【FX】4時間足や日足のスイングトレードのススメ【自動売買】

FXの自動売買プログラムを作って、色々な手法を試しているのですが、やっぱり短期トレードでコンスタントに安定した利益を出すのって、ホント至難のワザって感じですね…。

ある週では「おっ!このシステム、超安定してるじゃん!」と思えるような手法でも、翌週にはボコボコに負けてしまったり…ね汗w

EA(自動売買システム)を作り始めた頃は、月利5%くらいずつ増やしてやるぜ〜!とか思っていましたが、現実はさすがにそこまで甘くないな…という至極あたり前の結論に達しつつあります、最近は。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

FXで手法をこねくり回すよりも大事なこと

なんというか、「手法」でどうのこうのしようとするのではなく、淡々と安い時に買って、高い時に売り抜けるという「ドルコスト平均法」のトレードシステムが最強なのかなとも思い始めています。

関連記事:

⇒ドルコスト平均法的なFX手法を両建てすれば年率5%は可能か?

ドル円で考えると、ひたすら長期でドルをコツコツ買って積み立てるようなイメージです。スワップもつきますしね。

4時間足や、日足などの長い時間軸での、淡々とした売買ですね、基本はやっぱり。

関連記事:

⇒【海外FX】自作EAで自動売買日記15日目!結局4時間足くらいの中長期トレードが良いのか??

トレードで一番良くないのは、「トレード自体を楽しんでしまう」ということでしょうから、4時間足や日足という「退屈な・つまらない」くらいにゆったりとしたトレードシステムで運用していくのが、結果的にプラスの収益をもたらしてくれるはず。

ちなみにこの画像は、今のぼくのドル円の4時間足を使った超ド・シンプルなドテン売買システムなのですが、このチャート全体で、約1ヶ月くらいです…。

そう、めちゃくちゃ退屈なんですよね、決済するまでに平気で1週間とかかかりますしね…汗w

でも、現状このシステムだけが唯一、プラスの結果を残してくれています。

その他の1時間足以下の短期トレードは、勝てるときはガッツリ勝てるけど、一回の負けで全てを吐き出してしまうという典型的なコツコツドカンになってしまっている始末…。

FXってホントに難しいですね…。

まとめ

自動売買を弄ること約1ヶ月、なんとなく見えてきたことは、

・短期で売ったり買ったりを繰り返しても儲からない。

・じっくりと、ゆったりと相場に臨む

ということですかね。

いずれにしても、ちょっと早くも飽きてきた感があります…。

EAを作る過程はプログラミングの勉強にもなるので楽しいんですけどね。

まぁでも、「飽きてきた」ということは、裏を返せば「退屈な投資ができている」ということでもあると思うので、ムダにエキサイトして熱くなってトレードしていない分、いいのかもしれませんけどね。

勝っているとレーダーいわく、「ポジションを持っているのをむしろ忘れているくらいの距離感で相場と付き合っていくのが良い」という話も聞いたことがあるので、まったりとやっていきましょう。。

これからしばらくは「急がば回れ」という言葉を大事にしながら、FXトレードシステムを運用していきます。

あわせて読みたい:

⇒一石二鳥!自動売買EAの自作はプログラミングとFXトレード両方の勉強になるよ

⇒XMのマイクロ口座で自作逆張りEA運用記!ザ・夏枯れ相場でドテン売買中〜

⇒MT4で仮想通貨の自動売買しようと思ったけどスプレッド広すぎてワロタw

⇒【自作EA運用記】FX自動売買デモ3週目&リアル口座1週目終了!

関連読みもの:

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

アマゾンイージーリンク
本をじっくり読む時間がない人はオーディオブックでサクサクインプットで時間をムダにしない!
広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告