オナ禁航海日誌120日目〜早朝から元気すぎる息子?玉と前立腺に違和感

早いもので本日をもってオナ禁開始から120日目となりました。

 

いや〜振り返ってみると、ここまで来るのに長いようであっという間でしたねぇ。

 

で、今日の本題です。

 

以前からずっと書きたかったことでもあるんですが、とにかく朝の息子のモーニングコールっていうんですかね、、つまり「息子に起こされる」んですよw

 

毎日毎日w

 

ここ最近は特にひどくて、朝っていうか夜中から明け方くらいにはもう息子が「シャキーン」と起きてしまうのでw「ああ、、また始まったか」という感じです。

「モーニングコール」の原因は食生活?

この「息子からのモーニングコール」どうにかならないのかな、、マジで。

 

90日過ぎ以降から激しくなり始めて、最近は本当に睡眠に支障が出るレベルで元気すぎるというね汗

 

きっとぼくの食生活もかなり影響しているんだと思います。

 

毎日にんにくたっぷりの自家製パスタ長ネギたっぷりの冷奴や納豆を食べているので、がつきまくっているんですな。

 

精神統一で乗り切れるか

でも、オナ禁をしているからといって精を抑えるために自分の好物を控えるのも何か違う気がするので、どうせなら極限まで精を高めてみたいという気持ちなんですよね。

 

かといって、こう毎日毎日「モーニングコール」が夜中から明け方、さらには起きる直前まで続いてしまうと、なんだかもうすでに1日のエネルギーを、睡眠中にかなり消耗してしまっている気がして心配になってくるんですよねぇ。

 

精のつく食事をして、オナ禁もして、それでいて息子のコントロールもできるようになれば、めちゃくちゃパワフルな毎日を送れると思うので、なんとか精神統一していきたいですね。

 

 玉と前立腺に不安感、早急な対処が必要

あと、これも90日目くらいの時に書いたと思うのですが、息子がそういう感じで元気いっぱいなのに精を放出できていないせいか、「玉」のほうに違和感が出るときがあるんですよね。

 

左の玉が若干痛むことがあるんです。

 

カラダの機能としても、「立ち」はするのに精を出さないというのはちょっと混乱?してしまうのでしょうかね??

 

「どっちなの?出すの?出さないの?」

 

みたいな感じが毎日続く訳ですから、何かしら玉や前立腺の機能に負担がかかっていてもおかしくないですね。

 

この不安を解消できる唯一の方法は早く彼女をゲットすることなんですけどね。

 

この焦燥感をバネにして、ナンパや諸々のアプローチに励みたいものです。

 

まとめ

せっかくのオナ禁120日目の報告なのになんだか心配事ばかり書き連ねてしまいました。

 

でも、そんなリアルな声をお届けするのがこのオナ禁航海日誌なわけです。

 

間違っても「順風満帆の航海日誌」「後悔日誌」になる、、なんとことにはならないように、ひきつづきオナ禁という大海原の「この先にあるもの」に向けて舵を切っていきたいと思います。

 

では。

 

タイトルとURLをコピーしました