【初心者は膝が痛くならないことが大事!】腹筋ローラーを使う際の必需品はマットや低反発枕

いやね、、
良い、良いとは聞いていたんですが間違いないですね。

腹筋ローラー、アブローラーなど呼び方はいろいろですが、
ようはコイツのことです。

アマゾンで1000円くらいで買えるものなのですが、
これの費用対効果はハンパじゃないですよまじで。

レビュー数も圧倒的で、高評価。

ドンキでも安く買えますよね。

で、何がすごいかって、ほんとやると分かるんですが、
これを使った動きって、ゴローッとしたときに掛かる体重をほぼ腹筋で支えてやらないといけないので、
必然的に腹筋に負荷がかかるんですね。

で、この支えるっていうのがミソでして、普通の腹筋運動はカラダを支えるというよりは
起こす運動ですよね。

でもアブローラーの動きは【支える】要素が強いんです。

ぼくはこの本を読んで腹筋の役割が【支える】ということに共感しているので
このローラーで支える機能を強化できるなと確信しているんです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

やり方

で、やり方なんですが、

いきなり立った状態から床に鼻先が着くくらいの完全体はよほどのマッスルマンでないと
絶対に無理だと思うのでまずは膝をついた状態で上半身の体重だけかけて行っていきましょう。

その際に絶対に必要になるのが、厚めのマットor枕!

やると分かるんですが、床に直接膝をつけて行うと、そっこうで膝を痛めますw

で、膝を痛めると同時にやる気も損なわれますw

そうなるとこの腹筋ローラーは押入行きになってタンスの肥やしに成り果ててしまいます。

数年前のぼくがそうでした。。

なので絶対にマットは必須!

マットで膝を守ってあげられるかどうかが続けられるかどうかの分かれ道だと思いますので、
必ず厚めのマットや低反発の枕を用意してください。

こういう厚めの枕もいいですね。

ちなみにぼくは贅沢にテンピュールの枕をマット代わりにしていますw

テンピュールの枕『ミレニアムネックピローxsサイズ』が届いたので。

注文していたテンピュールの枕 ミレニアムネックピローのXSが届きました。  今使っているモデルもミレニアムネックピローなんで...

この記事にあるようにテンピュールの枕がひとつ余っていまして。。

膝を守りつつ腹筋を強化していってくださいね!

最初は無理せずにゆっくりと、じぶんが出来る範囲の動きを確実にものにしていきましょう。

毎日こつこつとやっていれば半年後にはいやでも膝コロは床と水平状態まで出来ると思いますんで。

いきなり無理するのは腰を痛めるので、とにかく慎重に、毎日地味に鍛えていきましょう。

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

アマゾンイージーリンク
本をじっくり読む時間がない人はオーディオブックでサクサクインプットで時間をムダにしない!
広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告