ブログで稼ぐなら高単価アフィリエイト記事を量産せずに身の回りのことを継続的に発信しよう

ブログの運営をしていると、必ず頭をよぎることがあります。

それがブログを通じての収益、つまりお金のことです。

ぼくの場合は、もともとブログを書き始めた理由が純粋に?お金だったので笑、文章を書くことが好きでブログを始めた人よりもついつい収益化についてこだわってしまうんですよね。

今回は、そんな風にブログの収益化ばかりに目がくらむと「じぶんの本当の強みや個性まで失ってしまうので気をつけたほうがいいよ」ということについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ブログで思うようにお金を稼げない??

ブログを書くだけで万単位のお金が収入として入ってくる、、、

月に何十万、何百万単位のアクセスがあれば、夢のブログ飯、つまりブログの執筆だけで暮らしていくことも夢ではないんですね。

淡々と純粋に読者のためになる記事を書いていく継続力があれば、夢物語ではなく、実際に達成できる話なんです。

なのですが、ほとんどの人は書いても書いてもアクセスが伸びないか、もしくはアクセスがある程度増えたけど、思うように収益に繋がらないからといって悩みます。

で、悩んだ末に手を出したくなるのが、高単価のアフィリエイト案件です。

高単価アフィリエイトが流行るワケ

アフィリエイトとは、簡単にいうと、企業のある商品の紹介リンクをじぶんのブログに貼ることで、そのリンクから誰かが商品を購入したりすれば、紹介料という形で決まった額がもらえるというものです。

お金が気になるブロガーならきっとみなさんA8.netなどの有名なアフィリエイトサイトに登録していると思います。

で、アフィリエイトの案件って、たくさんある中からじぶんのブログと相性がいいものを選んでいくわけなんですが、案件によって成功報酬額にかなりがあるんですよね。

FXの口座紹介では1件成約で1万円超えは当たり前ですし、美容整形、脱毛など、サービスの単価が高ければ高いほど、僕らブロガーに対する報酬も高くなります。

これに欲がくらむと、いきなり「全身脱毛してみた!」「FXでガンガン稼いでます」みたいな記事をたくさん書きたくなるわけですなw

大手と戦うことで消耗しない

別に自分が本当に全身脱毛しながらFXにハマっていたなら、全然コンテンツとして面白いんですよ笑

でも、お金に目が眩んで紹介しているサービスや商品にまったく興味がないのに、さらには全く実践していないのにあたかも体験しているような「ウソ記事」を書いてしまうようになると、もうブロガーというよりは、ただの「悪質サイト運営者」ですよね。

確かに高単価アフィリエイトは魅力的なのですが、こうした案件には当然ぼくたちのような個人のブロガーだけではなく普通に大手の会社が組織立ってアフィリエイトサイトをガンガン立ち上げています。

よく考えると、そんなサイトは広告費を大量につぎ込んで、戦略的に運営しているわけですから、どうやっても個人ブロガーに勝ち目はないことがわかりますよね。

身の回りのことを記事にすることに集中しよう

なので、ぼくらはやっぱり普段気になった物事をコンテンツ化して、淡々とコツコツと身の丈にあった自然体でのブログ記事を書いていくのが、遠回りなようで、収益化にも実は一番近道だったりします。

なぜかって?

それは、身の回りにある物事をコンテンツ化して発信している人って意外に少ないんですよ。

ビジネスとしてアフィリエイトサイトをしている会社は、必然的に高単価アフィリエイトばかり扱っているので、本当の実生活、あなたが普通に暮らしていて見えるもの、考えることって決して大げさではなく、「誰もまだネット上に提供していないコンテンツ」だったりするんです。

まとめ

この現実社会とネットの「スキマ」を埋められるのは、そう、意外にもぼくら個人ブロガーなんです。

なので、ブログを運営していて収益が思うように上がらなくても、決してお金にばかり目が眩んで高単価アフィリエイトに力を注ぐようなことはしないほうがいいでと思います。

やるにしても、自分が本当に好きなもの、日々使っていて人に紹介したいものやサービスをさりげなくアフィリエイトに絡めて紹介する。

そういうスマートなブログ運営を心がけたいものですね。

あくまでもブログの軸はあなたの実生活です。

では。

スポンサーリンク
LINE、Twitter、Facebook、Instagram使い放題プランが月額1,110円~!スマホ代節約&乗り換えならLINEモバイル がオススメ!今ならスマホが半年間300円で使えるという超お得なキャンペーンを開催中↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告