【コツ】笑うと鼻毛が見えやすいのでカットするときは気をつけよう【ムダ毛処理】

今回の記事は、「鼻毛の処理」についてです。

日々モテたいと思ってヘアスタイルやファッションに気を使っている男女ともに、気をつけたいのが鼻毛の処理、カットですよね。

何気なく鏡を見たら、じぶんの鼻の穴の中から鼻毛がひょっこり見えてしまっていて「あぁ、、またか、、、

と思って焦りながら手で引き抜くも、なかなかお目当の長く飛び出ている鼻毛が抜けなくてイラっとするような経験、あなたにもあるんじゃないですか?

この鼻毛の処理のコツについて詳しく書いていきましょう。

鼻毛処理をする上で、あなたも意外な点を見逃して「処理したつもり」になってしまっているかもしれませんよ?

キーワードは「笑顔」です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

鼻毛と加齢の関係、、、

10台、20代のうちは鼻毛って、以外にそこまで生えてこないのですが、30代を過ぎると不思議と鼻毛が伸びてくる勢いが増すんですよねぇ、、、汗

なんなんでしょう、この鼻毛が増える問題、、、

あれかな、どうしても30代を過ぎると加齢によってカラダの免疫機能が衰えてくるじゃないですか。

その弱った免疫機能を補うために、鼻から吸い込む空気に含まれるばい菌やウイルスを少しでもフィルタリングするために、鼻の穴の中にたくさん毛が生えてくるのではないでしょうか。

鼻毛って、要するに空気清浄機の吸入口のフィルターみたいなものですからねぇ。

内部の機能が衰えてきたから、外部のフィルターであるところの「鼻毛」が伸びる。

こういうメカニズムが考えられますな。

だからきっと、人間は本能的に鼻毛が伸びきっている人を見ると「あ、この人免疫機能が低下している人なんだな」と無意識に思ってしまい、あまりいい印象を持たれなくなるのでしょう。

鼻毛処理の仕上げに笑ってみてください

だいぶ話が「鼻毛論」にそれてしまいましたがw

肝心の処理のコツについてでした汗

そう、この鼻毛を処理するにあたって、気をつけたいポイントがあります。

それは、「笑ったときに鼻毛って見えやすくなっちゃうよ」

ということです。

普通、鼻毛を処理する時って、自室の鏡の前でハサミなり、鼻毛カッターなりで切っていく、もしくは人差し指と親指を鼻の穴の中に突っ込んで、盛大に引っこ抜いていくと思うんですねw

で、ある程度処理できたな〜と思ったら、仕上げに「ニコッと」笑って見てください。

すると、あら不思議、先ほどまで見えていなかった鼻毛が、ひょっこりあなたの笑顔のおかげで、陽の目を見るのですよw

で、また顔を元に戻すと、「じゃあね〜」と鼻の穴の中に消えていく鼻毛君たちがいませんか?

口角をグッとあげて笑うとどうしても鼻の穴も上に引き上げられるので、ちゃんとカットしたと思っていた鼻毛たちが出てきてしまうのですね。

これではいくら第一印象をよくするために思いっきりスマイルしても、あなたのお相手は、単にあなたの鼻毛を見せびらかされたと思ってがっかりしてしまうことでしょう。

まとめ

爽やかなイメージをしっかり相手に与えたいのに、逆に鼻毛アピールにならないように、鏡の前で「ニコッと笑って」処理に抜かりがないかどうかをチェックしましょう。

こういう地味なメンテナンスをすることで、自分の笑顔にも今まで以上に自信がもてるようになりますので、気がつけば異性の前で笑う回数も増えていくというメリットもありますよ。

では。

【鼻毛処理に役立つアイテムたちはコチラ↓】

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告