横隔膜ビブラートをちりめん並みに速くする方法を5ステップで解説

男性ならOfficial髭男dismやクイーンのフレディーマーキュリーのような、女性なら宇多田ヒカルのような速くてキレイなビブラートを習得してみたくはありませんか?

今回は、横隔膜ビブラートの「速度」を速める方法について説明します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

横隔膜をつかった高速ちりめんビブラートをマスターする方法を5ステップで解説!

一般的に、高速で揺れるビブラートのことを、日本では「ちりめんビブラート」などといったりもしますよね。

じつは、ちりめんビブラートには2種類あって、

  1. ノドでかけるちりめんビブラート
  2. 横隔膜を速く動かしてかける高速ビブラート

の2種類です。

一般的に、ノドでかけるタイプのビブラートの方が、コツさえつかめば、カンタンに速いビブラートをかけることができますし、

ボイトレの先生なども、

「ちりめんビブラート=ノドのビブラート」

と、教えているケースがほとんどです。

関連:喉でかけるちりめんビブラートのやり方は「ヒツジのマネ」だった!?

ですが、冒頭に紹介したように、ビブラートがうまいトッププロのシンガーのほとんどが、じつはちりめんビブラートを「横隔膜のコントロール」によって生み出しています。

だから、あんなに安定感があり、魅力的な表現ができるのです。

Queen – Don't Stop Me Now (Official Video)
Official髭男dism – Pretender[Official Video]

「マジで!?」

「あんなに高速なビブラート、腹でかけられてるわけないだろう…」

と思うかもしれません。

ぼくも、昔はそう思っていました。

高速のちりめんビブラートって、てっきり「ノド」でかけているものだと思っていましたが、それは間違いでした。

きちんと練習すれば、誰でも、あなたでも、憧れのアーティストのような安定した高速横隔膜ビブラートは習得できます。

ぼくもできました。

前置きが長くなりましたので、本題に入ります。

さっそくですが、横隔膜を高速で動かして、ホンモノの高速ビブラートを習得する方法をお話ししていきます。

まずは基本のビブラートができているか確認しよう

はじめの注意:

今回の方法は、お腹(横隔膜)を使ったビブラートができる人向けとなっております。

スピードはゆっくりでいいので、ビブラート自体はかけることができるという人向けです。

「そもそも、ビブラートの掛け方がわからん!」

という人は、以下の動画などを参考にしていただき、まずは横隔膜ビブラートをゆっくりでもいいので、できるようにしましょう。

横隔膜ビブラートの出し方

ビブラートや発声でおすすめの本↓

横隔膜ビブラートのやり方についてかなり詳しく書かれた良書です。

ちりめん横隔膜ビブラートのやり方

では、お腹ビブラートを、ちりめん並みに高速でできるようになる練習法の解説です。

まず結論ですが、

「裏声ハミングのロングトーンをつかって、ビブラートの速度を徐々に上げていく」

という練習法となります。

はじめに、スマホにメトロノームアプリをダウンロードして、

メトロノームのテンポを「100」くらいに設定して鳴らしてみましょう。

ぼくは「Metronome Beats(メトロノームのビート)」というアンドロイドの無料アプリをつかってます。振り子が揺れるアクションが視覚的に使いやすくておすすめ。

そして、

コチ、コチ、コチ、コチ、

というカウントの間に、3回ずつのビブラートを入れてみましょう。(3連符)

で、そのままロングトーンで規則正しく、ずっと同じリズムでビブラートをかけてみましょう。

テンポ100くらいなら、横隔膜ビブラート初心者でも、割と安定してかけられるはずです。

メトロノーム音:コチ、コチ、コチ、コチ、

ビブラート:(ンンン、ンンン、ンンン、ンンン…)

という感じです。

これで、約1秒間に約5回ほどのビブラートがかかっている状態となります。

これでもキツかったら、テンポを90などに落として、あなたが今、一番安定してかけられる速度をまずは探ってみてください。

まずはそこからスタートしましょう。

「どのくらいロングトーン伸ばせばいいの?」

ということについてですが、

ぼくのおすすめは、

「2〜3小節分ほど(8拍〜12拍)」

です。

短すぎると、勢いでできちゃった感が生まれやすいので、あまりトレーニングになりません。

長すぎると、地獄のような鬼トレーニングになってしまいます。

なので、2小節、もしくは3小節くらいのロングトーンを、休み休み、なんども練習するのがベストです。

最初のゴール:まずは1秒に6回の理想的なビブラートをできるようにしよう

ちなみに、

声楽的には、理想的な横隔膜ビブラートの回数は、1秒間に6回(6ヘルツ)とされています。

つまり、テンポ120BPMの4拍子がなる間に、12回のうねりということです。

1秒間に6回の理想的なビブラートのお手本は、以下の動画がめちゃくちゃわかりやすいので、ぜひご覧ください↓先生もイケメンですし。

(4分過ぎあたりからが参考になる)

