けられるかが勝負の分かれ目ですね。

その為にもぜひ膝の保護のためにマットなり低反発枕なりを使って
快適にころころできるように環境を整えましょう!

厚めのヨガマットもオススメ

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

アマゾンイージーリンク
本をじっくり読む時間がない人はオーディオブックでサクサクインプットで時間をムダにしない!
広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告