長期オナ禁で性エネルギーを転換して短絡的思考から抜け出す方法。

いきなりですが、なんだか最近、じぶんのことがよくわからなくなってきていますw

というのも今日でオナ禁146日目なのですが、ここのところ、ずっとブログを書くこと、つまりネットビジネスに朝から晩まで打ち込んでいて、すっかり欲望のほうは「二の次」といった感じになってきているんですよね、、

街で女性をみても、いちおう興奮自体はするのですが、なんというか、性的なイメージがあまり湧かず、ただなんとなく「キレイだね〜」と遠まきにぼんやりと眺めるだけになっている感覚です。

美術品を眺める感覚に近いかもしれません。

きっとあまりにも長期間「放出」という行為をしていないので、女性をみてもあまりカラダが生理的に反応しなくなってきているのでしょうね。

放出の感覚、快楽を本格的にぼくのカラダが忘れつつあるようです汗

これって、果たしていいことなのか??

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

クリエイティビティはマックス状態

ただその反面、仕事におけるクリエイティビティはハンパなく高まっています。

文章を書くのがブロガーの仕事なんですが、とにかく言葉がどんどん湧き出てきますね。

オナ猿の時にもブログ記事を書いていたのですが、明らかに頭のキレや集中力のとぎれなさ具合がちがいます。

仕事の生産性がリアルに2倍、3倍といったところです。

長期的な視点で思考できるようになった

ただ、女性をみて性的に興奮しづらくなったといっても、不思議なことに「モテたい」という気持ちはあいかわらずあるんですよね。

というかむしろ日増しに大きくなってきているかもしれません笑

仕事のやる気が満ち溢れ、かつモテたいという欲求も大きくなっていく、、、

端的にいうと、オナ禁146日目の状況はそんな感じです。

とにかく、「モテるべくしてモテる」という状況をいかに作っていくかという長期的な目標にフォーカスできるようになってきたということです。

オナ猿の時は、どうしても短期的な快楽に溺れてしまっていたので、性の欲求だけではなく、普段の生活、仕事など何事に対しても短絡的な思考に支配されていたように思いますね。

「とにかく今夜、気持ちよくなりたい、、、今すぐに」

そんな「輪」の中でぐるぐると回っていたのです。

本当にその短絡的なオナ猿スパイラルから抜け出せてよかった、、、

まとめ

女性をみてもまるで美しい美術品のようにみえて、じぶんの性的なシグナルは以前より反応しなくなる、それでいて仕事の生産性はガンガン上がっている状態。

これが世に言う有名な「性エネルギーの転換」なのでしょうか??

ただ、今後もオナ禁をしていくにあたって、仕事のクリエイティビティは保ったまま、できれば早急に彼女も欲しいというのもまた本音ではあります。

あくまでも第一優先は自己実現、つまりネットビジネスで結果を出すこと。

その延長線上で、自然に彼女ができていくような流れが理想ですね。

いずれにせよ、長期オナ禁を通じて、「むりやりに、短絡的に切羽詰まった感じで女性を口説く」というマインドとはお別れできた気がします。

だんだんと、少しづつ確実に人生が良い方向に向かっている感覚がここちよいですね。

では。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告