Ep. 6 "Vibrato Speeds" – Voice Lessons To The World

この動画の通り、もちろん、1秒間に6回(BPM120の4拍子の間に12回)でも、かなりキレイなビブラートなのですが、

実際のところ、多くのプロシンガーは、もっと高速でビブラートをかけていますし、安定した高速ビブラートができるようになると、かなり「映え」ます。

ですので、最初は1秒間に6回でもかなり難しいと思いますが、めげずに愚直にトレーニングしてみてください。

本気で毎日やっていれば、1週間でテンポを5ほどはあげられるようになってきます。

さらにテンポ150ほどまで上げていく

ぼくはこの方法で、現時点でテンポ150BPMの4拍子の中に12回のうねりのあるビブラートをかけられるようになってきています。

特訓し出してから、3〜4ヶ月くらいですかね…汗。

けっこう長かったです…汗w

これは、冒頭にも書きましたが、Official髭男dismやクイーンのフレディーマーキュリーなどの、ビブラートがかなり速いシンガーのようなレベルの速度です。

これくらいの速度でビブラートがかけられるようになると、横隔膜の支えも安定しますし、歌っていてとても気持ちいいですよ〜。

横隔膜周りの腹筋(特に脇腹の腹横筋)やインナーマッスルもめちゃくちゃ鍛えられるので、ダイエット効果も抜群ですし笑。

できなくてもあきらめないで!ビブラートは鍛えれば徐々に速くすることができます

とはいえ、

ぼくも、最初は、ゆっくりでしかビブラートがかからなくて、おじいちゃんのカラオケ大会みたいになってしまっていました…汗。

ですが、メトロノームを使って、

「まずは自分が今、現時点でどのくらいのスピードで横隔膜ビブラートをかけられるのか?」

ということを測定し、愚直に練習していったら、だんだんとスピードを速めていくことに成功したのです。

最初は、メトロノームでテンポ100BPMを設定して、4拍子がなる間に12回揺らすのがやっとでした。

そこから、

スマホのメトロノームアプリをダウンロードして、ひたすらメトロノームをコチコチ鳴らし、一定の速度で安定してビブラートがかけられるというテンポを、徐々に速くしていく。

「昨日テンポ100でギリギリだったのが、今日は101でできた…!」

「1週間後には、105でもできるようになってきた…!」

こんな感じで、ホント、コツコツした地味極まるトレーニングです。

3日サボると、途端にスピードが落ちます。

こういう、地味で愚直なトレーニングを通じて、横隔膜周辺の筋肉を速く揺らせるようにしていくのです。

地味で泥臭いですが、横隔膜ビブラートの速度を速めるには、これしかないと思います。

なぜ裏声ハミングなのか?

ちなみに、裏声ハミングというのも、練習のポイントです。

「なんで裏声ハミングでやるの?地声じゃダメなの?」

と思うかもしれませんね。

地声ではなくて、裏声ハミングでの練習をおすすめする最大の理由は、地声で練習すると、ノドを痛めやすいからです。

繰り返しますが、

ビブラートの練習は、ようするに、横隔膜をいかに細かく、速く揺らせるかを鍛えるトレーニングです。

練習すればするほど、だんだん速くかけられるようになってきます。

筋トレに似ていて、じっくり毎日、時間をかけてトレーニングしていくと、徐々にプロシンガーのように速くかけられるようになってくるものです。

ですので、必然的に、

練習時間の多さ=ビブラートのスピードアップ

という感じになるので、練習量を増やすためにも、ノドに負担がかかりにくい裏声ハミングでビブラートの練習をするのが好ましいのです。

ハミングなら、あまり声も響きませんので、自宅でも音を気にせず練習できますしね。

毎日メトロノームで特訓すべし

スパルタに聞こえるかもしれませんが、

最低でも毎日30分くらいは、メトロノームの音を聴きながら、ひたすら横隔膜を揺らしてビブラートの練習をした方がいいと思います。

ぼくは、家でネットサーフィンしている時とかも、ずっとメトロノームを鳴らしっぱにして、毎日トレーニングしています。

ずっと地声で長時間ビブラートの練習をしていると、速攻でノドの閉鎖筋が先にやられてしまいます。(経験談)

