筋トレの栄養補給に生アーモンドがおすすめ!甘いしタンパク質摂れるし最高

生のアーモンドがこんなにおいしいモノだとは正直思っていませんでした。

もっと「苦い」のかなと勝手に思っていたのですが、ほんのりと甘くて、おやつにぴったりですな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

良質なタンパク質と脂質の源!生アーモンドを買ってみた

どうも、てつです。

そもそも生のアーモンドに興味を持ったきっかけが、その栄養価の高さ。

最近筋トレにハマっていることもあり、なるべく良質なタンパク質や食物繊維、そして脂質を摂るように心がけております。

生のアーモンド100gあたりの成分は以下。

成分名単位
廃棄率0%
エネルギー587kcal
2454kJ
水分4.7g
たんぱく質19.6g
アミノ酸組成によるたんぱく質18.3g
脂質51.8g
トリアシルグリセロール当量51.9g
炭水化物20.9g
灰分3.0g


ナトリウム1mg
カリウム760mg
カルシウム250mg
マグネシウム290mg
リン460mg
3.6mg
亜鉛3.6mg
1.17mg
マンガン2.45mg
ヨウ素μg
セレンμg
クロムμg
モリブデンμg



Aレチノール(0)μg
カロテンα0μg
β10μg
β−クリプトキサンチン3μg
β−カロテン当量11μg
レチノール活性当量1μg
D(0)μg
Eトコフェロールα30.3mg
β0.3mg
γ0.8mg
δ0mg
K0μg
B10.20mg
B21.06mg
ナイアシン3.6mg
ナイアシン当量7.1mg
B60.09mg
B12(0)μg
葉酸65μg
パントテン酸0.49mg
ビオチンμg
C0mg


飽和3.95g
一価不飽和33.61g
多価不飽和12.12g
コレステロールmg
単糖当量5.5g



水溶性0.8g
不溶性9.3g
総量10.1g
食塩相当量0g
アルコールg
重量変化率%

出典:日本食品標準成分表

ざっくり言うと、

タンパク質:20g

炭水化物:20g

脂質:50g

というバランス。

脂質が多いですが、アーモンドに含まれている脂質は「オレイン酸」というもので、悪玉コレステロールを減らしてくれる効果があるそうです。

美味しく食べて、良質なタンパク質を摂れるので、筋トレのお供にぴったりですね。

一般的なローストアーモンドのように、塩が付いていないので、ベタベタしないし、パソコン作業中にポリポリ食べても手が汚れないのがうれしい。

テーブルの上に小さなお皿を置いて、そこに生のアーモンドを何粒か用意しておくだけで、気が向いたときに栄養補給できるので、良いですな。

びっくりするほど甘い!おいしい!

それに、冒頭にも書きましたが、とにかく自然な甘さがマジでクセになるほどおいしい。

砂糖などとは全然ちがう、ほどよい、ほんのりとした甘さ。

例えるなら「杏仁豆腐」みたいな、地味〜に控えめな甘さと、香りが噛むと口の中に広がります。

今までのナッツの既成概念をいい意味で完全に壊されましたね…。

ぼくが買ったのは、アマゾンでわりと評価が高めだったこちらの1kgの袋↓

created by Rinker
まめやの開発商品
¥1,380 (2019/11/22 08:05:09時点 Amazon調べ-詳細)

アサヒ食品というメーカーのものですね。

ナッツやシードを専門に扱うメーカーのようで、品質も普通に良いと思います。

アマゾンのレビューでは、「しけている」「ブニブニする」などの悪いレビューもいくつかあり、ちょっと不安でしたが、実際に届いた生のアーモンドは全然そんなことはありませんでしたね。

むしろ、びっくりするくらい、カリッとしていて、ローストされたアーモンドと「カリカリ感」もそこまで変わらないほどです。

割ってみた断面です。

煎っていないので、白っぽいですね。

ほどよく水分を含んでいて、独特の甘〜い香りが漂います。

ただ、普段から清涼飲料水やケーキなどの大量に砂糖が入った食事をしている場合、このほのかな甘味には気がつかないかも…。

ぼくは普段あまり甘いものは食べないので、甘いものに対して比較的舌が敏感なのか、生のアーモンドのこのほのかな甘味くらいでも十分に楽しめますし、幸せになれますな。

created by Rinker
まめやの開発商品
¥1,380 (2019/11/22 08:05:09時点 Amazon調べ-詳細)

生アーモンドの食べ方:水に浸して無毒化?

ただし、生のアーモンドを食べる時には、ちょっとした注意点もあるみたいです。

と言うのも、生のアーモンドは、水のない環境で発芽しないように、発芽を抑制する酵素抑制物質というものが含まれているそうな。

これが、人体に入ると、人のカラダの中の酵素も奪ってしまう…的なウワサもあります。

ですので、生のアーモンドを食べる際には、事前に12時間ほど水につけておいて、この酵素抑制物質を無効化させる必要があるんだそうな…。

ちょっとめんどくさいですな汗w

アーモンドに含まれる酵素抑制物質は、別に気にする量でもないから、わざわざ水につけなくても大丈夫という意見もあったりするので、いまいちどうやって食べたらいいのかわかりませんが…。

とりあえず今はポリポリとそのまま食べております。

浸水させることで、酵素抑制物質が消えて、さらにはアーモンドの酵素が活性化される…なんて話もあるので、今夜あたり浸水(ソーキング)させてみようかなとも思います。

まとめ:生アーモンドはおやつとして最適

生のアーモンドは、肌にもかなり良いみたいですので、ぜひ続けていきたいですな。

マジで普通におやつとして最高においしいので、ムリなく続けられそうです。

ホエイプロテインなどの動物性タンパクと、アーモンドからの植物性のタンパク質をバランスよく摂取して、ヘルシーにボディメイクしていきたいですな。

created by Rinker
まめやの開発商品
¥1,380 (2019/11/22 08:05:09時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたい人気記事!

⇒アルインコ懸垂マシンFA900Aの開封&組み立てと使い心地レビュー

⇒プロテインに混ぜるだけで糖質と食物繊維が一気に摂れるイヌリンパウダーが最高

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告