歯のホワイトニングがきっかけでスコトーマ/心理的盲点がはずれて自分に自信がついてきた。

タイトルのあるように、いよいよ今週末、ついにずっと憧れていた歯の本格的なオフィスホワイトニングにいってきます。

ココです↓

1回の通院で輝く白い歯に!【ホワイトニング東京】

ニコッと笑うとキラッと輝く白い歯、、、

ここ最近、モテるためにどうしたらいいのかをアラサー目線で毎日のように試行錯誤して出た結論

それは、やはり見た目の第一印象

特に清潔感

これをアップさせることが確実にモテ効果につながるだろうということである。

今回のオフィスホワイトニングにかかる費用は約3万円

果たして3万円の投資で、どれくらいの効果をぼくにもたらしてくれるのだろうか、、、

そんな訳で今日は、歯のホワイトニングとスコトーマ/心理的盲点の関係というちょっとマニアックな心理的な話です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

スコトーマをはずすと世界が変わる

まず、タイトルにあるように、「スコトーマ」である。

心理学や自己啓発の本などを読んだことがない方にとっては聞き馴染みがない言葉だと思うので簡単に説明すると、スコトーマとは、心理的盲点のこと。

例えば花に興味がある人と、ない人

この2人が同じように街中を歩いていたとする。

当然花好きの人は、道端に咲く花の種類や、香りなど、様々な情報を5感全体を使って感じ取るでしょう。

でも、全く花に興味がない人は、同じようにたくさんの花の前を通り過ぎても、何も見えていないのである。

でも、この人がふと何かのきっかけで花の素晴らしさに気づいて、好きになると、その瞬間から世界がガラッと変わって、一気にこの世の中にいかにたくさんの花が溢れているかに気付かされる、、、

これを心理的盲点が外れた状態、つまりスコトーマが外れた状態、というのである。

この、「スコトーマが外れた状態」を最近ぼくは花ではなく、「歯の白さ」というジャンルで感じているよ、という話です。

もちろん花はずっと前から好きですけどね、、、

1回の通院で輝く白い歯に!【ホワイトニング東京】

第一印象を武器に

実際にクリニックに予約を入れてからというもの、自分がいよいよ念願の歯のホワイトニングを受けるということがどんどんリアルになる。

それにつれて街中の女性や雑誌の中のモデルさんの歯、さらには男の歯の色なんかもめちゃくちゃ気になるようになった

そして、歯が白い人はやっぱりかなり好感度をうまく使って、コミュニケーションに生かしているなぁとつくづく感じるのである。

プロフィール写真に、白い歯を見せて満面の笑みを浮かべたものを使っている女性キャスター、タレント、アイドルは当たり前で、ビジネスマンやネット上のフリーランスのブロガー、コンサルタントなど、第一印象を上げるためにこだわる人は、しっかり「歯」を意識していることが今まで以上にはっきりとわかるようになった。

逆にユーチューバーなどを見ていると、人気の人も意外に歯には気を使っていなかったりして興味深い。

対面というよりは、自分の家などから一方的に配信するタイプのメディアだからこそ、良くも悪くも、自分では気づかない場合が多いのだろう。

なので、顔芸などで口のアップが映されて、歯が汚いとちょっともったないなぁと思ってしまう。

それほど、歯の色味は好感度や清潔感にかなり密接に結びついているのである。

まとめ

ホワイトニングの予約を入れてからというものの、ここ数日は毎日人の歯、口の中ばかりに目と意識がいくようになっているよという話でした。

いよいよ今週末、「1回の通院で輝く白い歯に!【ホワイトニング東京】 」というクリニックで施述してもらってきます。

真っ白になったら今度はどんなことを思うんでしょうかねぇ、、

ぼくの思惑通り、モテるようになるのかな??

自分に自信がついて、女性と積極的に話せるようになるのかな??

口臭対策なども同時に攻略しつつ、オーラルケア周りは常に「スキなし!」の状態を作っていきたいですな。

では。

1回の通院で輝く白い歯に!【ホワイトニング東京】

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告