もちろん、完全に裏声のみで練習してしまうと、地声でビブラートをかけたときに、うまくかけられない…ということにもなってしまいますので、裏声ハミング8割、地声での練習2割程度のバランスでトレーニングしていくのがよいでしょう。

基本的に、裏声で練習していき、

「さて、地声でどれくらいの速さでできるようになったかな?」

と、確認する感じで地声のビブラート練習も時折おこない、地声と裏声の両方でできるようにしていきましょう。

ちなみに、裏声の方が横隔膜にかかる負担が少なくて済むので、良くも悪くも、地声よりも速度を速めやすいです。

ですので、最終的に、

裏声でのビブラートの速さ100%

に対して、

地声では、80%ほどの速さ

くらいになります。

(差は人によるかも)

ですので、ぼくの場合ですが、裏声ハミングでテンポ130で12回のビブラートをかけられるようになると、地声でテンポ120で安定して12回(つまり1秒間に6回)のビブラートができるようになる…という感じでした。

揺らし方に慣れてきたら、地声や全ての母音でもチェックしつつ、スピードを上げていく

練習する裏声の高さは、あなたが一番ラクに出せる音程でOKです。

慣れてきたら、低めの裏声でやってみたり、高い裏声でやってみたり…という感じで、バリエーションもつけていきましょう。

ハミングばかりだと、母音のトレーニングになりませんので、たまには口を開いて、

あいうおえ全ての母音でも安定的にビブラートが狙ったスピードでかけられているかどうかもチェックしましょう。

ここまでやれば、もうすっかり横隔膜を小刻みに揺らす感覚が、かなりわかってくると思います。

あとは、ノドを守りながら、ひたすら裏声ハミングで横隔膜を高速で揺らすトレーニングをコツコツ続けて、スピードアップを図るだけです。

これで、2〜3ヶ月もすれば、まるでノドのちりめんビブラート並みに高速で、かつ、安定感のある横隔膜ビブラートを習得することができますぞ。

横隔膜をつかったちりめんビブラートのやり方まとめ:毎日コツコツが一番重要

というわけで、横隔膜をつかっての高速腹式ちりめんビブラートができるようになるための方法を解説してみました。

もう一度やり方をまとめると、

  1. メトロノームアプリを用意
  2. 裏声ハミングでビブラートのロングトーン練習
  3. テンポ90〜100ほどの3連符からはじめる
  4. まずはテンポ120(1秒に6回)を目指してコツコツ地味練
  5. 最終的にテンポ150ほどを目指す

という感じです。

マジで地味で泥臭いトレーニングですが、やったらやったぶんだけ成果も出やすいので、めげずにトライしてみてください。

最初は腹筋が筋肉痛になると思いますが、ダイエットだと思ってw

では、以上となります。

ビブラートや発声でおすすめの本↓

あわせて読みたい人気記事!

喉でかけるちりめんビブラートのやり方は「ヒツジのマネ」だった!?

目玉のおやじの声マネで声帯閉鎖筋を鍛えれば高い声で歌えるようになる?アンザッツ5番トレーニング

記事カテゴリ:ボイトレ

  アマゾンの聴き放題サービスAmazon Music Unlimitedが無料キャンペーンを期間限定で開催中!

・邦楽洋楽6500万曲が聴き放題
・広告一切なし
・ダウンロードしてオフライン再生
・1ヶ月間無料お試し
・気に入らなくても1ヶ月以内に退会すればタダ

という、神仕様の音楽配信サービスです。

定番人気アーティストはもちろん、かなりマニアックなアルバムとかも聴き放題になっているので、音楽好きにはたまりませんぞ!

詳細はこちらのアマゾン公式サイトからどうぞ↓

【Amazon Music Unlimited】

 

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

アマゾンイージーリンク
本をじっくり読む時間がない人はオーディオブックでサクサクインプットで時間をムダにしない!
広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告