貯金が貯まらない理由はあなたのコンフォートゾーン/潜在意識のせいだった

いまのあなたの貯金、計画通り溜まってますか?

そりゃあ貯めたいですよねお金、誰だって。

「お金は使わないと価値がないから、貯金して溜め込んでいても無駄だ」っていう意見もよくわかるんですが、

何か思いついた時にパッと行動できるのもある程度の蓄えがあってのことですし、常にある程度の額の貯金があると精神的にも安定しますからね。

でも、そんな貯金ですが、実はメンタル、自分の潜在意識の在り方で、どんどん確実に自分の目標額まで貯められるか、反対にどうしても思うように貯まらない、、無駄使いして後悔してしまうかが大きくわかれるんですよ。

一体どういうことでしょうか??

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

お金とメンタル

お金を貯めることと自分の潜在意識。

一見無関係なように思えますが、大ありなんです。

むしろ、財テクや節約法などよりも大事なのがメンタルです。

心理学の用語で「コンフォートゾーン」という言葉があります。

これは、例えば、あるお金持ちがいたとして、財布の中に3000円しか入ってなかったら「あれっ?なんでこんなに少ないんだ?どこかに万札落としたっけ??」と思うのに対して、

ある貧乏人は同じ3000円でも「この3000円でコンビニ寄って何か美味しいもの買って食べようかなぁ」なんて思うということ。

これだけだと当たり前すぎて、貯金とメンタルの説明にならないと思うのでさらに次はこの逆を考えてみましょう。

金持ちの300万と貧乏人の300万

今度はお金持ちが300万円入った財布を持っています。

彼・彼女にとってはそれくらいの額が財布に入っているのが当たり前なので、特に何も感じず、いたって普通の日常です。

その300万円で何か特別なものを買おうとは思わないですよね。

「いつも通りだな」

という感覚です。

ではもし貧乏人の財布に、宝くじなどで当たって、ある朝300万円がパンパンに入っていたらどうでしょう?

まぁ、飛び起きますよねw

そして、わけがわからなくなって、もちろん嬉しいですけど、確実にパニックになります。

ある程度パニックが収まってきて、ドッキリではなく、正真正銘自分の元に舞い降りた300万円だということがわかると、次はこんな気持ちになるのではないでしょうか。

「この300万で思いっきり贅沢できるぞ、、」

もしくは

「これを元手に投資して、一気に億万長者になってやろう」とか、稀に「単なるラッキーだから貯金しておこう」と思う人がいるかもしれません。

ただ、ほとんどの人は、今まで全くなかったものがいきなり自分の生活に舞い込んでくると、精神的に不安定になってしまいます。

消費することで、また元どおりの自分、つまり精神的に安定する、元の「貧乏な自分」に戻りたがってしまうということなんです。

人は、もといた場所に戻る生き物

この、「精神的に安定した元の状態」が「コンフォートゾーン」ということ。

もし、この貧乏人が本当にお金持ちになってしまったら、今までの自分の楽しみであった、

「金がない〜ない〜と、職場の同僚や飲み友達と愚痴を言い合いながら飲む」

もできなくなりますし、

「一攫千金を夢見て宝くじやFXなどをすることで現実逃避する」

こともできなくなるわけです。

ぼくたちの脳の中の潜在意識は、こうした「妄想」「願望」の類の心の動きにとても影響されているので、今までの自分の楽しみが逆にその願いがかなってしまうことによって失われてしまうことを無意識に回避するんです。

これが、自分のコンフォートゾーンに戻るということ。

つまり、貧乏な自分という元の状態に、あぶく銭を無駄使いすることによって戻るということです。

まとめ

人はもといた場所にどうしても戻りたがる習性がある生き物なので、まず、お金を貯める、もしくは稼ぎたかったら自分の「コンフォートゾーン」を今の時点から少しずつ上へ上へとずらしていく必要があるんです。

これについては、コーチング、自己啓発で有名な脳機能学者の苫米地英人さんの本がたくさん出ているので、ぜひお金を貯められるようになりたい、稼げるようになるマインドに興味ある方は読んでみてください。

では。

苫米地さんの文章は読みやすくてスラスラと頭に入ってくるのでオススメです。

一万円札を破る!?こんな本もありますよ。

スポンサーリンク
LINE、Twitter、Facebook、Instagram使い放題プランが月額1,110円~!スマホ代節約&乗り換えならLINEモバイル がオススメ!今ならスマホが半年間300円で使えるという超お得なキャンペーンを開催中↓
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告