【聞くだけで夢が叶う】AIをつかった目覚まし自動音声アファメーションの効果【潜在意識を書き換える方法】

あなたの夢・願望・目標…。

今年こそ、絶対に叶える!

と本気の人だけ、今回の記事を読んでください。

30代でサラリーマンを引退して自由に暮らせているぼくが発見した、究極のセルフイメージアップ方法をお伝えします。

非常に強力な「自己催眠をつかった成功法・目標達成術」となりますので、

自分の脳・マインドセットをガラリと入れ替えたくない人は、ここでお戻りください。

自動音声アファメーションで夢を叶える方法をお伝えします

どうも、てつです。

あけましておめでとうございます。

新年一発目のブログ更新ということで、

今回は、ぼくがもっとも強烈なアファメーションだと確信している

「自動音声アファメーション」

についてお話しします。

音声からのインプットは、文字だけよりも格段に脳に定着しやすいということがわかっています。

つまり、続けやすくて、そしてマインドを強烈に変えてくれるのが、自動音声アファメーションなのです。

ぜひいますぐ実践して、あなたの目標・夢・願望を、確実に叶えてくださいませ。

やり方を解説します。

そもそも、アファメーションってなに?

まず、

そもそもアファメーションってなに?

という人について、カンタンに説明しておきます。

アファメーションとは、

・文章であなた自身の叶えたい夢や願望を書いて、毎日朗読する
・自分の理想の姿を画像にして、毎日眺める

などのこと。

巷の成功本などにもよく書かれている、昔からの定番の目標達成術ですよね。

created by Rinker
¥1,485 (2021/04/21 19:35:28時点 Amazon調べ-詳細)

アファメーションを読むことによって、

あなた自身のセルフイメージ・潜在意識が書き換わり、

それによって、日々の行動も変わり、

夢がどんどん叶っていく…。

というものです。

あ〜…なんかそういうの、聞いたことあるな…
宗教っぽくてニガテなんだよな…

と思いますかねw

ちょっと胡散臭いですかね…汗w?

 

ですが、アファメーションは、脳科学的にも効果があると言われていて、

実際に、一代で成り上がった大企業の社長などやスポーツ選手なども取り入れている、マインド構築法なのです。

アファメーションのデメリットは「続きにくい」ということ

もしかしたら、あなた自身も、一度くらいはアファメーションを試しみてみたことがある?

もしくは、今現在も取り組んでいる?

かもしれません。

 

ですが、どうですか?

長続きしましたか?

アファメーション文章を毎日読み上げるのって、

正直、けっこう退屈なので、

飽きて3日坊主になってやめてしまったりしませんか?

やってみたことあるけど、結局効果も微妙で、気づいたらやめてたw

という人が多いのではないでしょうか?

何を隠そう、ぼく自身がそうでした…汗w

たまに気合いを入れてアファメーション文章を作ったりしても、

毎日読み上げるのって、意外にもめんどう。

しだいに億劫になってしまい、頑張って続けても、せいぜい1〜2週間止まり。。

こんな体たらくでした。

 

アファメーションは、毎日コツコツが大事。

1〜2週間だけでは、なかなか潜在意識は変わっていきません。

 

そこで、ぼく自身、

どうしたらもっと毎日、「強制的に」アファメーションを続けられるんだろう…?

 

と、いろいろと試行錯誤した結果、

絶対に続けられて、しかも、効果も通常のアファメーションよりも格段に高い!

という方法を確立したのです。

 

それが、

アファメーションの完全自動音声化

です。

AIにあなたのアファメーション文章を毎日読み上げてもらう

具体的にいうと、

自分で読み上げるのではなく、

AIに読み上げてもらうというやり方です。

 

今は便利な時代。

グーグルの無料のサービスを使えば、

誰でもカンタンに自動音声を本物そっくりの声で生成することができます。

あなたの好きなアファメーション文章を、コピペするだけでカンタンに作ることができます。

 

そして、できた音声ファイルを、スマホの目覚ましアラーム音に設定してください。

同居している家族がいる場合は、朝の通勤の時間帯などに、毎日イヤホンで聴けるようにしてください。

 

