チョコ好き必食!Bean to Barミニマルのチョコが想定外においしい件

ミニマルチョコ

そう、今グルメ情報誌などで話題なのが「Bean to Bar」という新しいタイプのチョコレートです。

Bean to Barとは「豆からバーへ」つまり、チョコレートの原料となるカカオ豆の仕入れ、場合によっては栽培、収穫などから焙煎、バーつまり板チョコという製品に仕上げるまでを徹底的にこだわって作られているタイプのチョコレートのことです。

このBean to Barチョコレートブランドの代表格といえる存在が、ミニマル/Minimalです。

ここのチョコレート、ぼくも先日プレゼントでいただいて初めて食べたのですが、もうね、今までのチョコレートのイメージがガラリと変わるほど、衝撃的な美味しさだったので紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

お値段なんと普通の板チョコの10倍、、だと、、!?

今回ぼくが衝撃を受けたこのミニマムというブランドのチョコ。いきなりですが、まぁお高いこと、、、汗

先日、このチョコを人からいただいて、とても美味しかったのでぼくもプレゼント用に銀座のショップに買いに行ったのですが、、板チョコ一枚でなんと1500円!!!w150円じゃないですよ、、

普通のガーナや明治の板チョコとの値段差、じつに10倍以上です。。恐ろしいですな汗

だけど、お味の方は本当に美味しいし、ケーキなどの生モノともちがい日持ちするので、プレゼントする際にも賞味期限を気にしなくていいのが良いですよね。

とにかくフレーバーの香りの良さに驚いた!

特に驚くのが、その独特のフレーバーです。

というのも、普通のチョコを食べて「ベリーのアロマ」とか「白ぶどうのアロマ」とか、さらに「柑橘系のアロマ」などを感じられるチョコって食べたことあります??もちろん人工的な香料などは一切使用していませんよ。

このミニマムのチョコは一口食べただけでカカオの香りはもちろん、それぞれのラインナップごとに特有のアロマが感じられるんですよ。これには驚きますよ絶対。

ぼくがこれまでに試したは以下のフレーバー


Fruity Berry Like ベリー系の香り ブラックベリーのような香り。女性ウケしそう。

Fruity Citric グリーンアップルのような香りでビターな柑橘系のアロマも感じられて爽やか。

Savory Froral 白ぶどうのような香り・歯ごたえがカシューナッツみたいでおいしかったし、びっくりしたw


プレゼントって、単に美味しいものでももちろん嬉しいですが、このチョコみたいにサプライズ感や今まで食べたことのないような新体験感ってとても大事なんですよね。

もらった相手も、いざ食べてみて新鮮な驚きがあると、「こんな世界があったんだ〜!」と、チョコ自体の印象とともにあなたのこともずっと印象に残りますので、異性へのプレゼントとしてもとっても効果的ですね。

チョコの好印象に自分の印象もちゃっかりと便乗させちゃおうという姑息な戦法ですw

まとめ。直営店舗ならアイスもあるよ

ただ、このミニマル、店舗がとても少ないんですよね、、この記事を書いている2018年貼る時点だと、本店の富ヶ谷、銀座、白銀高輪、そして東部池袋の計4店舗。

しかしご安心を。ちゃんとオンラインショップもあります。ただ、店舗に行くと店員さんが一つ一つのフレーバーを食べさせてくれるので、チョコ選び自体も楽しい体験になるので、オススメはやっぱりお店での購入です。

アイスも食べられるみたいですし。じっさいにぼくが買いに行った銀座店の外でも美味しそうにアイスを頬張るOLさんがいましたっけ。。

↓アマゾンで調べてみたら、明治の高級ライン「THE」にもいろんなギフト仕様があるんですな。こちらも美味しそう。

スポンサーリンク
LINE、Twitter、Facebook、Instagram使い放題プランが月額1,110円~!スマホ代節約&乗り換えならLINEモバイル がオススメ!今ならスマホが半年間300円で使えるという超お得なキャンペーンを開催中↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告