海外ノマド・アドレスホッパーが宿泊費をいかに節約するか考察

どうも、てつです。

アイデアは移動距離に比例する…」と言ったのはハイパーメディアクリエイターの高城剛さんですが、ぼくも来月から脱サラしてノマド生活をはじめるわけなので、どうせなら世界中を移動しまくってやろうかなと思っています。

ただ、そこで問題になってくるのが、「宿泊費をいかに節約するか問題」でもあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

せっかく海外ノマドフリーランスをするのなら、たくさんの地を訪れたいけど…

created by Rinker
¥1,250 (2020/09/23 21:48:40時点 Amazon調べ-詳細)

というのも、旅の刺激を最大限にして、ブログの記事ネタのアイデアを絶え間なく思いつくためにも、安いユースホステルなどを転々として、宿泊費用を抑えつつ、できるだけ色々な場所を巡りたいところ。

ノマド生活をはじめるにあたって「できれば宿やホテルはきちんとしたある程度プライバシーも保てて一人になれる空間を確保したいなぁ…」と思っていたのですが、それにはちょっとした問題点も浮き彫りになってきました。

というのも、バンコクなどの物価の安いエリアあたりではギリギリそういった個室の物件をエアビー(Airbnb)などで見つけられるのですが、同じタイでもプーケットなどのリゾート地になると、一気に物件の価格も跳ね上がってしまうのです。。

ぼくは毎月の宿泊費の予算を一応5万〜6万円くらいに抑えたいと考えているので、つまり平均一泊2千円以内に収めないと家計が、旅予算がたちまち火の車になってしまうんですな….汗w

月予算5〜6万円で世界中を旅するのは可能か!?

一泊2千円…..。

いや、エアビーをじっくり探せば、バンコクあたりの郊外の物件でなら普通に2千円くらいでかなり立派なコンドミニアムも見つかるのですが、どうせせっかく脱サラして場所に縛られない海外ノマドフリーランス生活を楽しめるわけですから、物価の安い東南アジア以外にも色々と世界中を旅してみたいじゃないですか。

ヨーロッパにも行きたいし、もちろん沖縄などの国内旅行も、たくさんいってみたいところがある…。

そんな中で、「個室のマンションタイプ」にこだわっていると、行動の選択肢やフットワークが一気に鈍くなってしまうんですよね…。

精神的に何かと疲れるユースホステルだが、圧倒的な安さが魅力

世界中の旅人と同じ部屋で寝泊まりするユースホステル…。

ぼくもなんども過去にユースホステルのドミトリー(相部屋)に泊まったことがありますが、確かに精神的に疲れるんですよね。

関連記事:

⇒ミコノス島のユースホステル「MycocoonMykonos」が残念すぎた件

⇒タオルミーナの中心地にあるホステル「Hostel Taormina」がバックパッカーに超オススメ。

貴重品の管理にも常に気をつかっていないといけませんし、自分の好きな音楽を大きな音量で聴いたりすることにも制限がかかります。

夜中にいびきで起こされるかもしれません。

これらの要素が合わさって、割とストレス&疲労がたまるんですな。

でも、そんな環境に慣れるorガマンするだけで、宿泊費は確実に一泊2千円以内に抑えられます。

家賃月間1万5千円!?東南アジアのホステルのドミトリー部屋はオシャレで都心でも500円ほど

しかも世界中の都市でです。

東南アジアだけではなく、ヨーロッパの大都市や、世界で有名なビーチリゾートなどでも、探せば大抵2、3軒は一泊二千円以内のユースホステルは見つかりますからねぇ…。

Booking.comで予約できるホステル↓

Everyday Bangkok Hostel @Khaosan

Oh Bangkok Hostel

上のリンクのように、バンコクなどの東南アジア圏だと、なんと一泊3〜500円くらいでも都心で、近代的な設備が整ったホステルに宿泊できてしまいます。

仮にずっとバンコクのユースホステルを転々としていれば、1ヶ月の宿泊費は1万5000円以内ほどで済んでしまいます…w

ぼくはまだ一応30代だし、のんびりとした個室タイプのホテルやコンドミニアムに落ち着いてしまうのではなくて、バックパッカーとしてユースホステルを活用しまくって世界中の絶景をこの目で見て回るのも悪くないかなと思っています。

そのほうが結果的に「アイデアは移動距離に比例」していき、ブログを通じた情報発信から得られる収益も増えそうですしね。

まとめ:バランスが大切。個室とドミトリーをうまく使いこなそう

かといって、あまりにも安さばかりを追求してしまうと、健康を害したり、財布やパソコンを盗まれたりもしそうですし、さじ加減のバランスが難しいところですな…汗。

結局、経験を積み重ねていくことで審美眼を養っていくしかないのでしょうな。

うまいこと「ホステルに泊まってアクティブ感重視」する期間と、「たまには個室タイプのホテルにも泊まって体力を回復」というサイクルにしていければなと。

追記:半年間アドレスホッピングしてきて、だいぶ旅のノウハウが増えてきましたぞ。

⇒優雅!高層階1800円プールジム付バンコクエアビーコンドミニアム

⇒屋上ナイトプール付!クアラルンプールでコスパ最強格安ホテルを発見

⇒ドンムアン空港のミラクルラウンジ最高【ダイナースクラブカード使用OK】

あわせて読みたい:

⇒海外ノマド生活準備の定番!旅行旅行保険が自動付帯のエポスカードの即日審査に通ったよ!

⇒【長期滞在割引】各国のAirbnbの1ヶ月家賃相場はだいたい5万前後っぽい。イタリアとアジアを巡るノマドワークの準備

⇒海外移住で住民票抜く?一時帰国で国民保険に加入できるの?ノマド生活に向けての準備!

⇒サムソナイトのアスフィアスピナー55の内寸を測ってきた。機内持ち込みできるスーツケースが欲しい!

関連読みもの:

created by Rinker
¥521 (2020/09/23 12:20:20時点 Amazon調べ-詳細)

Booking.com

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

アマゾンイージーリンク
本をじっくり読む時間がない人はオーディオブックでサクサクインプットで時間をムダにしない!
広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告