こうすることで、アファメーションが格段に続きやすくなります。

ぼく自身も、この自動音声アファメーションを始めてから、

ほぼ毎日、なんの苦労もなく、自分の願望を叶えるためのアファメーションを脳に刷り込むことに成功しています。

そして…

じっさいに、どんどんと理想の自分に近づけているのです。

ぼくはこれまでに、年収200万円のワープア状態から抜け出し、ネットビジネスで独立して自由に暮らせるようになったり、10年間非モテで苦しんでいたのに、女性関係に困らなくなったりと、たくさんの願望を実現してきました。

筆者のプロフィール

今まで、いろいろなアファメーションだったり、潜在意識を書き換える方法を試してきました。

いわば、「アファメーションオタク」なぼくですが、

この自動音声アファメーションは、ガチで一番効果があったと実感しております。

ぜひ、これをお読みのあなたも、さっそく試してみてください。

めっちゃ効きますよ…。怖いくらいに…。。

 

というわけで、

詳しいやり方を解説します。

自動音声をつかって潜在意識を書き換える方法

まずは文章を作成

まずは、アファメーション文章を作りましょう。

アファメーション文章のコツは、以下の3つ

①夢・願望・目標を現在進行形・完了形で言い切ること
②常に自分の本名を入れること
③なるべく具体的に書くこと

これらを意識して、アファメーション文章を作成しましょう。

文章の作り方をここで詳しく説明すると、長くなってしまうので、アファメーション文章の作り方については、別記事でまたお話しします。

以下の書籍が参考になるので、まだお読みでない方は、ぜひ読んで見ることを強くおすすめします。

アファメーションの基礎がわかります。

アファメーションは、やり方を間違えると、逆効果にもなりかねません。

まずは基本をきちんと理解しましょう。

created by Rinker
¥1,359 (2021/04/21 19:35:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥990 (2021/04/21 19:35:29時点 Amazon調べ-詳細)

グーグルの無料サービスを利用して、ホンモノそっくりの音声ファイルを作る

あなた自身の目標についてのアファメーション文章が用意できましたでしょうか?

では、自動音声アファメーションの作り方について説明します。

とはいえ、

作り方は、めちゃくちゃカンタンです。

2〜3分でできます。

 

まずは、以下のサイトにアクセスしてください↓

グーグルの公式サービスの

Text-to-Speech: 自然な音声合成 | Google Cloud

というサイトです。

テキスト・トゥ・スピーチと読みます。

もちろん、完全に無料で使えますので、安心してください。

このText-to-Speechは、グーグルが提供している、

最新のAIテクノロジーを駆使した、バーチャル音声合成ソフトです。

本来は企業など向けに提供されている機能なのですが、

個人がお試しで使う分には、無料で使うことができます。

 

ページの真ん中あたりに、

デモ
Text-to-Speech を試してみましょう
テキストを入力し、言語を選択して [Speak It] をクリックすれば、すぐに読み上げられます。

という場所があります。

ここに、あなたの好きな文章を入力するだけで、

本格的なAIが、リアルな声で読み上げてくれます。

最初は英語がデフォルト設定になっているので、日本語を選択しましょう。

声の種類も、男女数種類から選べます。

ぼくのおすすめは、Wavenet-Bという女性の声です。

テレビアナウンサーのような、かなりはっきりとしたキレイな発音で読み上げてくれるので、臨場感たっぷりです。

できた音声を保存する

さて、自動音声のアファメーションができましたでしょうか?

では、これを、録音していきましょう。

グーグルのText-to-Speechには、残念ながら、mp3ダウンロードなどの機能はありません。

 

ですので、一番手っ取り早い方法が、

スマホの録音アプリで録音する

というものです。

スマホの録音アプリを立ち上げて、録音しつつ、Text-to-Speechの再生ボタンを押せば、スマホ内に音声を記録することができます。

かなり原始的なやり方ですが、

PCで録音する方法がわからない!

という人は、この方法で音声を取り込みましょう。

PC(Mac・Windows)の場合

パソコンがある場合は、

パソコンの録音ソフトなどを駆使すると、もっとキレイな音でキャプチャーできます。

Macなら、QuickTimeプレーヤーとSoundFlowerというアプリを組み合わせることで、再生した音をキレイに保存することができます。

Macの設定の仕方↓

Macでm流れている音を録音する方法

ウィンドウズなら、

【ソフト不要】Windows 10で内部音声(PC内で流れる音)を録音する方法!ボイスレコーダーの使い方!

あたりの記事を参考にしてみてください。

【重要】スマホの目覚ましアラーム音に設定しよう

無事にアファメーション音声を保存できたら、あとはカンタン。

スマホに録音した人は、そのまま目覚ましアラーム音に設定しましょう。

PCに保存した人は、スマホにファイルを送り、目覚まし音に設定しましょう。

※スマホ端末やiOS、アンドロイドのバージョンによって、目覚まし音に設定できるファイル形式が異なります。
ファイル形式は、一番無難なmp3などで保存しておくとスムーズに設定できるでしょう。

無事に目覚ましアラーム音に設定できたら、完成です!

あなたが毎朝起きる時間にリピートで鳴るように設定しましょう。

朝イチのあなたの脳の状態は、夢と現実のはざま。

α波がたくさん出ており、潜在意識にアクセスしやすい時間帯でもあるので、アファメーションインプットに最適なのです。

欲張りなあなたは、寝る前の時間や、通勤、通学など、好きなタイミングでなんども聴くのも良いでしょう。

ただし、人が近くにいるタイミングで音がなってしまうと、相当恥ずかしい&変わり者認定されますので、くれぐれも注意してくださいw

ぼく的なおすすめは、シンプルに「朝だけ」というものですね。

あまり聞きすぎるのも、飽きてしまい、逆効果になりかねません。

一日一回くらいが、飽きずに新鮮さを維持できるのでおすすめです。

1日1回、朝の目覚ましに設定するのがおすすめ!
周りの人に聞かれないように注意しよう!

まとめ:音声からのインプットは強烈!毎日聞くことで脳が理想の現実を引き寄せる

はい、というわけで、今回は、

最強のアファメーション!自動音声読み上げで目標を叶えるマインドを構築しよう!

という内容で話してみました。

いかがだったでしょうか?

なかなか興味深い内容だったのではないでしょうか?

繰り返しますが、ぼく自身、この自動音声アファメーションをはじめてから、

本当にぐんぐんとセルフイメージが変わり、そして、それにつられて、現実の行動も確実に伴ってきています。

これぞまさに、

マインドセットが変わる

現実世界の自分自身の行動が変わる

思考が現実化する

という、好スパイラルです。

 

音声からのインプットは、文字だけよりも格段に脳に定着しやすいということがわかっています。

つまり、

続けやすくて、そしてマインドを強烈に変えてくれるのが、自動音声アファメーションなのです。

ぜひいますぐ実践して、あなたの目標・夢・願望を、確実に叶えてくださいませ。

あなたの人生の時間は限られています。

悩んでいる間にも、どんどんと過ぎていきます。

チャンス・タイミングを逃さないためにも、早めの行動を。

 

アファメーションの基礎・文章の作り方がわかる本↓

created by Rinker
¥1,463 (2021/04/21 19:35:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,359 (2021/04/21 19:35:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥990 (2021/04/21 19:35:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

自動音声が作れるサイト↓

Text-to-Speech: 自然な音声合成 | Google Cloud

 

ぼくはワーキングプア状態から這い上がり、独立してサラリーマンを30代で卒業できました。

アファメーション以外の夢を叶えた方法(男性限定)は、プロフィールページに書いてあります。

 

あわせて読みたい人気記事↓

⇒【潜在意識】お金持ちになるために無理してキレイな高級マンションに引っ越すのはアリ?

⇒合成写真を作って毎日眺める!?スマホで簡単にできるコンフォートゾーンをずらす方法

記事カテゴリ:自己啓発・仕事術

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

自己啓発/仕事術
湿度50%
タイトルとURLをコピーしました